ijr004j00j09j90jerjd0

焼杉板が海外でのDIYコミュニティで話題になっていました。

表面を炭化させてブラッシングした後にオイルを塗る技術で、こうすることで何もしないより腐食に強い木材になるそうです。


g9g88hwbh9h9hs



49w8h98h8rb0w80b



w0gw49u9wuw9uu9


■引用元
  


SPONSORED LINK 

【海外の反応】


・かつて人類が洞窟に住んでいた頃槍を固くするのに火を使ったらしいが、ひょっとするとそれも日本人が考えたのかもしれない


・実に賢い方法だ。周りを炭化させて覆ってしまえば内部はきれいなままになる。この加工が施された木材は長い年月に持ちこたえるだろう

 
・塗料で外部を覆うのと原理的には同じという理解であってるだろうか?

 
・技法を詳しく解説した動画はないだろうか

 
・原始的な原理を技術の粋まで押し上げたと言えよう

 
・一度焼いてしまってるから逆に外部からの侵食に強くなるわけか

 
・アメリカでも見たことはあるが確立された技術ではなく、たまたま表面が焼けた木材がきれいに残っていたケースでしかない

 
・外部を炭素で覆うことで酸素を遮断し、内部の劣化や炎を遮るものと解釈した

 
・日本では建築資材に伝統的に杉が使われているんだね

 
・この技術を応用した建物が僕の国にもある。勘違いしてはいけないのがただ燃やすだけでは駄目だ。木材にするまでの一貫したテクニックがある

 12729233_1104191742959007_679208495641201722_n


・家に火をつけて消防車を速攻で呼べばいいのかなw

 
・↑ 消防車を呼んでから火をつける方法もある

 
・日本人は木材を単なる木から一つ上のレベルに持っていったのか

 
・炭化しちまうことで逆に燃えにくくするってのは盲点だった。確かに表面は焦げても中身はきれいな場合は結構ある

 
・簡単に試せて有用な技術だね。素晴らしい情報をありがとう


SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK