n-fukushima-a-20160915-200x200


復興庁は2日、福島県産の農産物の販路拡大を応援するファンクラブ組織「チームふくしまプライド。」を8日に設立すると発表した。インターネットの専用サイトで「食べて応援する」会員を募り、農産物や加工品などを販売する。生産者との交流イベントも企画し、県産品の魅力をさまざまな形で発信する。

サイトで約20の生産者や加工業者が果物や米、ジュース、ピクルスなど約80品目を販売する。会員登録は無料で、会員向けの限定商品も用意する。
福島を応援する動きが海外でも話題になっています。

■引用
   


【海外の反応】

・Bayer-Monsantoで作られたものより健康に良さそうね。食べてみたいわ

・有害じゃないと決まったわけではないんだけどね。

・バナナや他の食べ物だって放射線は出してるよ。大したことないさ

・ん~~。ちょっと迷うかな

・見た感じかなり美味しそうだね

・桃めっちゃきれいがな

・この桃は間違いなく美味しいよ!

・この桃は3年育てたのかな?

・私は買わないわ

・おしいっしょ

・応援したい気持ちはわかるけどセシウムの危険性を知らないの?それにこの写真は防護服なしに見えるけどこの人たちは福島からお金をもらってるんじゃないかしら

・この取組について批判も多いみたいだけど、すべての食品は放射性物質を含有していて、福島の農産物は出荷できるレベルをクリアしてるんだよ

SPONSORED LINK