スクリーンショット 2019-07-25 10.35.08



SPONSORED LINK 



概要


日本の奇妙で致命的な暴走をしたカルト(1995年)


東京の地下鉄でサリン事件が起きました。何千人もの人々が負傷し、11人が死亡。この事件をきっかけに世界大戦を起こすことが彼らの企みでした。この宗教は麻原彰晃によってオウム真理教が創立されました。自分は空中浮揚もできる超能力者であると人々を信じさせました。


1990年には衆議院選挙信者が出。独特ダンスを含めた選挙活動で注されましたが落選しました。これによって彼のプライドは傷つけられ、社会に対して恨みを高めていったと言われています。


その後、信者はどんどん増えて行きました。信者たちはドラッグや毒を使った修行を受け、マインドコントロールされました。過激な信者たちは大金を払って麻原の頭髪や血、麻原の入った風呂の残り湯などの奇怪な商品を購入。過激な修行または、脱会の意向を示した信者が殺害される事もありました。


その後、殺害事件をはじめ様々なサリン事件などのテロを含む多くの反社会的活動を巡って警察の力により麻原彰晃は拘束されました。



■引用元



SPONSORED LINK 


海外の反応


・なんて辛い映像なんだ





・彼の血を飲む?気持ち悪すぎる・・・





・目の不自由な人が人々を盲目にしたんだ・・・





・なんてちゃんと組織化されたカルトなんだ。





・彼が地獄で燃えていることを祈るよ・・





・ロシアまでもが関わっていたなんて信じられないよ。






・こういう人たちをヤクザゲームでやっつけた事がある・・・






・宗教は政府よりも酷いものだと思うよ。だって政治家は目に見えるけど神は目に見えない。





・彼らの企みが計画通りに行かなくて良かったと思うよ。もし成功していたら第3次世界大戦が起こっていたかも・・





・もしこのストーリーをアニメにしたら凄いと思う。





・アニメの見過ぎの所為じゃないかな?





・死刑なんてとても軽すぎると思う・・





・人間は簡単に間違った道へ誘導されるんだ。





・どうやったらこんなに簡単にマインドコントロールされるんだ?




・本当に現実で起きた事なの?





・どこの国にもこんな馬鹿げたカルトがあるんだね。



ひとこと


ネットで情報に簡単にアクセスできない時代だから起こったのか、今でも起こるものなのか


SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK