スクリーンショット 2019-06-12 10.14.12



SPONSORED LINK 



概要


日本のバイクがヨーロッパのバイクよりも優れている5つの理由


今回は、ちょっと物議を醸しそうな内容ー日本のバイクがヨーロッパのバイクよりも優れている5つの理由ーについてお伝えします。ここでは、真実だけを話すことを約束します。


もしもグーグルでベストバイクを検索したら、トップ10のうちホンダ、カワサキ、スズキ、ヤマハから成る4強が入ってくると思います。彼らが4強と呼ばれるのには理由があります。毎年、国際的なマーケットを支配しているのです。


2014年、ホンダの世界販売台数は、16,000,000台。一方で、ハーレーは260,000台でした。ドゥカティは、44,000台。大きな差がありますね。そして、ここ4年でそれはさらに膨らんでいます。

ドゥカティは、製造台数自体が少ないため、そのままの数での勝負はすることができません。ですが、販売台数の割合と製造台数の割合を見た時、その数はあまり違いが無いのです。


さて、バイクを選ぶことは、とても個人的なことです。まるで、結婚相手を選ぶのと同じなのです。

ここから、日本のバイクがヨーロッパのバイクよりも優れいてる理由についてお伝えていきましょう。



理由1:値段

4強は、魅力的で買いやすい値段のバイクを提供しています。彼らは大量生産をしているので、他の会社に比べて、低い利益率で売ることができるのです。部品も、ヨーロッパのバイクに比べて安価です。大抵、ヨーロッパのバイクの部品の値段は2倍します。



理由2:メンテナンスしやすい

車でも、修理費が高いブランドがいくつかあると思います。自分でどうにもできないので、新しい車の購入を検討するなんてことも。自分でオイルチェンジもできない車、いりますか?

バイクも同様です。BMWの車が修理やメンテナンスにディーラーに持っていく必要があるように、BMWのバイクも同じです。

BMWもドゥカティも美しいバイクを作っています。そして、いくつもの点において、日本のバイクよりも、優れた性能を持っています。日本のバイクがレース部門を支配していて、MotoGPを支配しているか、についてはここでは話すのはやめましょう。

日本のモデルは、一般的にメンテナンスがしやすいです。自分でも特別な道具を使って修理できますし、メカニックの人を探すのも簡単です。六角スパナやソケットセットなどの道具を使えば、ほとんどの4強のバイクを分解することは可能です。


ヨーロッパのバイクもお店に持っていけば大丈夫、と思っていますよね。しかし、場所によっては、そういったお店を見つけるのも難しかったりするのです。田舎でちゃんとした技術が無いメカニックが修理した場合、バイクが壊されないという保証はありません。だからこそ、4強のディーラーネットワークは彼らの強みなのです。



理由3:信頼性

4強ブランドは、信頼性の高いブランドトップ5に入ります。コンシューマーレポートは、12,000人以上のライダーに調査を行いました。その結果、4強ブランドは、最初の4年間で、修理が必要だったり、メカニカルの故障が起きる割合が11〜15%ということが分かりました。16,000,000台の11%ということは、1,760,000台ということです。これは、ホンダだけの数字です。

4強以外の数字を見てみましょう。ハーレー・ダビッドソンとビクトリーバイクは、17〜26%。トライアンフ、ドゥカティ、BMW、カンナムは、さらにそれを上回ります。BMW、ドゥカティでは、約40%。これは、BMWとドゥカティモデルの約半分は最初の4年の間に何らかの修理が必要となっている、ということです。

BMWはヤマハの4倍、修理が必要になりうる機会がある、ということだとコンシューマーレポートの編集者は言っています。



理由4:パーツの入手しやすさ

4強ブランドは、毎年他のブランドよりもたくさんの台数のバイクを販売しています。彼らが、より多くのパーツを製造していることも説明がつきますね。これによって、より安く、簡単に必要なパーツが手に入るのです。値段が安いことに踊らされることもなく、質もしっかりしています。



理由5:種類の豊富さ

4強の提供しているバイクの種類についてのカタログの数は、ヨーロッパブランドの2倍〜3倍以上です。

ヤマハは、2,917種類のバイクを出しています。ホンダは2,916、スズキは2,150、カワサキは2,011種類です。これだけの選択肢があるということは、間違いなく自分のスタイル、予算、そして技術レベルに合ったバイクを見つけることができる、ということです。


一方で、ヨーロッパブランドのモデルは限られています。BMWのバイクの種類は1,003、ドゥカティはたったの701、トライアンフは713種類です。


まとめると、4強が提供している大量生産と質はとても強い、と言えるでしょう。



■引用元



SPONSORED LINK 


海外の反応


・彼らは日本人なんだぜ。クオリティは、彼らの血管に流れてるんだよ。





・でも、例外はある・・・。ゴッホン。デイトナ765。





・俺のZX10Rに乗っかって、観たよ〜。





・イエイ。日本のバイクは基準になって、他のは全然追いつかないね。





・信頼性に問題が?僕の経験から言うと、そうだね、運転手かメカニックを変えたら良いよ。でも、正直言うと、レースは普通の道を運転するのとは、違った話なんだよな〜。





・あー、ヨーロッパのバイクは、高価で、信頼できず、維持が大変で、かっこいい。





・なんで、日本のバイクが良いかって?・・・・・なぜなら・・・彼らは日本人だから・・。





・ヨーロッパのバイクについて。、イタリアのバイクは、最高にかっこいいモデルで、最高の夜を過ごせる。でも、朝には財布が空っぽ・・・。1週間後、君は医者のところにいる。なぜって、股間がかゆくなるから。イギリスのバイクは、多分一番楽しい。でも、彼らにはいつもからかわれるんだ。だって、彼らはいつも”壊れた”関係を導いて、楽しもうとしてるから。ドイツのは、機械に乗ってる感じ。完璧に作られている。でも4回乗ったら飽きるかな。全く同じ動きをするからね。あと、維持費が高い。何が悪いかよくわからない状態で、最終的には壊れるけどね。日本の?誰かがすでに完璧に述べてくれてるよ。





・ヨーロッパのバイクが買えないやつが言ってるだけ。でも、それは俺には関係ない話だけど。





・なんでヨーロッパのバイクが日本のバイクよりも優れているかのリストを作ってるよ。





・ヨーロッパのバイクを持ったことはないけど、ハーレーを持った時は似たような頭痛を感じた。





・俺ヨーロッパ人として・・・やはり賛成しなくてはならない・・・。





・これは前から言ってるし、再度言わせてくれ。日本のバイクには、魂が無い・・・!!





・ハーレーは、BMWの2倍は頼れるってこと。いいじゃん。





・個人的に、僕はホンダ派。ホンダのレースバイクに10代の頃めっちゃハマって、CBR-RRに乗ってからは路上レースを卒業したよ。古いBMWはめっちゃメンテが楽!





・ここで述べられた事実に俺の心は傷ついた。でも、素晴らしいまとめだったよ。





・M8について、君は100%正しい。でも、僕はそれでもDucatiが欲しい。





・君は、とても重要な事実を見逃してる。なぜ、僕が日本のではなく、ヨーロッパのバイクを選ぶのか?高いし、壊れるし、だいたいイラつくのに。でも、乗った時の喜びが、とにかく大きいんだよ。



ひとこと


海外行くと日本人の細部までこだわる傾向って収入に関係なくあってすごいと思う
海外の労働階級の人なんてほんと...

SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK