スクリーンショット 2019-02-24 17.56.38



SPONSORED LINK 



概要


1992年代マツダ・オートザムAZ-1。僕の小さなスポーツカー パート6


今日はAZ-1にすることが沢山あります。まず初めに、日本から取り寄せたパーツ達を見てみましょう。スパークプラグ、ファクトリーカスケード、シフター、シフターブッシング、キャップ、ローター、タイミングベルトなどです。


こちらのタイミングベルトの会社はミツボシという名前です。ロゴも似ていますよね。少し笑ってしまいました。


次にお見せしたいのが、フジツボからのこちらの箱の中身です。煌びやかこちらのマフラーはAZ-1のためだけに造られた物です。次の部品はコイルオーバーです。とても美しいでしょう?


パーツは全て素晴らしいです。その他に素晴らしい物は、パーツを包むためについてくる日本語の新聞紙です。猫が喋っていたり、女の人を尋問していたり、ライオンキングみたいにロボットいるおじさんなど。毎日、日本の新聞を読んでいられます。


では、作業に取り掛かりましょう。こちらは僕が作ったクラッチアライメントツールです。テープを巻きつけたものだけなんですが、役に立ちました。エンジンには小さな三菱マーク幾つもがついていました。


■引用元



SPONSORED LINK 


海外の反応


・新聞紙のシーンは笑っちゃったよ!




・もし僕がこれらの本物のものを見たら発狂するかも!I




・ロードキルより断然いいよね!




・こんな素晴らしいものがいっぱいあるなんて!とても良い感じになってきたね!





・正しいサイズのスパークプラグを使う事はとても大事だよ。エンジンが収まらない事があるからね。




・オーダーしたパーツを待っている気分はあまり好きじゃない!日本の発送の速さは素晴らしいね。




・手作りのクラッチアラインメントツールは素晴らしいね!僕も今度作る!




・クラッチクンはベストワイフだ!





・君みたいな資源が僕もあったらいいのにな・・





・そのクラッチディスクは僕のBMW K75C クラッチと同じぐらいだね!バイクには大きく見えるけど、車だと小さく見える。





・日本でパーツを取り寄せることで一番素晴らしいのが翌日配送だよね!!





・イェス!素晴らしいチョイスだ!!!





・素晴らしいオートザームが出来るストーリの始まりだ。





・コイルを箱から取り出した時は最高に鳥肌が立った!




・もし君がこの車にホワイトte37'sを取り付けたらとってもクールになるよ!!



ひとこと


海外の新聞紙って確かに届いたら面白いかも


SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK