スクリーンショット 2019-01-18 8.05.18


__AD_TOP__


概要


2018年 スズキ・スイフトスポーツー試乗レビュー


これは、スズキの新しいスイフトスポーツです。きっと欲しくなるホットハッチですよ!


普通のスイフトとは違います。グリルの模様も違うし、フロントバンパーも違います。スプリッターサイドスカート、ダブルマフラー、ルーフスポイラーもあります。


正直言って、僕はスイフトが好きです。個性が豊かですし。ワーゲンの設備よりも優っていると思います。でも、他の日本車メーカーに比べると、中くらいなんですよね。

良い感じで、見た目は面白くて、運転が楽しい。マツダほどではないかもしれませんが、それでも個性のない車よりは全然良いです。

ヴィッツもマツダもスポーツバージョンを出していませんが、スズキは違います。

スイフトスポーツは、ドライブしたくなる車であり、快適で、大好きです。



良い点

この車は、前の世代と同じように、ギアの動きもスムーズですし、スタートも滑らかです。

スズキは、スイフトの左発電機を1.6から1.4へダウンサイズしたようです。馬力は、140へ増加しています。でも、このターボチャージエンジンはとてもしなやかです。


エンジン回転が高いのが好きな人の気持ちも理解できますが、街中で道が混んでい、エンジンの回転をずっと高くはしていられない時、きっと230mmトルクに感謝することでしょう。これは、前の世代よりも70多い数字です。


そして、新しいスイフトは975kgで、前世代のものより80kg軽いのです。8.1秒で0から100km/hの速さが出ます。これは、0.6秒速くなっています。

追い越しの際も自信を持って行えます。ブレーキも切れ味があります。サスペンションは、驚くほど良いです。通常のスイフトは乗っていると痛いのでそれが嫌でした。


ハンドルの動きもとても良いです。これは、素晴らしき小さな車です。



不満な点

でも、全てが完璧ではありません。理由は3つ。

リアサスペンションが、トーションビーム式サスペンションで、それが固くなく、乗り心地がよくないのです。スズキはアクティブダンパーを使っていないですし、フロント部分には電気デフがありません。


次に、日常使いは別の話で、排気音がないことが褒め言葉でしょう。でも、自分を満足させるために音を聞きたい時は・・・残念ですよね。


3つ目・・・これは、ポーランドでの話ですが。スズキは、ポーランドの年金受給者が喜んで運転するブランドです。どういうことかと言うと、あなたが追い越そうとしても、誰もそれを予期しないのです。誰も、小さな車がすごいスピードを出すとは思わないですし、自分の前に割り込んでくるとは思わないのです。この車でなくても、他の小さなスズキの車で同様のことが何度も起きました。でも、これはポーランドのことだけかもしれません。


燃費は、6.5リッター/100kmを上回らないと話していましたが、スズキによれば郊外でのドライブはほぼ5リッターとしています。きっと経済的な車だとは思いますが、それは狭い回転数の中での話だと思います。


ところで、最近僕が試乗したほとんどのスズキの車は、言われている数字よりも少しだけ余分にガソリンを使う傾向があるます。とは言え、どんな運転をしても、ある一定以上のレベルを超えることはないのですが。


クルーズコントロールとレーンアシスト機能がついています。これらはよく機能していますが、僕は事故注意システムが大嫌いなのです。一時的にオフすることは可能ですが、マニュアルによると、反応する敏感さを弱めたり、警告音のボリュームを下げることさえも不可能のようです。街中を走る時、この何度も鳴る警告音はイライラします。


いつもスイフトのレビューでは指摘しますが、ルーフラインが後ろ下がりのため、ドライバーはハイマウントストップライトが見えにくくなります。



内装について

ハンドルは、スポーティな車にしては少し細めですが、これによって小さな女性でも握りやすくなっているのだと思います。

座席も女性が座ることを考えて、ある程度の高さに上がるように作られていると思います。座席にはsportと書かれていますが、別にスポーティな座席ではありません。

快適ですけどね。


カップホルダーは、前と真ん中、そして運転席のサイドにあります。

タッチパネル下には、12ボルトのUSBポートと3.5mmのジャックソケットがついています。これらは問題ないのですが、ここにはスマホを置くのに最適な場所がありません。僕のスマホにケーブルを繋げてここに置いたら、突き出すし、ケーブルは邪魔だし・・・という状態でした。なんでスマホを繋げてるかって?この車には、アンドロイドオートが付いているんです。


温度調節のための3つのつまみー1つは、ファンスピード、もう1つは気温のため、そして3つ目は・・・ただの飾りです。温度を変えたい時、いつもただの飾りのつまみに手を伸ばしてしまうのです。多分、マニュアルエアコンと同じ造形なのだと思います。


後部座席とトランクは普通のスイフトと同じです。


約21,500ユーロのスイフトスポーツは、おそらくホットハッチを買いたいとなった時に、一番最初に頭に浮かぶ車ではないでしょう。実際、ホットじゃないですし、ライバル会社の車はだいたい200馬力出せますしね。


ですが、スイフトスポーツはとても軽いんです。なので、GTIやSTを選ぶ前に、ぜひこちらを試して欲しいです。その価値がありますよ。


重さか馬力か、どちらをとりますか?



■引用元



__AD_1__

海外の反応



・重量はすごく重要。重量を減らすよりも、馬力を増やす方が簡単。





・ドイツでは、スズキは人気だよ。フレンドリーなブランド。





・これは、最高に面白いレビュー。ありがとう。





・イギリスでは、スズキのユーザーは、大抵若者(僕みたいな!)か、すごく年寄り。言えることは、彼らはとても良いサイズ感のものを出しているってことだね。チューンナップされたスイフトを通勤で時々見かけるけど、大好きだよ。めっちゃ速くて、ゴルフやフィエスタを抜いてる。





・もしもスズキから車を借りられるなら、新しいジムニーがいいよ。レビューしてほしい!





・セルビアでは、スズキのスイフトは、18,700ユーロなんだ。で、ワーゲンのポロGTIは、20,300ユーロ。ハッチバックファンは最初に選ぶのはポロ。新しいポロは良くなったからね。





・インドの車の70%はスズキ。独占状態だね。





・かっこいい車だけど、試験者に賛成するよ。ビーって音を出すのはうざい。こういうのを無しにしたスペック低いスイフトスポーツを、スズキは出すべきだったよね。





・おもちゃみたいな見た目だね。





・新車を買うにも高すぎなくていいな。





・スズキは俺にとっては微妙。バイクはいいけど、車はダサい。





・楽しそうな車に見える。ちょっと気になるけど、スズキの言ってる0 〜100kph出せる秒数は正確なのかな?





・スポーツとターボ付きスポーツって違いあるの??





・前の世代の方が、見た目はいいな。って思うのは、俺だけ?





・テスト中、排気音が聞こえなかったけど、それって悪いことなのか・・・もしくは・・・?





・スズキはクオリティが低い恐れのあるブランド・・・だと、僕はいまだに思ってる。それが合っているかどうかは分からないけど。過去数年、フィアットの方が随分良かった。僕は、馬力が多いよりも、重さが軽い方が好きだな。



ひとこと


フォルクスワーゲンのポロGTIと20万円しか差がないのですね
日本だと200万円も差があるのに・・・
これだとブランドイメージで負けてしまうのも致し方なし


__AD_2__

SPONSORED LINK