スクリーンショット 2019-01-09 7.51.17



SPONSORED LINK 



概要


60時間かけた福岡流の豚骨スープの作り方


ラーメンシリーズの動画へようこそ。今回はスープを作ります。


最初に豚骨をよく洗って行きます。その次にはストーブに火を点けていきます。こちらには4キロ程の豚骨を用意しました。15リットルの水を入れて煮込んでいきます。


沸騰すると水がピンク色になってきました。更に煮込むとこの色は無くなってきます。もし煮込む時間が短いとスープは茶色になり、クリーミーな色になりません。


次はアクを取り、豚骨を一度熱湯から上げ固まった血などを取っていきます。


スープを作る際には分厚い手袋が最も重要な物とも言えます。何故ならこの豚骨を再度熱湯で洗う必要があるからです。この作業をする事で綺麗なスープが作れます。


それではもう一度綺麗になった豚骨を煮込んでいきます。とっても楽しみになってきました。


14時間後。


火を弱め、朝まで煮込んでいきます。朝このレストランが火事になって無かったらいいけど。


そして翌日。


24時間煮込んだスープは、クリーミーになっていますね。次は豚肩肉をこのスープの中で煮込んでいきます。これは伝統的な方法で、味が更に深くなります。


次はにんにく油を作っていきます。沢山のニンニクをオーブンで焼き、ミキサーでオイルと共に砕いてきます。焦げたニンニクの黒い色が完璧です。これを一晩寝かしていき、ラーメンにピッタリな焦がしにんにく油が完成します。


スープ作り三日目。


合計で48時間スープを煮込んでいます。とても美しいクリーミーな豚骨本来の色が出てきています。ではこのスープに飴色の玉ねぎ、ショウガ、ニンニク、リンゴ、昆布を投入します。


60時間経ちました。このスープは完成です。クリーミーでリッチな深い旨味を持ったスープが出来ました。スープを作るのがこんなに大変とは思いませんでした。


来週は二人のシェフを迎え僕の作ったスープを評価してもらいます。どんなトッピングがラーメンに合うと思いますか?僕の中では焦がしにんにく油と豚肩肉を乗せることを決めていて他に何が合うと思いますか?コメント待ってます。



■引用元



SPONSORED LINK 


海外の反応


・フランス人シェフのアレックスが君のスープを評価してほしいな。





・どんな素晴らしい匂いがするんだろう!?私も家でシチューを煮込んだりするのが好きだな。





・ラーメンを作るのはビットコインマイニングよりも大変だね・・





・素晴らしいビデオだよ!24時間だけ煮込んだスープだとやっぱり味は変わるのかな?味を比べた動画とかも見てみたいな。





・長時間ずっと頑張ってるガスストーブも凄いね。





・君がラーメンに掛けた思いや努力は凄いね。私にとって一つの料理を作るのは音楽みたいで様々な素晴らしいものが組み合わさって出来る一つの素晴らしい物だと思う。





・頑張ったね!きっと天国みたいな味がするんだろうな。





・卵、海苔、チャーシュー、エノキかメンマがお勧めのトッピングだよ!





・凄まじい努力だ!これからも頑張って!




・君の努力に涙が出そうだよ!完成したスープは素晴らしいね。





・凄い!焦げニンニク油はオリーブオイルかごま油、どっちを使ったのかな?





・やっぱりラーメンのトッピングにはチャーシューだね!





・僕にとって卵はラーメンに必要不可欠なものだね。





・まだラーメンを食べた事がないんだけど、食べてみたくなったよ!





・真のシェフは絶対にギブアップしないんだね!僕もこのラーメンチャレンジを試してみたいかも!




ひとこと


ガス代と臭いが怖くてとてもやれない・・・すごうぃー


SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK