スクリーンショット 2018-11-23 11.17.39



SPONSORED LINK 



概要


日本の田舎の問題


たくさんの若者が生まれ育った故郷を離れて、都会へ出て行きます。そして、日本の田舎の人口は減っているのです。


私はこれまでに秋田県大館市に3回来たことがありますが、いつ来ても、とても素敵な場所です。自然、スローライフ、そして人々ー。


ここは、急速に人口が減少している県の1つだと聞きました。ですが、秋田に住む友達が、現在コミュニティの中で新しくて、ワクワクするような動きが起きているのだと教えてくれました。


今回は、冬の秋田を訪れ、何人かの地元を活性化するために頑張っている地元の人々に会い、話を聞いてきました。



コリン・フリンさん(大館駐在歴5年)

僕は、大学卒業後に海外で住みたいと思って、JETプログラムで日本にやってきました。そこで大館市に派遣され、英語を教える仕事を3年間しました。


そして、この街と人々のことが大好きになったのです。契約期間が切れた後、ここで仕事を見つけました。そして、支えてくれた人々に恩返しをしたいと思ったのです。


秋田は特に高齢化が進み、人口が減少しています。その中で、ここ数年コミュニティが一緒になって、それを守ろうと取り組んでいます。これは、とても素晴らしいことだと思います。


新しいビジネスを始めたり、ここに人々を呼び込もうとしている人々と話すと、彼らの地域への愛や戦っているものが伝わります。それらは本当に僕にとって、大きな影響を与えてくれます。



サイトウ・ユミさん(ティールームオーナー)

私の生まれは秋田県大館市で、高校卒業までここで育ちました。その後東京の大学に進学、紅茶の会社に就職しました。そこで紅茶に出会ったのです。

紅茶でこの町にプラスになるようなことができないかな、と思った時にちょうど貸店舗を見つけました。そこで、思い切ってお店を開くことを決めたのです。


地元の美しい写真をFacebookなどで目にする機会が増えたことで、地元の持つ良さに気づくことができました。それがなければ、地元に戻るという発想は出てこなかったと思います。


小さい頃と比べると、商店街の活気が無くなったな、と強く感じました。みんなで盛り上げていかなくては、と思っています。そこが、東京と地域の差だと思います。同じような思いでいる人たちが、少しづつ商店街に明かりを灯して行って、人が集う場所が増えるといいな、と思っています。



キリカエ・カツラ&ヨシノリ(映画館 御成座オーナー)

(ヨシノリさん)元々は東京で電話工事の仕事をしていて、ここへは出張で来ていました。ここの人たちがとても優しくて、ずっとここで仕事がしたいと思った時に、受け入れてもらったんです。

事務所を探している時に、この古い映画館を見つけました。ここは9年間廃墟だったので随分荒れていましたが、掃除をして綺麗にしていくにしたがって、”ここにお客さんを呼んだら、素敵だろうな”、と思い始めたのです。


(カツラさん)今まで、映画を見たいときは、近くにある大きな都市まで数時間かけて見に行くしかありませんでした。でも、地元にできたおかげで、人々が歩いて来れる。今までは行けなかったけど、今は見に来れる、ということで、ちょっと活気付いたのかな、と思います。


(ヨシノリさん)こんな古い映画館が残っているのは、珍しいんですよ。最初の目標は、映画で人をいっぱいにしたいんです。未だかつて叶っていない、高いハードルですけどね。



ニシヤマ・ナミ(秋田犬ビジターセンター)

私は、大館市の”秋田犬と暮らしませんか”プログラムに応募しました。今は、秋田犬のアスカとアコと一緒に活動をしています。秋田犬をきっかけに大館に来てくれる方々が増えて、大館を楽しんでもらえるように、きっかけ作りの活動ができればと思っています。


前は大館駅に来ても、秋田犬と触れ合える場所も無ければ、秋田犬が散歩している姿もあまり見かけなかったといいます。なので、駅前にこうした施設ができて、嬉しい、という声をいただいています。



いかがだったでしょうか?地域を活性化するために頑張っているーとても素敵な動きですよね。こうした人々がもっと増えて、日本中にあるたくさんのコミュニティを元気づけていってくれるといいな、と思います。



■引用元



SPONSORED LINK 


海外の反応


・このビデオを作ってくれてありがとう。日本は人口減少の巨大な問題を抱えていて、その問題は、田舎だとさらに大きくなっている。でも、日本の田舎はいつだって一番魅力的だわ。だから、そうやって先細っていくのを見るのは悲しいわね。





・交換留学で、秋田国際大学で勉強したことがあるよ。秋田は、なんていうか日本の中で孤立した県だったけど、日本における最高にお気に入りの場所になったよ。東京が大好きだけど、秋田の自然やスローライフの方がより楽しめたんだ。





・小さなコミュニティに溶け込んで、より深いインタビューをしているね。このビデオは素晴らしいよ。おかげで、日本社会についてより深く理解ができるし、もしかしたら日本の田舎や小さな都市で起業をする人が出てくるかも。





・世界中の田舎において発生している、難しい問題だよね。





・このビデオに出てくる人々も素晴らしい人々だわ。志が高くて尊敬するよ





・良いビデオーでも、短すぎる!!!もっと田舎を見せて〜〜〜。





・大館に行ってみたくなったわ。





・世界中の田舎で同様の問題が起きているのは、とても悲しいね。より多くの人々がいくつかの理由で都市に出て行っている(古い産業が閉まって、仕事を失ったり、高齢化したり、親の仕事を継ぎたくなくて子供が出て行ったり・・・など)。こうした人々が自分の街に戻って来ようとしていることは、素晴らしいね。そうでなければ、こうした小さな街は無くなっていくんだから。とても興味深いトピックだった。





・君が思ってるよりは、田舎は良い感じだから。





・これは感激した。私、実際に日本の農業とどのように若者たちが田舎から出ていくかについてプレゼンをしたことがあるんだ。新しい展望が見られて嬉しいよ。





・これは、他の国の田舎に住んでいる人々にもとても意義深い、興味深いビデオだった。これは、田舎によくある状況について教えてくれている。





・日本を訪れるのは大好きだけど、田舎へ行きたいと思った時どこへ行ったらいいのか分からない。そういう地域についてもっとプロモーションがあれば、超助かるのに。





・日本の田舎に引っ越したい!ソバの実を育てて、蕎麦屋さんを営みたいんだ。





・日本に10年住んでたことがある。息子は佐世保で生まれたんだ。退職後は沖縄へ移住することを計画中。日本は心奪われる場所だよ。





・私は、都市よりも田舎に行きたいけどなあ。田舎って、夢みたいな場所なんだもの。人口が減っていくのは悲しいね。





・次に日本に行く時は、田舎に泊まってみたいな。東京も大好きだけど、日本の田舎はとても地に足がついていて、昔ながらの感じがする。なんて美しい場所なの!





・大館が行きたい場所リスト入りしたわ・・・JRレールパスだけ持ってこ・・・。





・不幸なことに、1.5以下の出生率が問題だよ。1980年以来、2.0を切ってるんだ。





・すっごく励まされた!





・なんて美しく、静かなコミュニティなの。みんなが1つになっているのね。





・第二次世界大戦以降、日本は急激に都市化した。これが出生率減少と相まって、多くの田舎を文字通りだめにしてしまった。こうしたコミュニティや地元の文化を守ろうとする動きは良いね。



ひとこと


地方都市を外国人が訪れるのが難しいのはその通りなんですよね
ベトナムではハノイ-サパ間をホテルまで迎えに来てくれて直行できるバスサービスがあります

そのくらいわかりやすくないと難しいかなあと思います


SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK