スクリーンショット 2018-10-30 4.32.17



SPONSORED LINK 



概要


中国人から見た日本人のイメージ


日本と中国は昔から複雑な交友関係を続けており、現在もあまり核となる問題に目を向けることはありません。しかし7年ぶりに中国の国務院総理が日本を訪れるなど、関係の改善をしようという努力が見られます。今日は上海の人達が日本にどんなイメージを持っているかインタビューします。


日本という国のイメージは、街が綺麗などの良い意見と、歴史上の出来事が影響して悪い意見に分かれました。


日本と聞いて思い浮かべることは、綺麗、美味しい食事、快適、中国に対して友好的でない、アニメがあげられました。


中国のニュースで報じられている日本のニュースはネガティブなものが多いようです。またリアルタイムで放映されているものではない為、上海の人々はニュースをそのまま信じるのではなく、自身で本を読んだり、動画を探して日本についての理解を深めているようです。


日本人の印象は親切で礼儀正しいが、人との関係に距離があると感じるようです。日本人と中国人の大きな違いは、日本人のマナーの良さだと思われています。しかし、1980年代以降に生まれた中国人はそれ以前の世代に比べマナーは良いそうです。


なぜ隣国なのに国交関係が悪化しているのかに対しては、日本が常に中国を侵略しようといていた歴史を中国人は今もしっかり学んでいるからだといいます。特に南京事件で多くの中国人を殺害し、当時の写真や動画は今でも受け継がれています。その影響から日本に対して好感を持てない人、今の日本は違うから全く影響しないという人に分かれました。


また日本の若者も中国の若者のように、歴史上日本がどんなことをしてきたのかを事実としてしっかり学んで欲しいと願っています。しかし現代の若者に罪の意識を持って欲しいかというと、またそれは違うようです。ただ南京事件のミュージアムを作ったり、日本政府に過去の過ちを認めて欲しいようです。


尖閣諸島の問題は、ほとんどの人が中国の領土であることを主張しています。


国務院総理の来日については、対アメリカとの外交やアジアとして一つになり他国へのイメージアップなど、ポジティブ結果に繋がると考えられています。また国交関係が良くなることで、両国が一緒に働いたり、ビザの申請が簡単になることが望まれています。


最後に日本人へのメッセージとして、中国に対しての偏見を持たずもっと興味を持って欲しい、歴史を学び自分なりに受け止めて欲しいとの言葉をいただきました。



■引用元



SPONSORED LINK 


海外の反応


・インタビューを受けた人たちの知識の量がすごい。それに真剣に日中関係だけでなく他の国との国際関係を考えていて感銘を受けた。





・中国人は世界の中での中国の位置をしっかりと把握している印象を受けた。





・中国と日本は絶対友好関係にはなれないし、そのうちに中国から過去の仕打ちへのリベンジをされると思う。





・日本の世界第二次大戦に対しての教育は、日本がどんなことをしたのかでなく、原爆を落とされたことしか教えていないのが問題。それだから日本は被害国だと思ってしまいがちだ。





・いち中国人の意見として、日本という国も好きだし、一般の日本人も嫌いじゃない。ただ歴史上の事実を正しく継承しない日本政府は信用できないと思ってしまう。





・中国人は日本人が嫌いだと一般的に思われているけど、今の世代は何も間違ったことをしていないから嫌われているわけではない。ただ過去に中国に対して何をしたか知らないところが嫌いなだけ。





・日中韓の国交関係が改善して、またアジアとして一つになってほしいと願う。





・確かに日本政府は南京事件に対しての謝罪の言葉は述べたけど、その後も靖国神社へ参拝したり、教科書の改善をしなかったりと、言葉と行動が伴っていない。





・このインタビューは上海にいる人のみを対象にしているから、この意見を中国人全体の意見として扱うのは危険な気がする。





・上海はインターナショナルな都市だし、日本の影響も多く受けているから日本に対して友好的。もっと内陸地に行ってインタビューしたら全く違う結果になると思う。





・日本政府はドイツ政府を見習って過去の過ちをしっかり認めて謝罪するべきだと思う。





・日本の歴史の教科書は日本が勝利した戦争のことしか詳しく載せていないのがおかしい。





・中国も日本もどちらも好きだから早くこの問題が解決してくれるといいな。





・中国人の僕の個人的な意見は、日本の過去の行いがどう中国人に影響を与えたかは知っているけど、今もなお憎しみ続けるのはもう終わりにしていいと思う。





・もしドイツ人が日本に対してどんなイメージを持っているかインタビューしたら面白い結果が見られそう。





ひとこと


たしかに海外旅行にきている中国人はある年代を境にマナー度が全然違う

あと、銀座は一時期「ここは中国か」と思うくらい中国人いましたが、すっかりいなくなりましたね
欧米人のツアーの方が良く見かける



SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK