スクリーンショット 2018-10-17 18.15.29



SPONSORED LINK 



概要


日本の学校での日々


僕の朝は、学校へのスクールバスに乗ることから始まります。平和な街を通り過ぎ・・・学校へ到着です!学校の名前は、羽黒高校。バスを降りて、学校に入ります。木の柱に囲まれた、温かみのある廊下を通って教室へ向かいます。人に会ったら”おはようございます”と挨拶します。朝は、これをみんな、特に先生達に対して言うことがとても大切です。


キ〜ンコ〜ンカ〜ンコ〜ン♪学校の鐘が鳴ります。日本の学校では、大抵がこの音です。


教室の黒板の前に先生が立って、連絡事項について説明をしています。これは、ショートホームルームと呼ばれるもので、毎日授業が始まる前に行われます。そこでは、先生がその日についての連絡事項や、これから行われるイベントについて説明をするのです。それが終わったら、授業を受けに教室に行きます。今日の最初に授業はパブリックスピーキングだったかな。これは英語で行われます。


ここで、友達にインタビュー!

”この学校で何が好きですか?”

”そうだな〜、全部!”


”チェコ語で「こんにちは」は何か覚えてますか?”

”待って、待って・・・アホイ!”

”そうそう、面白いよね(笑)”


”フランス語と家庭科、どっちがつまらないですが?”

”え〜、どっちだろうなあ。う〜ん。家庭科の方がつまんない!”

みんながワイワイと楽しく過ごしています。


昼食の時間は、ランチルームへ。今日はカレーライスを選びました。カレーは、ここの学食の中で一番安くて、毎日あるメニューです。

その後も授業は続きます。学校には生徒会もありますよ。体育館に集まって集会がありました。自分の学校の野球チームの試合を応援に行くこともあります。


授業が全て終わったら、机の上に椅子をかけて、掃除の時間です!



■引用元



SPONSORED LINK 


海外の反応



・アメリカと日本の学校システムの違いを見るのはとても面白い。日本のみんな、高校に行くのを楽しんでるね!!





・あああ、なんて素敵。日本の高校に通いたかった!





・私たちの国フランスでも同じ鐘が鳴るのよ。そして、生徒会も大きな影響力を持っているの。アニメの学校みたいにね!





・見てたら、めっちゃ日本に行きたくなった。このビデオを見てると、日本にいるような気持ちになるよ。





・教室は高価そうに見える。僕はドイツ人だから、この教室が一般的なのか特別なのか分からないので、教えて欲しい。





・なんて平和な雰囲気なんだ。




・あの学校の鐘!アニメで聞いた音だ〜。





・ギリシャの学生の60%は学校が好きじゃないって言うと思うよ。





・椅子も机も、とっても綺麗!アメリカの僕の高校では、机も椅子もガムとかがたくさん付いてて、めっちゃ汚いよ(笑)。





・着ている制服の色が好き!!うちらのは、グレーと紫なの。





・これは日本の高校?それとも大学??





・日本って想像通りの国!そして、めっちゃアニメと一緒!!





・みんなが幸せそう・・・。やはり日本は良いなあ。





・おおっ、この学校の鐘の音はうちの学校の鐘と一緒だ。まるで地獄の鬼のような・・・!!!





・俺は生まれる場所を間違えてしまったようだ(涙)。





・これって私立だよね、かなり素敵!!





・うちの学校では、非常用アラームを鐘として使ってる。



この動画見た後に学校に行くのは新手の拷問





・昼食が美味しそう。アメリカでは、ランチは見た目も味もひどいもんだよ・・・。





・日本に生まれたかったな。





・なんてこった・・・日本の高校は最高だな。



ひとこと


田舎独特の平和感もいいですよね!


SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK