スクリーンショット 2018-10-07 5.35.12



SPONSORED LINK 



概要


Autozam AZ-1 僕の小さなスポーツカー パート1

トムのターボガレージ Autozam AZ-1 誕生 エピソード1

私のAZ-1を紹介します。27年間の運命との出会い。

ターボチャージャーを搭載したマイクロカーの興奮は、テネシー州の最も恐ろしい場所にもたらされた。

前回は、僕の1992年Autozam AZ-1を紹介した。このようなレアな輸入車を購入するのはリスクがある。

ちゃんと、自分の足で確かめてからをお勧めする。

僕のこのAZ-1はとてもレアで、アメリカのマガジンで紹介されていて注目されたんだ。

27年待って、やっと僕はこの車を手に入れた。


ミッドエンジンで、マツダとスズキの共同作品だ。

Autozamと名付けられたこの車はユニークなブランディングで、1989年に最初のAZ-1が東京モーターショーにAZ550として現れた。

一つだけでなくて、三つのコンセプトのバリエーションを持つものだ。

AZ-1と一番近い形、そしてより従来型のTypeB、ワイルドなレーシングスタイルのTypeCだ。

ショーが終わると、TypeAが選ばれて生産され、1992年の終わりに発売が開始された。

さあ、AZ-1のツアーに連れて行こう。

これはとてもよくメンテされた、改造されていない車だ。

まず最初に、これは座るととても小さいがレギュラーサイズのスポーツカーだ。

これはどんな可能性も試せる。日本のチューナーたちの90年代の情熱が見えるようだ。

過去のサイズになれたら、このよく計算されたエクステリアを見てみよう。

グリーンハウスのトップが半分を占めている。

この車は、チケットウィンドウと呼ばれる小さい窓もついている。


機能的なベントもサイドについていて、フッドスコープが大きな目の間に取り付けられ、ヘッドライトを見ている。ロゴバッジも二つのヘッドライトの間に据えられている。

Enkiの13インチのアルミホイールはタイヤとよくマッチしている。


後部は熱を排出するバンパーとトランクのふたがあり、丸い後部ライトと大きなウィングで締められていて、日本の軽自動車の登録証が貼ってある。

その下には、Autozamのマークの入ったヒートシールドがあり、その横にはステンレスの排出口が添えられている。


よく見てみると、それには小さなディティールが見て取れる。AZ-1は様々なオプションのグラフィックがあって、これは排気についてで、他にはどのガソリンを使うかとか、ドアの開き方とかが書いてある。


その中でも僕のお気に入りは、「MIDSHIP DOHC TURBO EXCITING MICRO COUPE」

誰かが、6ワードでこの車について記したみたいだ。

横から見ると、まあまあ大きくて、遠くからもよく見える。

通りかかる人が何の車なのか、見ようとするのも僕はとても気に入っている。

これはミッドエンジンカーなので、フッドの下は金属のラジエーターカバー、ブースター、AC機器、ワイパーのウォッシャータンク、そしてスペアのタイヤジャックで占められている。

後部は660CCのターボチャージャー。インタークーラーデュアルオーバーヘッドカム3シリンダーエンジン、5速マニュアルトランスミッションが搭載されている。

64馬力、63トルクだ。

最後に、ウィングドアだ。

これは1992年に人々を仰天させたが、今でも受け継がれている。

僕のはオプションのサンシェードがついていて、暑い日にはとてもよい。

さて、少し違うことをやろう。

ストーリータイムだ。

ある朝、ガソリンスタンドに寄ったら、この車を何だろうとみる人だかりができた。

ガソリンを入れると、僕は出発しようとした。そしたらある車好きが暗闇から出てきたんだ。彼はただ写真を撮りたいだけで、拳をみせてサインを送った。


でも僕の車の軌道と、その彼の場所と、僕はこの車を買ったばかりで、その親切なサインに答えることができなかった。

彼の顔は、うれしさいっぱいの子供のような顔から、冷たい朝の風に残されて怒りの顔に変わったよ。この車を次に見たら、この拳をたたきつけてやるって顔してた(笑)

さて、ドアに戻って引き上げると、スポーティーな2つのシートがあって、驚くほど快適なインテリアが用意されている。

シートは調整可能ではないが、上と後ろにスライドし、ホイールの真上に座るにはとても快適だ。

インテリアはブラックで、とてもよくレイアウトされていて使うのも簡単だ。

ただ、ストレージボックスのスペースはわずかしかない。

そして、ここにスペアのタイヤがある。

これが、僕の車のストーリーだ。

日本からやってきて、テネシーの山を越えてここにやってきた。



■引用元



SPONSORED LINK 


海外の反応


・Autozam大好きだ!見てて楽しかった!

・すごくかっこいい車だね!僕のリビングに置きたいな。

・とても面白い、小さな車だね!

・おおー、これは僕の夢の車になったよ!

・NSXの小さいバージョンみたいだね。

・僕もこれが欲しいけど、UKまで輸入したらコストがとんでもないことになるんだろうな。

・この車すっごいほしい!!!

・この車を見たときの人の反応が見たいなー(笑)

・僕もR32 GTRを輸入したから、気持ちがわかるよ!手に入れ甲斐があるよね。

・車はこのサイズであるべきだよ、バイクとか自転車を危険にさらすことがないでしょう?

・軽自動車は本当にかわいらしいね。

・ラベルは本当にかっこいいし、ターボも素晴らしいね。今の車は同じようなキャラクターでなくて少し悲しいけどね。

・AZ-1を運転してみたいな。コストが少し心配だけど。でもとてもクールな車だよね。

・スズキのハヤブサエンジンと交換は可能かな?きっとすごくいいと思う。

・子供のころほしいと思って想像していた車に最も近い車だ!




ひとこと


順番入れ子になっちゃいましたが前に紹介したAZ-1のパート1です

旧型WRX、旧型86、ランエボを凌ぐインパクトがありますね。今ではプレミアついて日本国内で200万円前後。状態がいい車体は海外でいくらで販売されてるのやら


SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK