スクリーンショット 2018-08-26 13.18.20



SPONSORED LINK 



概要


200ドルの四角いスイカを食べる!


今日は、東京都心にある、お台場ビーチに来ています。こちらは、人工ビーチです。

日本で有名になってきた、ユニークな四角いスイカを食べます!どんな味なのでしょう?

この四角いスイカは、年間に200個しか出荷されません。お値段は、200ドルです。



四角いスイカの中身

さて、食べるために切っていこうと思いますが・・・もったいないですね。だって、人々はこれをアートだと言うのですから。

切っていくと、中身はとても薄いピンク色。中身の見た目はちょっと悪いですね。

なぜこのような薄い色かと言うと、四角いスイカは熟れていないのです。早く収穫されるので、3~6ヶ月長持ちします。

比較用に普通のスイカを持ってきました。こちらは、12ドル。中身は瑞々しい赤色で、黒い種が入っています。比べてみると、四角いスイカは、薄オレンジでちょっとだけピンク色。匂いもしません。



四角いスイカの味は?

ビーチにいる人々にも、一緒に食べていただきましょう!

”美味しくないかも・・・”、ある女性は真ん中の黄色い部分を避けて、隅っこにあるピンク部分を食べてそう言いました。

”酸っぱい!丸い方が美味しい・・・”、黄色い部分を食べた女性は呟きました。


”味がわからないです。普通のスイカと全然違う””水っぽいスイカ?”

”味が無い!”

皆さん、なんとも言えない表情です。

外国人の方にも食べていただきました、”う~ん。まあ、悪くもないんじゃない?”


僕自身も食べてみます。何か味を足さないと、食べるのは厳しいです。

最初は、ちょっとだけ甘いです。2割スイカ味で、8割は水の味。そして、最後の3秒は苦い味がしました。


四角いスイカが食べるためのものでない理由がわかります。目で楽しむものなんですね!



■引用元



SPONSORED LINK 


海外の反応


・まだ熟れていないフルーツ、好きだったりする。ちょっと苦酸っぱい味が好きなんだよね。まあでも、梨とかりんごとか、桃とかマンゴーとかだけどね。メロン系は好きじゃない。





・おそらく、高級な風味はこうして作られている・・・!?





・えっ、普通のスイカに12ドルも支払ったの!??





・日本で200ドル無駄にしたな・・・。





・至ってよくあるスイカに12ドル・・・!!!(愕然)さっき、クロアチアのスーパーで20キロのめっちゃ甘いスイカを5ドルくらいで買ってきたところだよ。





・これやばい!私が日本において、たぶん挑戦しないことだわ・・・(汗)。





・きっと一番高級なスイカは、ハート型スイカね❤





・四角いメロン、めっちゃかわいい❤





・これ、ある意味実用的な気もする・・・でも、味が悪かったらだめだけどね。でも、日本のこういうとこ、大好きよ・・・彼らはおかしなことにも挑戦するからね。





・日本人って、こういうのも食べるって聞いたけど。





・私も、中身がどんな味が気になってたわ。でも、美しいものがこうやって無駄にされるのを見るのは悲しかったわ。





・四角いスイカの季節ね!!!日本のスイカ大好き!すっごくユニークで素晴らしい!





・なんで熟させないの??日本人って、日焼けが嫌なの??ビーチなのに、出てくる人みんな服着てたけど・・・。





・スイカ模様の任天堂ゲームキューブを発売してほしい!





・12ドルのスイカもそんなに悪くないと思ったけど、それは熟れている場合であって・・・。熟れていないのに、200ドル!??





・かなり、ありえないんですけど~~~。





・スイカ大好き。日本の四角いスイカは食べたことないけど。でも、中身がちょっと変な感じがする・・・(笑)。



ひとこと


見るだけで2万円かー


SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK