スクリーンショット 2018-07-01 8.43.08


SPONSORED LINK 



概要


日本の農業は、もうダメなのか?


フクモトシゲノブさんは、滋賀県琵琶湖の近くの農家に生まれました。彼の幼かった1970年頃、日本には550万の農家がありました。


現在フクモトさんは49歳、長葱を育てています。彼の両親は、”少量で、たくさんの種類”を育てる農家でした。約50年が経ち、それは大きく変化しました。



農家を取り巻く状況

農林水産省によると、2015年商業的農業を行っている農家の数は133万で、以前に比べて劇的に減少していることがわかります。さらに、農業を担う高齢者の割合は増加しています。日本の農家の6/10は65歳以上で、フルタイムで農業をすることは難しい状況です。


農業から他の仕事に転職したり、高齢の農業従事者が亡くなって誰もその後を継がないということもあり、農家の数自体は鍵となるポイントではありません。


日本の食物の自給、そして国土・文化遺産、田舎の人口などの維持についての取り組みは、大きな懸念事項だ、と宮崎産業経営大学の客員教授であり、オランダ国立ワーゲニンゲン経済研究所の研究者であるジョス・バーステゲン氏は言います。”日本は、すでにそれらのトピックについて問題を抱えている。そして、10年以内に、農業従事者の高齢化はもっと深刻な問題となるだろう”



新しい希望

フクモトさんは、これらの問題についてよく理解をしています。2005年に、彼は5ヘクタール以上ある農地を継ぎ、何種類もの作物を育てる専業農家として働き始めました。現在、彼は米と信長葱という種類のネギを育てることに集中しています。


オーガニック肥料を使って育てられている信長葱は、地元で成功を収めています。最近では、滋賀県大中地区の25の農家がこの葱を育てています。農水省から特別な支援を受けて、農業を始めたての若い専業農業従事者たちもほんの少しだけいます。


ですが、フクモトさんは、農家として受け取る利益はとても少ないので、若者たちが農業をキャリアとして考えないのも不思議ではない、と話します。


彼はまた、自身の農家の将来についても心配しています。理想的には、息子の1人に農家を継いでもらいたいと考えていますが、押し付けることはできないとも認めています。”どうしても、それはできないです”。


フクモトさんは、家族の農家を継ぐために、JAに加入しました。彼は、政府が彼のような小さな農家を助けるために、もっと何かをすべきだ、としています。


皮肉にも、国からの補助金や保護措置は、農家の発展を阻むことになっている、とバーステゲン氏は話します。”国際的な貿易の市場で戦える農家はほとんどいない”、と。


フクモトさんは希望を持っています。大中地区で成功を収めた信長葱を、関西地区でも売り始めようとしているのです。”これが、僕たちのビジネスを安定させ、小さな農家を守ってくれると思います”、フクモトさんはそう話しました。”信長葱は、僕たちの希望なのです”。



■引用元
https://www.facebook.com/thejapantimes/posts/10155526645488344


SPONSORED LINK 


海外の反応


・敬意を持って聞くけれど・・・日本ってロボット大国じゃなかったの??





・じゃあさ、もし日本が農業を失ったら、すべてを輸入するってこと??それは全然いいアイディアって感じがしないけど。あと、農業をやっている人が少ないのに、農家の人たちがあまりいいお金を稼げないっていうのも不思議・・・。競争相手が少ないことで、商品価値が上がったりしないのかしら??





・↑ うん、でも中国やベトナムから安いものが入ってくるからね。





・機械化は効率化にはいいけど、いつでも仕事を減らしていくよね。農業は特に。アメリカや日本のような先進国は、1965年に比べて農家の数が劇的に減ったよ。





・もしもそれで日本に住めるなら、僕が農業をやるよ!!





・農家は国の命だと思う。





・第二次世界大戦後に日本が遂げた発展は、どの国においてもあり得る、通常のプロセスだと思う。工業やサービス産業の職に就くために人々は都会に移住し、田舎の人口は減るっているね。これは特に深刻な問題だとは思わないな。





・これはアメリカでも起きているよね。





・農家になるために、日本に行くよ!!!





・↑ 最高の決断だと思う。





・このネギ、素敵。このネギを守りたい!!!





・う~~~ん、これは最も発展している国の農家の話だよね。僕たちは、もっと少ない人数でもっと広い土地での農業をしなくちゃいけないんだ。次は、日本でのとっても少ないであろう炭鉱作業員の記事を読みたいな。





・機械化が、働き手を減らしているよね。





・日本って、どこで生鮮品を手に入れてるの??





・岩手でお米を作っている人って、みんな50歳以上なのかな??





・少しでも・・・少しづつでも日本の農家が増えていきますように・・・。





・う~ん・・・これって、けっこう怖い話だよね。農家が減っていくって・・・。



ひとこと


高級路線で海外に輸出すればいいのではと思うのですが、既得権益勢が足引っ張りそう


SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK