34505736_2017402744999653_6834067702726787072_n



SPONSORED LINK 



概要


日本の夏の風物詩・流しそうめん


流しそうめんは、夏の風物詩。麺を器でいただくのではなく、水の張った竹のパイプで食べるという、とても面白い日本の食べ方です。そうめんは、細い小麦麺で、たいてい冷えたものをたれに浸けて食べます。


そして、きゅうり、トマト、ネギ、生姜やエビのような他の夏の食べ物と一緒に食べられます。誰もが楽しめる夏の伝統、ぜひ夏に日本を訪れることがあれば、流しそうめんを体験してみてください。



34368019_2017402808332980_3676735487072010240_n


■引用元

https://www.facebook.com/ikidane.en/posts/2017402961666298




SPONSORED LINK 


海外の反応


・そうめんって、ざるそばみたいに食べるの??汁に浸けるのかな?





・これって、美味しいのかなあ・・・。ちょっと疑問だな。





・ここ10年間、ずっとこれを試してみたいって思ってるんだ!!!





・へえ~~~、こんなの食べたことないなあ~~~。





・僕のお母さんの誕生日、ここに連れて行きたい!!





・絶対、試してみたいなあ!





・↑ うんうん、で、いつ行く!??





・竹のパイプかあ・・・バクテリアが心配・・・。





・すっごく美味しそうに見える!!!





・すぐにでも食べたいよう。





・面白い。これ、好きだわ❤





・こうやって食べると、美味しそう~。





・日本の文化って、魔法みたいね。





・面白そうだけど、これ、麺をつかむのが難しそう。





・次の旅行で行ってみようかな。興味あり!





・麺をちゃんとキャッチできるかなあ・・・それが心配・・・ハハハ。



ひとこと


新潟の山奥には「まわるそうめん」というものがあります


SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK