スクリーンショット 2018-06-15 17.49.49



SPONSORED LINK 



概要


東京近郊でイチゴ狩り!日本の巨大なイチゴ


皆さん、こんにちは!イチゴハンターのキャシー・キャットです。

東京近郊にある西船橋で、食べ放題のイチゴ狩り農園を見つけました。素晴らしいことに、この農園には、何種類ものイチゴが栽培されているので、様々な味を楽しむことができるのです。本日はこの農園ー”Erdbeere”(ドイツ語でイチゴという意味)へお邪魔しています。


ビニールハウスの中に入ってみると・・・温かい!そして、イチゴの美味しそうな香りがします。この中には、7種類のイチゴが栽培されているそうなので、今日はそれぞれ食べ比べていきたいと思います!


先ずは、農園の方にイチゴ狩りのコツを伺いました。コツは以下の2つです。

1、へたの部分まで真っ赤で、へたが反ったイチゴを選ぶ(甘くて、美味しいです!)

2、茎を持って、イチゴの先端を上に向けて横にスライドするとうまく取れる



7種類のイチゴ食べ比べ

最初は章姫(あきひめ)というイチゴをいただきます。特徴は、その甘さ。柔らかくて、口に入れると溶けちゃいます。上品で優しい甘さです。


次は紅ほっぺ。真っ赤で、とても大きくて丸い形をしています。その大きさは、おでこの半分くらい!ジューシーで、中まで真っ赤です。種の周りに白い円ができているのが、甘いイチゴの印です。


ピーチベリーという品種をいただきます。桃味のイチゴだそうです。他のイチゴよりも小さいです。変な形のイチゴの方が甘いそうです。食べてみると・・・まさに、桃!ただの風味だけ桃っぽいものかと思ったら違いました。これは、衝撃が強いです。


次は、やよいひめ。形がごつごつしていて、歯ごたえがあります!甘くておいしいです。食べごたえがあるので、満足感があります。


チーバベリーという新しい品種もいただきます。その名の通り、千葉で新しくできた品種なのです。日本には、何百種類の品種があるんですよ。こちらは、私の手の1/3の大きさです。香りが強い!なのに、後味がさっぱりしています。千葉、最高!


次の品種の名前は、おいCベリーです。こちらは、ビタミンCが普通のイチゴの1.7倍入っています。綺麗な丸型で、色が鮮やか。そして大きいです。一口では食べられません!味も模様も綺麗!甘くて、とても満足です。


最後の品種は、とちおとめ。こちらは味が濃くて、最後に食べるのにぴったり。すごく甘いです!


今回いただいた品種、どれも美味しかったです!日本のイチゴは、たくさん工夫がされていて、世界一美味しいと思います。海外から日本に来られた方は、是非日本のイチゴを食べてみてください。そして、機会があれば、イチゴ狩りを楽しんでくださいね!



■引用元



SPONSORED LINK 


海外の反応


・この場所の詳細を教えて欲しい!行ってみたいな。





・今まで、甘いイチゴって食べたことない!悲しい・・・。





・どうして、これらのイチゴはイタリアに無いの~~~(涙)。





・見てたらイチゴ食べたくなった!美味しそうなんだもん。





・見てたら、涎が出てきた・・・。





・小っちゃい頃、家でイチゴを育ててたんだけど、そこで自分がブツブツ恐怖症だって気づいたわ・・・。ありがたいことに、そのイチゴが美味しかったから、乗り越えられたんだけどね。





・イチゴは酸っぱいよね~。ちょっと苦手。





・素晴らしい内容だった、ありがとう!!イチゴが食べたい~~~。





・今日のキャシーは、まさにイチゴハンターだね!!!イチゴの魅力が伝わった~。





・素晴らしい食レポでした。





・イチゴって、とってもかわいいよね❤見た目も好き❤





・かわいいキャシーとかわいいイチゴ、見てたら幸せな気持ちになるビデオだったわ。





・桃の味がするイチゴだって・・・不思議!





・ガム味のイチゴって、聞いたことある??





・とっても素敵なイチゴばっかり~~~❤❤❤食べに行きたい。



ひとこと


苺のショートケーキ食べたーい!!


SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK