スクリーンショット 2018-05-29 13.28.28



SPONSORED LINK 



概要


祇園の世界


夜の帳が降りると、客たちは60のお茶屋が並ぶ狭い路地に集まってきます。

艶やかな着物に、白い顔に鮮やかな紅色の唇、美しく結われた髪。芸妓と舞妓が、夜の遊びを提供します。お茶屋には、限られた顧客しか入ることはできません。


芸妓・舞妓は、祇園伝統の生きる象徴です。彼女たちの美しい所作、舞などは見る者を惹きつけます。


”おおきに””兄さん、ごちそうさんどす。すんまへん”。彼女たちは、はんなりとした京ことばを使います。この地区の女性は、伝統に従っているのです。


”結婚したら、祇園を去らなくてはならない”ーそれが彼女たちの掟です。”今は、結婚よりも、お姉さんたちのようになりたい、という気持ちが強いです”、とある舞妓は話しました。


彼女たちのような、才能あふれる女性が祇園を特別な場所にしているのです。




■引用元
https://www.facebook.com/nhkworld/videos/2087588097954602/


SPONSORED LINK 


海外の反応


・現代は、たくさんのものが素晴らしい変化を遂げている・・・でも、京都は昔ながらのままでいて欲しいな。





・これまで見た中で、不思議な仕事の1つ。だけど、素晴らしい伝統だと思うよ。ステージでの踊りは素晴らしいしね。





・芸者についてのドキュメンタリーをユーチューブで見たよ。すっごく面白かった。





・これを見てたら、”memories of a Geisha”っていう本を思い出した。





・↑ いい本だよね。なぜ私は、本のような人生を送れなかったのだろうか。





・↑ それは、日本にいないから(涙)。





・美しい文化。大好きだなあ。





・祇園、行ったことあるよ!!!





・おそらく、世界で最も美しい都市の1つだね。





・祇園に行ったことあるけど、ほとんどのレストランもお店も高価だった。





・生きる芸術作品って感じね・・・。素敵!





・美しい伝統だと思う。





・うわあ、素敵な町!行きたい、行きたい!





・夏の旅行で行く??計画しないとね。





・次回の日本旅行の行先は、祇園!





・祇園・・・なんて美しい場所なんだ!!





・私の友達、今祇園に行ってるところ!帰ってきたら、どんなだったか聞きたいわ!



ひとこと


京都だから生き残ってる文化


SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK