スクリーンショット 2018-05-18 12.01.53



SPONSORED LINK 



概要


日本語が話せなくても、自力で食べ物を食べられる?


私の弟夫婦が海外からやって来ました。彼らは、”ありがとう”と”美味しい”以外の日本語は話せません。そこで、今回は彼らが僕の助けなしに食事を注文して食べられるか、というドキュメンタリーを撮影しました。


その前に、日本で自力で食べ物を食べるためのアドバイスを。先ず、どこで食べるか?それに対するアドバイスは、目を開けましょう、ということです。東京のような場所では、至るところで食事をする場所を見つけることができます。とは言え、どこも行きやすいわけではありません。なので、今回は簡単に行ける場所についてご紹介します。



初心者にもお勧めの場所1

最も簡単なのが、コンビニ。日本中どこにでもありますよ。ここでは、何かをする必要はありません。好きなものを選んで、カウンターに持っていき、そこでお金を払いましょう。

コンビニにある食品で、一般的なものはおにぎりです。僕の個人的なお気に入りは、セブンイレブンの特選鮭おにぎりです。これは特別なので200円ですが、たいていのおにぎりは1つ100円です。

おにぎりだけではありません。サンドイッチ、お蕎麦、チキンカツどんなど様々なものがあります。温めが必要なものであれば、カウンターで店員さんが温めてくれますよ。温かい肉まんや、おでんなども売られています。

また、パンやカップヌードルも売られています。カップヌードル用のお湯もコンビニでもらうことができますよ。


コンビニがあれば生きて行けますが、日本にはもっとたくさんの場所があるのです。



初心者にもお勧めの場所2

次にご紹介するのは、チェーン系レストラン。コンビニのように、彼らは様々な場所に存在します。そして、明るい看板と大きな窓があり、中で食べている人の姿を外から見ることができます。店内には、笑顔の人々のポスターが貼られていますが、これはアルバイト募集の張り紙です。もしかしたら、同時に仕事を見つけられるかもしれませんね。


こうしたレストランでは、たいていの場合、写真付きメニュー、英語メニューが用意されています。タッチパネルで注文できるようになっていて、精算もコンピューターで行える、というレストランもあります。


また、こうしたレストランでは、ボタンがテーブルの上に置かれていることが多々あります。これは、呼び出しボタン。注文が決まったらボタンを押して、店員さんを呼びましょう。そして、メニューを指して注文します。日本語を使う必要はありません。もしも日本語を使いたい場合は、”これ、おねがいします”と伝えましょう。

食べ物を注文すると、レシートが机に置かれますが、急いで店から出そうとしているわけではありませんので安心してください。食べ終わったら、レシートを持って、レジへ行って支払います。



困った時は?

たいていのレストランでは、店員さんは、あなたが助けを求めない限りはほっておいてくれます。店員さんがやって来るのはたいてい3回。ドリンクオーダーを取る時、ドリンクを持ってきて食べ物のオーダーを取る時、そして食べ物を持ってくる時です。何かお願いしたい時は、手を挙げて”すみません”と声をかけましょう。

レシートがもらえない場合は、そのままカウンターへ行って支払います。

どうしていいかわからない場合は、日本の人々がしていることを真似しましょう!



初心者にもお勧めの場所3

次のおすすめは、ショッピングモールです。ここには、たいていフードコートがあります。カウンターで注文をして食べ物を受け取る、という仕組みです。


弟にはフードコートにあるうどん屋に行ってもらいました。

”Can I get a pork kenchin udon?””Big one!”と腕を広げるジェスチャーをしながらオーダー。店員さんの、ネギを指しながらの”ネギ入れますか?”という質問にも、”No, thank you”と答えました。カウンターにある天ぷらを次々に皿に取っていきます。ちょっと揚げ物を取りすぎちゃった!と話していました。支払いも問題なく済ませて、テーブルへ戻って来ました。


義理の妹は蕎麦の注文に挑戦です。店員さんが英語を話すことができたので、問題無くこなすことができました。蕎麦を食べる際、妹は七味をそばにかけていました。通常はそばつゆに入れることを教えると、”なるほどね!その方がいいわね”と納得の様子でした。


フードコートでは、食べ終わったらテーブルを片付けましょう。そして、プレートを元のお店の返却口に戻しましょう。ここでの注文は、まったく難しくありませんでした!



初心者にもお勧めの場所4

次に紹介するのはデパ地下です。デパートは、新宿や渋谷など混雑する駅の近くにあります。その地下には、持ち帰り用の食品やお惣菜がたくさん売られています。焼き鳥、寿司やデザートなど種類はたくさん。たいていどれもショーケースに並んでいるので、それを指さして注文することができます。ここでの購入もとても簡単です!



個人的お勧めの場所

また、たくさんの美味しいものを食べられる場所を見つけられますが、観光客向けでない場所があります。それは、オフィスタワーとデパートです。これらのビルには、全体がレストラン階になっているフロアがあります。僕がこれらの場所が好きな理由は2つ。料理がチェーン店よりも質が高いこと、そしてたいていが分煙になっていることです。

とても小さなエリアの中に、様々な種類のレストランが入っているので、町中を歩きまわらなくても食べたいものを食べることができます。


そうそう、レストランの外に貼られている写真付きメニューを携帯で写真に撮り、オーダー時に見せる、という方法も便利ですよ。日本語が多少話せる人にとっても、メニューは漢字が使われていることもあり、難しいのです。



券売機に挑戦

他には、券売機で券を買って注文する、という場所もあります。ボタンの場所に、写真や英語が付いている券売機もあります。もしそうでなかったら・・・何が出るかはお楽しみです。


ここにも僕の弟が挑戦しました。先ず、お金を入れる口に迷いました。何とかお金を投入したら、写真付きのメニューを見ながら、同じ名前の書かれたボタンを押していきます。次のメニューを調べていたら、ピーピーという音と共にお釣りが戻って来ました!そう、あまり時間をかけられないのです。ですが、それを繰り返すうちに、弟もボタンに慣れていました。


券を店員さんに渡します。そこで、店員さんが”ラーメンは豚骨、醤油、味噌味どれにしますか?”と聞きました。”ト・・・トンカツ!??”と答えたので、僕がヘルプをして醤油味を注文することができました。


もしも日本語での注文に難しさを感じたら、店員さんが丁寧に説明してくれるでしょう。とは言え、メニューを指して”これ、お願いします”と言えば、何の問題もないはずです。


今回は東京でこのビデオを撮りましたが、郊外でも日本語を話さない人々に慣れています。

僕は5年前に日本の離島も含めて様々な場所を旅しましたが、いつでも何らかを食べることはできました。だから、きっとあなたも日本で問題なく食事ができると思います!



■引用元



SPONSORED LINK 


海外の反応


・こういう内容って、興味深いし面白い!ありがとう!!!





・素晴らしい内容だった。面白いね。日本って、アメリカよりも食べ物の調理などに心を砕いているようだね。





・日本には辛い食べ物ってあるの??そういうのって、メニューでわかるのかしら?





・これは、外人の日本での食べ物の頼み方だったけど、もっとサバイバルな状況の内容かと思ったよ!お金がない状況でどうするか・・・みたいな。





・びっくり。日本の食べ物って安いんだね。





・日本でのベジタリアン向けの情報が欲しい!





・タイトルが誤解を招いてるよ。スープキッチンみたいに食べ物が配られる場所の話かと思った。お金がなない時にどうするか、って言う。





・一番いいのは、やってみて間違える、の繰り返しだね。そうやって、僕は日本での食べ物の頼み方を覚えたよ。あと、日本の人がやっていることを見て、真似ることだね。





・今年初めに福岡と東京に行ったよ。で、日本にいる間はきっと空腹にならないだろうなと感じた。町の至るところに美味しい食べ物があるし、コンビニの食べ物は安くて美味しいし。日本が恋しい(涙)。





・顧客対応は、アメリカよりもずっとフレンドリーだと思う。





・僕的な意見:恐れず、飛び込め!





・日本語が話せないヴィーガンの人は日本だときっと大変な思いをすると思う。





・生鮮食品やお惣菜の値段が安い!おにぎりが1ドル、素晴らしいわ!!ドイツだとスーパーのお惣菜はとても高価なの。





・役立つアドバイスとしては、正直なところ、”心配しすぎるな”だよ。日本に2回行ったことがあるけど(僕は日本語は話せない)、どこへ行っても特に大変じゃなかったよ。





・サバイバルできる場所として、コンビニとフードコートを紹介していたけど、そこに大きなモールにあるスーパーを付け加えたい。理由は・・・たいていのお店には写真付きのメニューがあるから!





・日本において、ハラールやコシャーフードって選べるのかどうかが知りたい!そういうレストランってあるのかな??



ひとこと


食事の話題になると必ずハラールとヴィーガンの意見が出てくるんですよね。この辺理解してあげると観光客増える気がしてます


SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK