スクリーンショット 2018-05-13 13.54.27



SPONSORED LINK 



概要


初めての日本訪問:予想VS現実


僕の弟が奥さんと子供たちを連れて、東京へ初めてやって来ました!弟夫婦に、”日本についての想像と現実の違い”について聞いてみました。


・混雑

人の肩同士がぶつかるほど混雑しているのでは、と思って心配していたけれど、全くそんなことはありませんでした。バンクーバーの空港の方が混雑がひどいし、ちゃんと整理されていないし・・・。でも、日本の空港はとてもよく整理されているし、そんなに混んでいないし。空港からの電車もとても空いていて、快適でした。



・高層ビル

東京の都市部の周辺もすべて高いビルだらけだと思っていたけれど、そうではなくて、郊外はどの建物も3階程度で、庭があって、とても快適そうでした。飛行機から田んぼや空き地が見えた時はとてもびっくりしました。



・町の雰囲気

新宿や汐留、スカイツリーなどの混雑している場所にも行きましたが、たいていの場所はとても静かでした。電車もひどい混雑を心配していたけれど、どこも静かで落ち着いた雰囲気でした。


今まで様々な日本のビデオを観てきましたが、やはりどれも製作者の目線なので、実際に自分の目で見てみると全然違いましたね。例えば、ラーメン屋さん。ビデオではもっと大きく感じていましたが、実際には9席のカウンターしかなく、とても狭い。でも、美味しくて、匂いがあって、熱気と湿度・・・そういうものを実際には体感できました。



・トイレ

日本のトイレにはいくつもの機能のボタンが付いているのを知っていました。日本のトイレはとても素晴らしいんです!便座は温かいし。



・お風呂

日本人はたいてい毎日お風呂に入ります。みんなで一緒のお湯をシェアするのですが、とても素晴らしい体験でした。日本のお風呂が家にあったらいいのに・・・と思っています。



・家周りのテクノロジー

電気のスイッチがわからなくて困りました。あと、リモコンで電気が点くなんてびっくり!電気、エアコン、お風呂の換気扇、そして部屋の換気扇。どれにもリモコンがあるなんて!そして、お風呂のお湯をためるためのコントロールパネルにも驚きました。他にも、インターホンやエアコンなど、たくさんのテクノロジーに溢れていました。ただ、食洗機が無いですね。私にとっては非常に大切なテクノロジーなのですが・・・。



・ティッシュ

ティッシュがどこにでもありました!(もしかしたら、この家だけかもしれませんが・・・)でも、レストランにも置かれていました。



・電車が静か

誰も話さないので、まるで図書館のようでした。



・歩行者のルール

歩行者用の道路にたくさん自転車が通るのは予想していませんでした。地元の道には自動車よりも歩行者や自転車が多く走っていました。自動車も路地などを曲がる時は、歩行者や自転車が来ることを予想して減速していました。北米では住宅街でももっとスピードを出しているので、違いますね。日本の道の狭さにもびっくりしました。



・自転車

日本で自転車に乗るのはとても楽しめました。行った場所にもよったのかもしれませんが、とても落ち着いた、ほぼ人のいない道を自転車で走るのは楽しかったです。



・靴のルール

日本では、靴の着脱についての決まりが厳しいな、と感じました。試着室にすら靴を脱ぐ場所があって、試着をする時は靴を脱ぐのです。でも試着が終わったら靴下のまま外に出てはいけないのです!

温泉に行った時など、トイレにある履き替えスリッパがワンサイズのものしかなかったので、体の大きい外国人の人にとってはちょっと大変かもしれない、と思いました。



・衛生面

どのトイレにも、レストランにも手洗い場に石鹸が見当たりませんでした。なので、子供を連れてどこかへ行く時は必ずサニタリージェルを持ち歩きます。そして、トイレには紙タオルも無かったです。日本の女性は小さな、持ち運べるタオルを持っていて、それで手を拭いていたので、とても素敵だと思いました。



・自然

日本はあまり自然が多いことは強調されませんが、国土の73%は山で、自然がたくさんあります。例えば、江の島にピクニックに行った時には、トンビにマフィンを取られました!とても怖かったです!アイスクリームを取られている人もいましたよ!



・コンビニ

セブンイレブンにはたくさんの美味しい食べ物がありました。私は座ってゆっくりご飯を食べるのが好きなので、コンビニのご飯が一番、ということはありませんが、子供たちは大好きでした。公園などでピクニックをする時にもコンビニで食べ物を買えるので、便利でした。



・裸になること

温泉は北米の人々にとっては、かなりユニークな体験ですよね。何も着ないなんて・・・。もちろん、北米でも更衣室では裸になりますが、それは一瞬のことですよね。でも、温泉では小さなタオルで体を隠して、お湯に入る時にはそれを外してお風呂に入る・・・。でも、とてもリラックスできる体験でした。

温泉は、最初はちょっと不快かもしれませんが、10分もあれば快適になる体験です。是非、試してほしいです。温泉に来ている人は、誰もがスリムな体型ではないのです。普通の人々が、みんなリラックスをしに来ているのです。お風呂ではシャワーキャップも用意されているので、もしも髪の毛を洗いたくない人は、それを被るといいと思います。



・日本人とのコミュニケーション

これは、あまり問題ありませんでした。ショッピングモールで買い物をしたのですが、翻訳が必要だったのは、お店の人に買ったものをギフト包装するかどうか聞かれた時だけでした。あと、試着室でフェイスカバーを被るように言われたのはちょっとびっくりしたけれど、特に問題はありませんでしたよ。



・東京でもフレンドリー!

僕たちが行ったのは、決して旅行客が多いエリアではなかったけれど、いくつかの英語で書かれた標識やサインがありました。”いらっしゃい、ご自由にトイレをお使いください”なんてね。北米では、”靴やシャツを着用していないとNO””トイレは顧客以外の利用はNO"みたいなNOというサインがたくさんあるので、そこは違いましたね。



■引用元



SPONSORED LINK 


海外の反応


・僕はジャマイカ人だけど、日本の文化が大好きだよ。言葉も学びたいけど、日本に住まないならあんまり学ぶ意味はないかなあ・・・。早く日本へ行ってみたい!





・僕の東京での体験・・・。①予想:アニメショップにたくさんの観光客 現実:たくさんの地元民 ②予想:たくさんの自販機 現実:めっちゃたくさんの自販機 ③予想:物価が高い 現実:みんなが言うほどではない ④予想:電車が綺麗で静か 現実:電車が超綺麗で、超静か! ⑤予想:言葉の壁 現実:そうでもない 





・↑ なんて素晴らしいまとめ!大賛成!!





・僕が初めて日本に行った時・・・。期待は大、現実は期待以上!!!





・予想:日本人は外国人を怖がる 現実:日本人は外国人にとてもオープンで興味を持っている





・初めて日本に行った時のことを覚えているよ。たくさん自販機があるって思っていたんだけど、想像を超えた数の多さにびっくりしたの!





・僕は日本のおもてなしぶりにビックリしたよ。まるで自分が映画スターになったかのように扱われたんだ。たっくさんの人が僕を助けてくれた。日本で一番記憶に残っているのは、日本の人々だなあ。





・いつか日本に住んでみたいけど、日本語が話せない・・・。





・日本って、とても整理整頓されて、規則正しいよね!たとえぎゅうぎゅう詰めの電車の中でも、誰も何も言わないし、誰もケガしないし、喧嘩もないし。すっごくスムーズだったわ。





・たぶん、食洗機ってアジアの国々では普通じゃないよねえ。





・トンビがアイスを食べるなんて!!!これまで想像したこともなかった・・・。





・私の夢は、日本を訪れること(できたら住みたい!)。このビデオはとても参考になったわ。





・すっごく役立つ日本案内だよ!!こういう情報を求めていたんだ。





・日本は、私の予想をすべて超えていた国!もうすぐまた行くよ!これが、3年間で3回目の訪問~。





・大阪の空港に行ったけど、確かに人が少なかった!初めて日本に行った時に感じたのは、電車がとても綺麗だってこと。とても綺麗だし、暴力行為が無いの。私の国では、公共のものが壊されるなんてしょっちゅう・・・。





・いつか日本に行ってみたい。





・日本って、もっと言語の壁が厚いと思ってた!そんなことないんだね!!





・日本は最高の国だね!





・日本への旅行に本当に役立つ情報をありがとう!



ひとこと


西は横浜、北は大宮で東京着いたと思うのが上京初めてあるある


SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK