5940wuh90w4h9u9huw9hu0u



SPONSORED LINK 



概要


なぜ、寿司は以前もっと大きかったのか


江戸時代(1603年~1868年)の間、寿司は現在のものよりも2~4倍の大きさでした。

ですが、なぜでしょう。大きな理由の1つは、寿司が発明された江戸(現在の東京)は、人の出入りの非常に多い大都市だったことです。彼らは簡単に食べられる食べ物が必要であり、この時代におけるファストフードでした。


江戸時代の間、屋台が急速に増えました。華屋与兵衛(1799年~1858年)が、”握り寿司”や”押し寿司”を発明した、とされています(ですが、他の人々がこれらの種類の寿司を作っていたとする可能性もあります)。



現在の寿司との違い

この時代の寿司は、おにぎりに生魚が載っている、というものに近く、現在食べられている寿司はそれよりはるかに小さなサイズなのです。


Tenpoというウェブサイトによると、味もまた違うそうです。現在の寿司は酢飯で作られますが、江戸時代の寿司には、酒粕から作られた赤酢を米に混ぜていました。つまり、お米は赤みがかった茶色で、現在の白いご飯の色とは違ったのです。当時も、現在と同様に醤油をつけて食べていました。


Tenpoによれば、江戸時代の寿司は2つ食べれば満腹になるため、食事をぱっと済ませて動き出す人々にとっては便利だったとのことです。



■引用元
https://www.facebook.com/kotaku/posts/10156387477339040


SPONSORED LINK 

海外の反応


・面白いね。こういう情報が人生の刺激になるよ。





・興味深い歴史だね。そして、美味しそう!





・現在は、2~4分の1の大きさで、値段は同じってか・・・。





・小さくなったのか!





・面白い珍味情報だね。





・昔の方がより良い寿司を食べていたなんて!!





・大きな寿司を食べてみたい!





・お~~~~、大きいなあ。





・アメリカで寿司が人気になったから、店主が寿司1つで3ドルの値段が取れるって思ったんだよね!?ご飯と魚だけで3ドルって・・・!高いよ・・・。





・何だ、この大きさ!!びっくりした。





・おもしろかった 。こういう記事、もっと読みたい!





・お寿司、美味しいよね。





・うわあああ、びっくりした!こんなサイズだったのか。





・へえ、面白いね。どうしてこんなに小さくなったんだろう?





・昔のお寿司を食べてみたいなあ。



ひとこと


これは知らなかった


SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK