9q37yg893q5y805qy80qy08



__AD_TOP__


概要


日本の主要ビールメーカー、高アルコール度数のチューハイに賭け

国内主要ビールメーカーは、節約志向の消費者の需要を満たすために、高アルコール度数のチューハイを売り出すことを計画している。

これらの会社には、キリンビール、サッポロビール、そしてサントリーも入り、350ml缶で約150円の新しい商品を売ろうとしている。

従来のチューハイはアルコール度数が約5%で、この商品の売上比率7-9%は7年間で2.5倍も伸び、2017年には50%を超えてきた。

40-50代の男性向けのアルコールの強いドリンクの人気を受け、キリンはアルコール度数9%のKIRIN The STRONGを発売した。

キリンの広報は「私たちは高アルコール度数のチューハイマーケットで競っていきます。」と新しい商品への期待を膨らませた。

サッポロは、リラックスを意味する、「りらくす」を発売し、これは主に仕事終わりや家事を終えた女性が休憩したい時をターゲットとしている。

アルコール度数は8%と高いが、フルーツベースの酢を使うことでマイルドになっているとサッポロは語っている。

サントリーは、Strong Zeroのラインアップにアルコール度数9%のビターライムのフレーバーを加えた。

一方で、コカ・コーラジャパンは将来のマーケット成長に注力し、缶チューハイビジネスに参入することを発表した。 Jorge Garduno社長は、会社が「私たちの中核事業の他の機会も探り続ける」と述べている。



■引用元
https://www.facebook.com/thejapantimes/posts/10155346082718344


__AD_1__

海外の反応


・チューハイ大好き!いい流れね!

・僕も飲みたい!美味しいよね。

・私もチューハイ命よ。だってすごく美味しいんだもの。

・二桁のチューハイが出ないかな。

・やったーーー!すごく嬉しい発売だ!

・9%のウォッカが飲める?!わーい!

・これは日本に行くチャンスだ!チューハイは美味しいし、それでアルコール度数が高くなればもっといいしね。

・これはパーティータイムってことだね!

・このアルコール度数なら、私が酔うのに十分だわ(笑)

・新しい商品が続々やってくる!

・僕はただただ、プレミアムモルツが海外に輸出されることを祈ってるよ・・・

・Grape Strong Zeroこそが、僕が求めるものだ。

・チューハイを信じているよ!この調子!

・良いことだね!ヘルシーにも聞こえるし!

・僕の夢が叶ったよ!日本に行ったら飲もう!




ひとこと


チューハイは悪酔いするから苦手。。


__AD_2__

SPONSORED LINK