5840wuy0u50y590590uyu



SPONSORED LINK 



概要


日本人夫婦が職場のルールを守らず順番前に妊娠したことを謝罪

メディアは、妊娠の順番を守らず妊娠し、「自分勝手にルールを破った」として上司に謝罪したと報告した。

その女性は、妊娠発覚時に愛知県の私立保育園で働いていた。

しかしながら、このタイミングは園長が女性スタッフが結婚し子供を持つ順番を決めているスケジュールにそぐわなかったという。

この女性の窮状は、女性の職員が年功序度に応じて結婚して子供を持つことを許されるという、日本企業の不安定な実情を強調している。

彼女のこの経験は28歳の夫が日本の大手新聞、毎日新聞にこの窮地の投稿をし明るみに出た。

夫が妻が妊娠していたことを知ると、妻が「暗くなり不安」な様子を感じ、「託児所の園長は、スタッフが結婚や妊娠のルールを決めていて、先輩職員の「順番」の前になってはならないという暗黙のルールがあった。」と書いている。

夫婦は、妊娠について謝罪するために園長と会ったが、夫はその後も妻が「自分勝手に」保育園の規則を破ったとして、「叱責された」と主張した。

彼はこう述べている。「育児サービスの提供者は、他人の子供を世話するために自分の子供を犠牲にします。 この国の未来を鍛える子供たちを育てるのは高貴な職業です。私は彼女の職業へ献身的に取り組む妻を尊敬し、彼女を励まし続けるつもりです。子どもを育てる職業がこんな環境であるこの国は子育て後進国です。」

この問題は、出生率の低下と公的育児施設の慢性的な不足の両面で日本の支援を促した。

多くの評論家は、そのような規則は人権侵害であると主張して保育園を批判していたが、一方で一部は、保育所の人手不足による直面している課題に同情的でもあった。

日本女性は、性差別により職場で長いこと厳しい時を経験しており、昨年の世界経済フォーラムの世界的ジェンダー平等のランキングで144カ国のうち114位であった。

日本では「マタハラ」と呼ばれる母親への嫌がらせも重要な問題で、2015年の政府調査によると、全国の働く女性の半数が妊娠した後に何らかの嫌がらせを受け、5人に1人が仕事から排除されている。

女性従業員に子供を持つことを許す、または許されない時を伝える習慣は、日本の育児産業に限定されているわけではない。

東京の26歳の別の女性は、化粧品関連の会社の女性上司が彼女が約35歳になるまで子供を産んではいけないと話したことについて話したという。

彼女は、出産と育児スケジュールを詳述した文書を受け取ったと伝えられ、これは電子メールで22人の女性の同僚の間で回覧された。「個人的な行動は処罰の対象となる」と警告してあったという。

出産問題を抱えている既婚女性は、毎日新聞に「私は既に妊娠するのに苦労している。私が妊娠するのを延期し、子どもを持つ機会を完全に失ったら、彼らはどのように責任を負うのだろうか?」

ケンブリッジ大学の現代日本研究の専門家Brigitte Steger博士によると、戦後の古いシステムである「性別による労働分業」の概念は、多くの日本企業にまだ残っている。



■引用元
https://www.facebook.com/NipponCom/posts/1969831596391363


SPONSORED LINK 

海外の反応


・これが、まさに日本の少子化問題がなぜ起こるかがなんだ。彼らはワークライフバランスができていない。

・家族を持って、子供を作ってはいけないというフレームがあってはならないと思う。

・これは、私が最近知った話の中で、一番馬鹿げた話だわ。共産主義よりたちが悪い。

・日本の社会は、まだ古すぎる。特に管理職レベルの人が全然変わらない!彼らの主張をはっきりさせることは、いいことだと思う。

・この愛知の保育園は、再考すべきだと思う。全ての女性は自由に結婚し、子供を持てるべきだ。それは彼女たちの権利だ。

・これこそ、保守的な男性社会の態度だね。女性がある特定のパターンでプログラムされないとならないなんて、、なんて悲しいことなんだろう!

・大事な雇用者が離れてしまうことを引き留めるのは大変なのはわかるけど、、日本の労働者不足は深刻なのに、さらに出生率を下げるようなことをするなんて。

・時々、この国は本当に前時代的なことをするね!

・妊娠の順番を会社が決めるのは間違っているけど、さらになんで謝る必要があったんだ?

・まだ、女性がまるで子どもを産むための家畜のように扱われていることが悲しいね。

・信じられないくらいショックだ。だから日本の人口は減っていくんだ。悲しいね。

・これはキチガイ沙汰だ!なんで、人がいつ子供を持つかを、他人に決められなければならないんだ?

・資本主義の子供たち:あなたたちは、いつ生まれるかをコントロールされて生まれてくるの?

・出生率の低下を考えると、妊娠したことを嬉しいと思わなければならないはずなのに。

・いったい、この国に何が起こってしまったんだ?こんなルールは厳しすぎる・・・



ひとこと


そういえば、昔いた会社で「妊娠は計画的にできるものだから甘えは許されない」なんて全社通知されてたっけ
モラハラ半端ない

SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK