s5d6u7fio8gphjpok212pl[pdklfbp@deb



SPONSORED LINK 



概要


日系会社の富士フィルムが需要減の白黒フィルム販売を終了

富士フィルムイメージングシステムズ株式会社は、モノクロフィルムの販売を10月の出荷で終了する。これは、デジタル化により需要が減少したためだ。

この動きは、富士フィルムグループの82年に渡るモノクロフィルム生産の終わり、そして主要な日系会社による白黒写真フィルムの生産はなくなるということをを意味している。フォトグラファーは、日本で海外の会社の生産したフィルムを購入することができる。

富士フィルムは、モノクロ写真用の印刷紙の販売も2020年の3月に停止すると、同社のWebsiteが伝えた。

共同ニュースによると、白黒フィルムの販売数は、1960年代のピークと比べ1%未満に落ち込んでいた。需要はここ最近、年に15-20%ずつ減少していた。

「需要が落ち続けているため、商品の安定供給が難しくなってきました。そのため、我々は販売を終了することにしました。」と、富士フィルムの広報は伝えた。

写真愛好家、特に若い頃に家や学校でモノクロフィルムを現像・印刷してきた人は、ソーシャルメディアを通して販売停止を嘆いた。

「一つの時代が終わった。フォトグラファーとして、これは私にとってとても大きなことだ。」と、@Ponsuke_Maziはツイートしている。

「私は、暗室がとても好きで、それが私の職業に繋がったのだった。」と、彼は追記している。



■引用元
https://www.facebook.com/thejapantimes/posts/10155373438248344


SPONSORED LINK 

海外の反応


・そうだな、60年代にフィルムカメラを使ったことを思い出すよ。

・そんな!ショッキングだ!

・僕は本当に悲しい。仕方がないけど、続けてほしかった。

・僕は今でもよく使っている!本当に悲しいニュースだ。

・さみしく思うよ。僕は今でもフィルムを現像しているよ。

・驚くことではないね。今はもうデジタル化の時代だ。

・僕の古いLeicaのカメラを、孤独死させないで・・・

・僕はむしろ、今でもフィルムを作っていたことを知らなかったよ!

・このニュースは本当に悲しいよー。富士フィルムで今後手に入るフィルムは、どれなんだろう。ラインアップと生産終了の商品を確認しておこう。

・僕は時々、父のフィルムカメラを使うことがあって、難しいけどとても面白いよ。富士フィルムがカラーフィルムの生産は続けてくれることを祈るよ。

・一つの芸術スタイルが、消えようとしている(泣)

・ああ、芸術が消えていく。今は、インスタグラムフィルターを使ってアートを作るのか。。

・ああ、もう買えないのね。さみしいわ。

・現像やフィルムには、たくさんの化学物質を使うから、これはいい流れではないだろうか。

・彼らは、デジタル化の波にもよく乗れてきた会社だけど、それでももうこの事業からは撤退するときなのかもね。




ひとこと


しゃあないすね。。。


SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK