05



SPONSORED LINK 



概要


日本のラーメン中心地への旅


日本の冬。日本の片側はたくさん雪が降りますが、もう片方はそうでもありません。今回は、雪深い側にある喜多方市を目指します。ここは、日本の中でもラーメン店がたくさんある場所です。今回は、仙台から福島北部にかけての旅をしていきます。途中、会津若松市と米沢市に寄りますよ。



会津若松

先ずは、会津若松市にある日新館にやって来ました。ここは、日本で最も有名な道場の1つで、かつては若い侍のための学校でした。歴史的にも有名な白虎隊の戦士たちもここで学びました。とても大きな学校で、今回はここで弓道を体験しました。的を射るのは、なかなか難しいです!



レオナルドダヴィンチの影響を受けて建てられた寺

次は栄螺堂というお寺にやって来ました。1796年に建てられた仏教のお寺で、中は不思議な階段だらけの、変わったデザインのお寺です。ここは、上りの階段と下りの階段が完全に分かれており、それぞれの場所にいる人が出会うことはありません。ちょっとだけ、テーマパークのような感覚です。上から足音が聞こえるのに、その人の姿は見えないのですから。まるでホラーハウスみたいで、とても楽しいです。


レオナルドダヴィンチはフランスにあるあるお城を建設しました。そこでは、このお寺とまったく同じシステムが使われています。ダヴィンチの建設方法が秋田県に伝わり、そこにいた僧侶がその方法に影響を受けてこのお寺を作ったのです。言い方は悪いですが、アイディアを拝借して、このお寺を作ったんですね。



ムッソリーニに贈られたモニュメント

外に出ると、円柱モニュメントがあります。これは、1928年にベニート・ムッソリーニによって寄付された、と書かれています。ムッソリーニは、16歳前後の若い青年たちが1800年代の戦いで命を落としたという白虎隊の話を聞いて感銘を受け、ポンペイにあった円柱を贈ったそうです。このモニュメントはファシズムの偉大さについて表しているそうですが、白虎隊の忠誠心に対しての追悼の意味を込めて贈られたんでしょうね。



ソースカツ丼

会津若松の名物、ソースカツ丼をいただきます。ここでは、ウスターソースに浸されたカツがご飯の上に載っています。とっても美味しいですよ。ムッソリーニもきっと、気に入るでしょう。



米沢市・白布温泉

雪の中を車でどんどん走っていきます。そして、山形県米沢市にある白布温泉にやって来ました。入口にはたくさんのつららが!とても詩的な風景です。今日はここに泊まります。

お夕飯は、お部屋で。テーブルの上にはずらっと豪華なお料理が並びました。お魚の串焼きもありました。そして、山形名物の芋煮。醤油ベースのスープに、芋、牛肉と豆腐、そしてネギが入っています。七味をかけていただきました。


ここの温泉旅館は200年の歴史があります。そして、建物は木でできています。温泉も、素晴らしいです。滝のように温泉のお湯が流れていて、いつでもお湯で溢れています。お湯が常に流れているので、温泉というか自然の滝の中にいるような感覚になります。



喜多方ラーメン

翌朝、雪の中をドライブをして、喜多方にやって来ました。さっそくラーメンを食べに行きます!お店に着きました。このお店を選んだ理由は、とても美味しそうなチャーシューがたくさん載っていて、下のラーメン自体が見えない、という写真を見たから!店内は、美味しそうな香りでいっぱいです。


今回は、その写真に載っていた”お肉ラーメン”を注文します。醤油ラーメンで、たくさんのチャーシューが載っています。う~ん、とても美味しい。チャーシューも柔らかくて、とても美味しくて、完璧です。値段は約800円。こんなにたくさんのチャーシューが載っているので、お得だと思います。そして、スープが割と軽めで、濃すぎません。朝に食べるにはぴったりです。喜多方ラーメンの麺は、たいてい縮れ麺です。これは、たくさん水を含んでいるため、と聞いたことがあります。



ラーメン神社

では、ラーメン神社に行ってみましょう。これは3年前に建てられたもので、中には大きなお椀のオブジェがあります。そして、町にあるラーメン屋のラーメンの写真と名前、その紹介文が書かれたカードが壁一面に貼られています。色々な種類があるのが、写真のおかげで一目で分かりますよ。


普通の神社は、神様が祀られているのですが、ここではラーメン椀が祀られています。この椀は、喜多方に初めてできたラーメン店のものです。このお店は1920年代創業なので、約100年の歴史があります。


1925年に中国からの移民である藩欽星が、福島で働く彼の祖父を訪ねてやって来たところから始まりました。残念ながら、祖父に会うことはできませんでしたが、彼は自分のホームレシピによる中華麺の店を開店させました。それはとても人気になり、他の店もそれを真似し始め、地元の人々のお腹を満たしてくれました。この麺は町中に広がり、それをメディアがそれを取り上げました。喜多方ラーメンは日本中に知れ渡り、喜多方は日本のラーメン中心地の1つとなったのです。



喜多方市へのアクセス

今回の、喜多方北部の旅は非常に素晴らしいものでした。とても雪深かったのが大変でしたが、それによって映像は美しいものとなりました。ここは、仙台空港からレンタカーを借りれば来ることが可能です。もしもレンタカーを借りる場合、高速道路会社がジャパンレールパスのような特別割引をしているので、高速料金が劇的に安くなりますよ。


言葉の壁が心配な方も大丈夫です。日本の大きなレンタカー会社には外国語を訓練している人がいたり、タブレットなどの端末によって手続きがシンプルにされています。今回使ったトヨタレンタカーでは、タブレットで自分の言語を選ぶとその言語で操作を説明してくれました。すごい時代ですね!



■引用元



SPONSORED LINK 


海外の反応


・すっごくうらやましい!まだここに行ったことないんだよ!!行ってみたい。





・ラーメンの紹介ビデオを見るのをいい加減止めないと・・・めちゃくちゃ食べたくなるんだよなあ。ただでさえ太ってるのに・・・俺・・・。





・アメリカ人から言わせてもらうと・・・巨大なかつ丼とラーメンは天国にしか見えない。





・うわああ、美味しそう、美味しそう!!!





・このビデオ、最高。お気に入りに入れておこう!!





・役立つ情報がたくさん、面白くて美しい景色も紹介してくれて・・・素晴らしい!!ありがとう。





・ラーメンを祀る神社があるなんて・・・驚いた!





・どれもこれもが美味しそうで・・・お腹が減ってきた~~~!!





・このチャーシュー、すっごくすっごく美味しそう~~~!!





・これを見てて、日本に行きたくなって、行く計画を立てたよ!





・このビデオ見たら、前に見た映画”タンポポ”を思い出した!!





・ちょうど会津に行ってきたところだよ。また行きたいなあ。





・ラーメンではなくて、うどんの中心地ってどこなんだろう??知りたいなあ。





・あ~~~、お腹が空いてしまった!ラーメン食べたい。





・キタカタ市にキットカットの工場があれば完璧なのに・・・と名前を見て思ってしまった。





・福岡もラーメンの中心じゃない!??





・すっごく影響を受けて、ラーメンを食べてしまった。すっごく美味しかった!





・とても素敵な町だね!いつか行ってみたいなあ。



ひとこと


他の外国人YouTuberも会津の旅紹介してましたね。これから盛り上がるか!?


SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK