sdtyguhiojpkouy9y8u



SPONSORED LINK 



概要


日本、オウム真理教メンバーへの刑執行の準備へ

1995年に東京の地下鉄でサリンガスにより13人を殺害したカルト宗教のメンバーの一部が、新しい施設に移送された。

日本は、13人のカルト宗教のメンバーの処刑を予定しており、これはこの国で過去10年最大となる。3月20日は、13人が死亡し、数千人の負傷者を出したオウム真理教のサリンガス事件から23年が経った日だ。日本は通常、全ての共犯者が確定するまで刑を執行しないが、これも今年1月に達成された。

オウム真理教のこのメンバーすべてが同じ日に死刑執行されるかどうかは明らかではないが、処刑は最後の瞬間まで、公にされずに行われる。以前のケースでは、死刑執行まで長年を要していたものの、最終的には執行数時間前に通知された。家族は執行の後に、通知されることもある。

アムネスティ東アジア研究者の庄司洋加氏は「死刑は人権の究極の否定であるため、正義を実現することは決してできない」と述べた。

オウム真理教は、文明の終焉を予感させる国家との対立を求め主張していた暴力的な宗教であった。 1995年3月20日、メンバーは、東京の朝のラッシュアワーに先の鋭い傘を使用し5つの電車で液体サリンを充填した袋を穿刺した。

13人のメンバーが、地下鉄攻撃を含む一連のオウム関連犯罪で死刑を宣告された。7人が東京外で別々の収容施設に移された。死刑判決を受けている麻原彰晃(63)はまだ動かされていない。

日本脱カルト協会(JSCPR)は、法務省に対し、麻原以外のすべての死刑囚に死刑執行猶予を申し出た。

「麻原は脳であり、他の12人は手足であるだけだった」と、自身もオウム真理教によるサリン攻撃の被害者のJSCPR理事会メンバーである滝本太郎氏は語った。

日本は最近、国連人権フォーラムでの死刑問題決議に,日本は反対票を投じた。いくつかの国は刑罰の廃止を求め、少なくとも処刑の一時停止を求めた。

しかし、日本政府は、主権国は独立した決定を下すべきだと述べた。

「大変凶悪な犯罪の場合、死刑判決が避けられないと考えているため、日本は現在、死刑制度について議論する予定はない」と政府は正式に答弁した。

地下鉄サリン事件で夫を亡くした高橋シズヱ氏(71)は、3月20日の朝、都心の霞が関駅に花を捧げた。彼女は死刑囚の被収容者を指して、「粛々と法律に従って処刑されることを望んでいる」と語った。



■引用元
https://www.facebook.com/NipponCom/posts/1949864195054770


SPONSORED LINK 

海外の反応


・この事件が起きた時、地下鉄にいたよ。パニックだった。今でもこの問題が尾を引いているんだね。

・この事件にはすごく時間がかかっているんだね。

・私もこの事件が起きた時日本にいて、数駅隣にいたら地下鉄が全部止まって歩かなければいけなかったことを思い出すわ。

・彼らは自分たちがしたことの罰を受ける時が来たんだ。

・たくさんの人がこれで障害を負い、彼らのせいで死んでいったんだ。彼らは自分たちがしたことと向き合うべきだ。

・これに習って、同じことがないようにしなければいけない。

・彼らは刑を受けるに値するわ。

・正義が下されたと思う!

・そうだね、早く執行すればいいと思う。

・彼らは本当に悪いことをして、それを償うべきだと思うけど、それでも死刑はベストな方法ではないと思う。

・死刑でなければ、どうやって罪を償うんだというんだ。彼らは凶悪犯罪を犯している。

・死刑もお金がかかっている。死刑というやり方でなくてもいいはずだ。

・ただ、執行すればいいと思う。

・ああ、これは友人が話していたカルト宗教だ。こんなことをしてしまっていたんだね。

・僕は彼らは死刑に値することをしたと思う。




ひとこと




SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK