qmo0tfyrxlk3geuzjbja



SPONSORED LINK 



概要


日本でバレンタインに抗議する人々

日本ではバレンタインデーに、女性が男性にチョコレートを贈る習慣がある。「バレンタインデー粉砕」と「一般公開はテロである」というプラカードを掲げて行進するために抗議者が集まる。

日本のバレンタインデーには、男性の同僚に贈るよう強いられている女性の「義理」チョコレートの慣わしもある。職場の中には、女性にとってもストレスかもしれないし、男性が必ずしもチョコレートを必要ともしないため、この慣わしを禁止している。義理チョコレートは高価でなく、安いチョコレート・バーだ。

1ヶ月後の3月14日に男性はホワイトデーに女性にスイーツを贈り、こうして両日ともにどちらか一方からのものとさせることになっている。

今年も毎年のように、革命非モテ同盟がバレンタインデーの抗議で一団となっている。これは写真にあるように大きなグループではなく、メンバーは男性だけではない。今年は女性が抗議に参加したため、この団体はもはや単にモテない男性だけではない。

抗議運動には、「ロマンスの資本主義を守ろう!」「他人をセックスした回数で差別しないで!」「デートしなくても楽しめるオタク文化への反対への抵抗!」などがある。

William Andrews氏は、「Throw Out Your Books」というブログに、「スローガンには本質的に、性差別、女性嫌悪、攻撃的なことは何もなく、団体の宣伝は、参加者の挑発や差別的な言動への反対を警告している」と述べている。「これはある意味実践的な自己防衛のポリシーであり、日本の抗議主催者の共通の注意点は、これが法的なトラブルにつながり、次回の講義許可を得ることができるということだ。」

「Throw Out Your Books」でも指摘しているが、これが深刻なものか、単にギャグなのかを判断するのは難しい。 しかし、これは2006年以来続いているため、グループの指導者は注目を浴びるか、本当にバレンタインデーを粉砕したいと思う献身的な親玉になる必要がある。 多分それは少しずつ両方からなるのだろう。

この団体の公式ウェブサイトには、先日の日曜日に渋谷で開催された最新のバレンタインデー抗議リストがまだ残されている。 なぜ日曜日で、14日ではないのだろうか? おそらくこの革命家には仕事があるからだろう。 誰でも参加することができ、行進が始まる前に主催者はメディアインタビューのために時間を取っていた。これは、これがギャグであるという概念をさらに強調している。

この団体はバレンタインデーだけでなく、ホワイトデーとクリスマスにも抗議を行う。クリスマスは多くの日本人にとって、カップルがデートする日だ。グループは宗教上の理由からクリスマスに抗議するのではなく、むしろデートに対してクリスマスに抗議しているのだ。

日本では、今年もバレンタインデーが予定通り進行する。常に、次はあるものだ。



■引用元
https://www.facebook.com/kotaku/posts/10156261040979040


SPONSORED LINK 


海外の反応


・おお、日本・・・笑えるよ!

・僕たちも参加しよう!

・私たちが付き合ったのは、バレンタインデーだったから、特別な日ではあるけど、人が多くて抗議したくなるのも分かるわ。

・真剣になるために、笑いながら歩いてるのか?これはすごいおかしいね!

・僕たちは、どこでこの抗議に賛同できるだろうか。

・戦うだけの価値があるものを見つけた!(笑)

・僕も署名する!

・やっと、僕が参加するデモに出会えたよ。

・あら、私たちも参加するって、言えるかしら?

・バレンタインデーがビジネスにそんなにいいって、知らなかったよ。小売店は大忙しだね。

・僕がバレンタインデーにすることって、これかな。

・これは、純粋なジェラシーだ。なんでって何にももらえないから。

・この抗議に敬意を払うよ。

・世界中の独身は、一団となるべきだ!

・僕もバレンタインデーを嫌っているけど、でも、他の皆を盛り下げるより、自分の相手探しの能力のなさに対してみんなを責めるべきだ。




ひとこと


絵面が悲しい。。。


SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK