z5ex6rc7t8yg9hufg



SPONSORED LINK 



概要


NHKワールドが英語での防災速報アプリをリリース


日本語を話せない旅行者や住民も、地震や津波などの警報を見逃す心配をする必要が無くなります。NHKの運営する英語ニュースチャンネル・NHKワールドが、英語を話せない旅行者や住民向けにスマートフォンに対して英語で緊急速報を送るアプリを2月1日にリリースするためです。


利用者は、ニュース速報と同じように、地震や津波警報の通知を選択することができます。ニュース速報には、J-アラート警報、火山噴火や台風などの天気に関連する事象の最新情報が含まれています。NHKワールドアプリをダウンロードして、メニューでプッシュ通知をオンにすることで、警報が届くようになります。


現在は英語のみですが、NHKは今年後半に中国語も選択できるようにすることを予定しています。



各国大使館からも高い期待

火曜日、東京渋谷区にあるNHK本社で行われたこの新しいサービスの説明会には、東京に本拠地を置く67の大使館から合計115名と、日本の政府関係者らも参加しました。


”2011年東日本大震災は、我々にたくさんの重要なことを教えてくれた”NHKワールドニュースの編集長である高橋省吾さんはそう話しました。”当時、政府もマスコミも日本語を話せない人々とコミュニケ―ションを効果的に取ることができなかった”。彼は、このアプリが”日本にいる言語の壁がある人に対しても、何が起きているか、いつ起きるのか、を確実に届けられる架け橋になるよう”願っている、とも話しました。


このイベントに参加した大使館職員は、新しいサービスが日本語を話せない旅行者や住民にとって、役立つものとなると期待を込めています。”私は、これは素晴らしいアプリだと思います。自分でも使うし、友人や日本に住んでいる自国の住民にも勧めるつもりです”モルドヴァ共和国大使館の職員であるダニエルさんはそう語りました。


中国大使館のリアンさんは、中国人観光客のほとんどはスマートフォンを持っていることから、このアプリでは非常に重要な情報を得るのに効果的だと話しました。


リアンさんは、警報だけでなく、どうやって避難するかのような説明について発信されることが重要だと強調しました。旅行者はこれまでに避難訓練を経験したことが無いためです。また、彼は中国語版がアプリに追加されることを楽しみにしている、とも話しました。


■引用元

https://www.facebook.com/thejapantimes/posts/10155242659208344



SPONSORED LINK 


海外の反応


・これで、スマホ持ってる人はみんなNHK受信料払わないといけないね(泣笑)





・これは日本への旅行に便利だね。





・おおっ、ついにこういうアプリが出たか!でも、もしも旅行客が英語もわからなかったら??そしたら意味ないような・・・。





・韓国語、中国語、あとポルトガル語もあるといいよね。





・フェイクアラートも届いちゃうのかな・・・(汗)





・警報とか非難とか・・・それくらいの日本語を勉強するのって、そんなに難しくないと思うけどなあ。





・やっとだ~~。待ってたよ。





・へえ、これはいいと思うよ。役立つんじゃないかな。





・やったね!去年8月に札幌にいたんだけど、その時にめちゃくちゃ欲しかったよ。ちょうどロケットマンの脅威があった時・・・。





・なんかあった時に役立つよね。





・う~~ん、それでって感じ・・・。いまいち弱いなあ。もう少し何か欲しいなあ。





・いいニュースだね。





・こういうのはありがたいけど、災害とかは嫌だ~~~!





・いいんだけど、受信するにはwifi環境が必要だよね・・・。





・警報を英語で、とか・・・いい動きだと思うよ。



ひとこと


実際災害現場に外国人いたらどうなるんだろう


SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK