8g4hwjkojkhvcvhj



SPONSORED LINK 



概要


Bleachのアニメーター高木弘樹氏が死去

アニメファンたちは、皆の愛するアニメーター、高木弘樹氏の喪失を悼むために集った。日本の報道によると、高木弘樹氏は今月はじめ、自宅で亡くなったという。

パトレイバーの共同制作者である、ゆうきまさみ氏は、彼が入浴中に意識を失い急逝したと報告している。彼はインフルエンザにかかっていたことはわかっているが、彼の公式な死因については発表されていない。

「宇宙戦艦ヤマト2202」の同僚である、結城信輝氏は、彼の葬儀に参列し、作品の道半ばでの彼の喪失は大きいが、完成させると述べた。アニメ監督の小林誠は、今後のシリーズが高木の死後のシリーズとなると述べている。

ヤマト2202は、高木が最近取り組んだ唯一のアニメではない。彼はまた、最新アニメシリーズの監督を務めた。

彼は、Bleachなどのスタジオぴえろで活躍した。 彼はテレビシリーズの監督もしたが、映画にも取り組んだ。Fade to Black、Memories of Nobody、The DidmondDust Rebellionのアニメ監督である。

Bleachの他の功績には、アキラ、攻殻機動隊Stand Alone Complex、ハチミツとクローバー、君にとどけ、3月のライオン、新世紀エヴァンゲリオン、東京ミュウミュウなどが挙げられる。

Bleachに精通していなくても、シリーズがファンに非常に人気があることを知っている必要があるだろう。 このシリーズは、2004年にアニメ化が始まる前に、2001年に久保帯人が始めた。この超自然的なシリーズは、黒崎一護という男の子が死神代行になる話だ。 非常に才能のあるこの主人公は、彼のパートナー、ルキアと協力して悪霊を救い、魂を安らかにする別の世界に送る。 しかし、一護がソウルソサエティとその厳しい習慣を知ると、彼の世界は彼が想像していたよりはるかに危険にさらされるのだ。



■引用元
https://www.facebook.com/animaxasiatv/posts/10156172754540439


SPONSORED LINK 


海外の反応


・どうぞ安らかに。彼はたくさんの人の幸せを作ってくれた。

・悲しい。どうぞ安らかに。

・そんな!ショックな出来事だ。

・彼は僕の子供時代の記憶を作ってくれた。悲しい。

・そんな。まだ若いのに。。

・彼はただ、ソウルソサエティに送られただけだ。

・安らかに眠って下さい。でも、アニメは生き続けるよ。

・伝説のアニメーターがいなくなってしまった(泣)

・そんな!突然過ぎる!

・彼はきっと今、ソウルソサエティの護廷13隊にいると思うよ。

・彼の作品がもう見れないと思うと悲しい!

・信じたくない!

・もう、ハッピーなニュースは聞けない。悲しすぎる。

・そんな、受け入れたくない事実だ!

・Bleachを見始めたばかりだったんだ。このニュースを聞いてすごく悲しい。




ひとこと


ご冥福をお祈りします

SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK