35s6d57f68g9hjiok



SPONSORED LINK 



概要


日本の農家が、特別な稲で彩り豊かな田んぼを作る

90年代初めに、日本の田舎館村では復興の一環として、田んぼアートで村おこしをすることを決めた。現在、7種類の稲をカラーパレットとして使用し、毎年1000を超える地元ボランティアが集まり、植付けプロセスを支援している。時とともに、デザインは複雑さを増し、毎年何十万人もの観光客が集まる。

毎年4月、来年のデザインを決定する会議が開催される。テーマが設定されると、村の職員は基本のデジタル模式を作成し、地元の芸術教師によって複雑なコンセプト図面と洗練される。その後、植付けが始まる前に各図面をマッピングするマーカーが配置される。このプロセスには最大3ヶ月かかる。

各15,000平方メートルの画はしばしば、今年のデザインのように、ヤマタノオロチ(八つの頭を持つ蛇)に立ち向かう海と嵐の神、スサノオを描いたような、地元の伝統と民間伝承を祝っている。

この村は、しばしば地元の民間伝承を祝う、世界的にも有名な田んぼアートを創り出している。

村の副村長である葛西幸男氏によるこのプロセスの説明を見てみよう。




■引用元
https://www.facebook.com/atlasobscura/posts/10156116803187728


SPONSORED LINK 


海外の反応


・これは素晴らしい。全てが植え付けだけで行われているなんて。美しいね!

・とても細かい作業でなっていて、素晴らしい作品ね。

・あまりによくできていて、最初フェイクかと思ったよ。

・素晴らしい!これこそ日本の美しい芸術だね。

・とてもカッコいい!他の人にもシェアしてあげよう。

・日本だからできることだね。とてもすごいし、美しいね。

・なんて芸術に心を砕いた作品なんだろう。見事だ!

・クレイジーなほど、すごいことだね!

・正直言って、僕が見てきた中で一番すごいものだよ!

・僕の庭のガーデニングのアイディアにでも使えるかも(笑)

・圧巻だ!自分のお茶碗の中のコメに、ミニチュアバージョンが見れたらさらにいいね(笑)

・えええ、ほんと?信じられない。クレイジーだ!

・行ってみたい!実際見たら、どんなにすごいんだろう。

・漫画の田んぼ!すごい!

・すごい!自分がしてきてきたことがとても小さく思えるね。




ひとこと


こういう根気のいるアートって日本人らしいと思う


SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK