4sdf8t79y80uf



SPONSORED LINK 



概要


まるでクローゼットのような木箱・・・実は、オナガドリの家なのです。オナガドリは鶏の一種で、雄鶏は長い尾を持っています。その長い尾を守るために、彼らは特別な小屋に住んでいます。小屋の中は、その長い尾がそのまま伸ばせるようになっています。


”彼らの尾は、年に30~40センチメートルずつ伸びます。飼育は、時間のかかる仕事なのです”飼育者の久保田さんが話しました。


オナガドリの1日は朝の散歩から始まります。これによって、彼らは小屋から出て、足を伸ばすことができるのです。ですが、歩いているとすぐに自分の尾を踏んだり、尾が頭に絡まったりしてしまったり・・・。久保田さんは、鶏たちの動きに注視していなくてはなりません。


”私たちは彼らを晴れた日に洗います、そして羽根が傷つかないように注意を払います”

久保田家はオナガドリの飼育を100年以上行っています。彼女の父は、尾が10.6メートルあるオナガドリを育てました。これは、1973年のギネス世界記録です。


昭和天皇を始めとするVIPたちが、オナガドリの美しさに敬意を示しています。そして、アメリカの元大統領であるジミー・カーターも同様です。


”私は質の高い鶏を育てたい。それが私の義務であり、父の遺したものを生かし続けていくことになるから。できる限り続けていきたいです”。”うちらは長い付き合いだね”、久保田さんは、オナガドリに優しく話しかけました。


オナガドリの長い尾の話は、私たちに長く続く献身のを教えてくれました。



https://www.facebook.com/nhkworld/videos/1947254965321250/



SPONSORED LINK 


海外の反応


・こんな小屋に入れられて、動けないなんて・・・ひどいよ。





・↑ こんなじゃ、空気だって十分じゃないんじゃないかな。こんな美しい鳥に、こんな状況はひどすぎるよ。





・小さな箱の中に閉じ込めて、動けないくしてるだなんて、なんてかわいそうなんだ。





・なんてむごいことをするんだ。





・なんで小箱に閉じ込めてるんだ!!!




・僕の奥さんは高知出身なんだけど、僕は本当に高知が好きだよ。とっても田舎なんだけど、それがとても特別に感じたんだ。この鶏たちを愛して、世話をしているのは、とても素敵なことだよね。





・この美しいけど、悲しい小屋の中の鶏たちについて、もっと知りたいわ。彼らは夜だけかごに入っているの?快適に動けているのかしら?どれくらい運動できるのかしら?散歩する時とかは、彼らがみんな出てくるのかしら、それとも世話しやすいように一度に一羽だけなのかしら?





・彼らがまだ存在していることを知らなかったよ。フィリピンにもこの鶏たちがいて、僕らはサリマノックって呼んでるんだ。





・小屋に入れられてるのは悲しいね。





・え、人々が彼らの尾っぽを大事にしているから、小屋っていうか、箱に入れられてるの??それだけの目的で?尾っぽを何かに使うわけ??すごい努力の割に、何も得られないって感じがするけどね・・・。





・私は自由が好き・・・。尾っぽを切って、自由にしてあげて欲しい。これはひどいと思うな。





・でも、この鶏をフライドチキンにしたり、バーベキューにしたらどんな味なんだろう??





・なんて酷い一生なんだ。彼らはその生きてる時間のほとんどを小屋の中で暮らしてるわけでしょ。悲しいよ。





・高知行ったときに、この鶏を見たことあるよ。





・かわいいなあ。ペットにしたい。





・ラプンコックって名前にした方がいいよ(爆笑)。ラプンツェルみたいだから~。





・へえ~、この鶏たちの住んでるキャビネット、すごいと思うよ。尾っぽの部分だけ伸ばせてさ。鶏たち、この飼い主に飼われて、幸せだろうな。





・でも・・・この尾っぽは一体何に使われるためのものなの??





・これって、有名なコーチン??刺身にも使われるやつ??





・とってもユニークで、美しい鶏だね。





・見た目が、クジャクに似てるなあ。





・小屋に閉じ込めて・・・これはひどいと思う。




ひとこと


こういう場所を好む習性なのでは???


SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK