4s6d57f68g79h808rxctyguh



SPONSORED LINK 



概要


沖縄空手と日本空手、この2つの違いを知っていますか?私は知りませんでしたー空手発祥の地、沖縄を訪れるまでは。それ以来、私は12回以上この素晴らしい島を訪れています。2009年にはそこに住み、沖縄大学で日本語を勉強しました。


沖縄空手と日本空手の間にある違いについて、見ていきましょう。



1、構えの高さ

沖縄空手の構えはどれも高いです。なぜか?それが自然だからです。

深い空手の構えは、力がかかります。特に、背の高い西欧人にとっては。場合によっては、膝、足、背中の痛みにつながるのです。

沖縄前屈立ちは、日本空手の半分の長さでしいのです。これらの構えは足の強さやスタミナに役立ちません。そして、それはポイントではないのです。


沖縄空手の構えは、自衛の時に役立ちます。素早く、そして力をかけずに、日常の姿勢から動くことができるからです。それこそが、沖縄空手の構えのポイントなのです。



2、”どうやって”より”なぜ”

もしも沖縄で空手を練習したならば、よく聞かれる言葉があります。それは、”意味”です。

沖縄空手では、”どうやって”という部分よりも、”技術の意味”について重点が置かれます。

一方、日本空手は、意味よりも”どうやって”の部分に焦点が当たります。

その理由は3つあります。1つ目は、”沖縄から日本に空手が時間をかけて伝わる中で、多くの技術の意味が失われたから”。もしも、意味を知らなければ、技術に重きを置いて教えることは賢明でしょう。2つ目は、”日本空手の目的は、もはや沖縄空手のそれと同じではないから”。日本空手は、柔道、剣道などのような現代武道の精神的な道に合うように型が作られました。沖縄空手は常に自衛に適応しているのです。3つ目は、”武道の知識のレベル”です。武道は生物工学についてより深く考えられています。


例えば、日本空手の先生は、型の詳細について、より深いレベルを追求します。ですが、沖縄の先生は、型ではなく、目的について注意します。



3、”押忍”は無し

日本空手において、命令言葉である”押忍”は時に使われます。これは西欧にも広がり、ブラジリアン柔術においてもよく使われています。ですが、沖縄で使われているのを聞いたことがありません。沖縄では、”はい!”がよく使われます。



4、スポーツではない。ライフスタイル

空手が日本に伝えられた時、様々なことが変化しました。例えば、人々は戦いを始めたのです。日本空手は多くの型を変化させ、新しい組み手をたくさん作りました。それは、対戦者たちに得点を付けるためでした。


沖縄の人々も現在では対戦をしますが、そこには大きな違いがあります。沖縄では、空手はスポーツではなく、ライフスタイルなのです。ある先生は”空手は、文化の一部”だと話しました。その通りだと思います。空手の伝統は沖縄の至る所にあります。そして、それは文化の自然な一部であり、競うという発想は単純にないのです。

育っている竹は、隣の竹と競ったりしませんよね?同じことです。



5、決めよりチンクチ

日本の空手において、”決め”の概念は非常に重要です。”決め”は、”決める”という言葉から来ています。決めは、技の最後における短時間の停止を意味しています。


沖縄空手では、それとは違ったものがあります。”チンクチ!”です。沖縄空手では、技を素早く止めることは重要ではありません。エネルギーを相手に対して動かすことがより重要なのです。このために、全身の力を爆発的に放出する必要があるのです。ブルースリーの”ワンインチパンチ”を見たことがありますか?あれこそが、チンクチの素晴らしい例です。すべては力について、なのです。



6、古武道の武器

日本空手はほとんど素手で行います。ですが、沖縄ではどの道場も壁に武器がかかっています。それは、彼らが古武道を練習しているからです。古武道の武器は、棒や鎌、鍬などがあります。

現在、沖縄空手では武器は使いません。ですが、昔、沖縄の田舎はとても危険な場所で、チンピラたちのほとんどは武器を携帯していたのです。もしも武器の練習をしていなければ、そこから身を守ることは難しいでしょう。そのため、昔の空手師範たちは古武道も修得していたのです。”空手と古武道は兄弟であり、姉妹である。決して切り離せない”と、私が練習をしている際に、ある師範が言っていました。


最近では、沖縄の空手道場のほとんどは古武道をあまり練習しなくなりました。とはいえ、彼らは古武道について知っています。ですが、日本空手においての古武道の練習はもっと少ない、もしくは全くしないのです。



7、伝統的な道具

沖縄空手の師範たちは、体の状態をいつもより良いものに整えています。体が弱ければ、自衛をすることができないからです!彼らは、様々な信じられない道具を使って、強さを鍛え、体の状態を整えているのです。その道具とは例えば、握り甕、というのがあります。これは、大きな陶器の入れ物で、中いっぱいに砂が詰められています。歩きながら、様々な距離で、甕の縁を握るのです。これによって、手首、腕、足、そして体幹を鍛えられます。


日本空手では、めったにトレーニングのための道具を見ることはありません(巻き藁は別ですが)。ですが、沖縄では、これらは必要なものであり、どの道場でも見ることができます。



8、取手の技術

日本空手では遠い距離から相手に近づいていきますが、沖縄空手は近い距離が好まれます。

取手は、掴み、握り、ひねって相手の関節を外すことです。

こういったことは、通常の日本空手のクラスではめったに教えられません。なぜなら、日本空手は沖縄から伝わった時に、他の武道に非常に強く影響を受けたためです。元々近距離だったものが、長くなったのです。”間合い”のような概念は剣道から来ています。


そのため、”取手”のような概念は日本空手では重要ではないのです。ですが、沖縄空手では今もまだ”取手”は練習されています。実際、昔ながらの型をじっくり見てみると、型の動きは、近い距離の方が意味を成していることに気が付くでしょう。



9、全体練習よりも個人

沖縄空手はたくさんの独特な部分があることに気が付いたと思います。本当に理解したいのなら、体験しなくてはなりません。そして、先生から直接、個人的に見てもらう必要があります。沖縄空手が大人数でのレッスンに向いていない理由はここにあります。


一方、日本空手は、大人数向けになっています。なぜなら、空手が20世紀半ばに東京、大阪、京都周辺の大学に伝わった時、それがゴールとされていたからです。日本空手の多くの動きが、より大きく、よりシンプルなのもそのためです。多くの人々の中で、簡単に見られる必要があるのです。


沖縄空手はその反対です。通常、沖縄空手の道場は10~15人向けのスペースとなっており、個々の道場生に焦点を当てることのできる練習環境です。悲しいことに、これがまた沖縄空手の多くの師範たちが空手で生計を立てられない理由です。多くの生徒を取ることができないのです。



10、ウチナーグチ(沖縄の方言)

ここまで読んできて気付いた方もいらっしゃるかもしれません。沖縄空手は、独自の言語があります。”ウチナーグチ”と言います。そのまま訳すと、沖縄の口、という意味です。

例えば”チンクチ”などは日本の言葉ではありません。これらは、昔の沖縄言葉なのです。

そして、これらは沖縄で昔ながらの師範たちによって今も使われています。ですが、それは沖縄でだけ。日本空手では決して使われません。


いかがでしたか?これらは一般化したものですが、どれも僕自身の、沖縄そして日本で過ごした時の体験に基づいています。そして、個人的には、両方の良いところをミックスしていきたいと思っています。


そうそう、11番目として付け加えたいことがあります。

沖縄では、道場の人々を怖がることはないでしょう。みんな友人のようで、空手の魂を分かち合って練習している仲間なのです。これは、とても美しいことです。

沖縄の速度は”やるかやられるか”の日本の道場の速度に比べるとゆっくりに感じるかもしれません。ですが、これは南国の暑さのせいだと思います!



■引用元
https://www.facebook.com/karatebyjesse/posts/1807622319250786


SPONSORED LINK 


海外の反応


・この記事はすっごく助かるわ。役立つ記事ね。横げりの意味がサイドキック、みたいな風に日本語の技の名前も教えて欲しいな。





・私自身はテコンドーをやってるけど、空手の様子を見るのも好きだわ。





・空手、大好き。とっても参考になる情報だよ。





・これは素晴らしい情報!!とても勉強になるよ。





・とても良い記事だね。日本空手と沖縄空手の違いについて、ほとんど知らなかったよ。





・素敵な記事をありがとう!面白かったし、勉強になりました~。





・素晴らしい!いい記事だね。よくわかったよ。





・興味深い内容だった!





・僕は沖縄・日本両方の空手を練習しているんだ。この記事のある程度の部分までは賛成するよ。この2つをこうやって比べるのは論点がずれてるような気がする。これらは、単純に空手の歴史の中で別々の動物になった、という感じだと思うな。同じ木になる別のフルーツというか。





・僕の大好きな記事だよ。沖縄空手と日本空手について、よく理解できた。





・”空手と古武道は兄弟であり、姉妹である”。いい言葉だなあ、かっこいい!





・この記事、素晴らしい!みんな読むべきだよ。





・興味が出てきた。一度、沖縄に行ってみたいな。





・沖縄空手と日本空手の違いは、対戦者同士の距離だと思う。





・沖縄空手に興味あり!どんな技なのか、見てみたい。



ひとこと


ガチの空手家による記事でした

SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK