3s5465udrty8gihoip



SPONSORED LINK 



概要


約40%の日本に滞在しているホワイトカラーの外国人労働者が、国籍や性別にによって差別を受けていると感じていると、人材会社のAdecco Ltd.による調査が示している。

調査は、20歳から60歳のホワイトカラーの外国人労働者300人に対して10月に行われたもので、楽天リサーチのモニターに登録した者が対象だった。

この調査は、日本にある日系と外資企業のセールス・マーケティング、人材管理、クリエーターや技術者に対して行われた。英語教師はこの調査からは除かれている。

調査によれば、77%が現在の職に満足していると答え、88%が日本で働き続けたいと回答している。

日本で働きたくない理由の複数回答として、43%が性の不平等を挙げている。また、約40%が同僚との直接的または言語外のコミュニケーションのトラブルを挙げている。

日本人の同僚のパフォーマンスに対して、80%がその正確性を挙げているのに対し、72%が無意味なミーティングについて文句を述べている。40代のイギリス人男性は、「ミーティングで何も議論がなく、エンドレスな打合せだ。」と述べている。

日本の非生産的なワークスタイルについても挙げられている。「米国では、ほとんどの業務が個人の裁量で、上司が問題のある時にだけ相談を受ける。日本では、実際の行動と報告の前に、承認が必要だ。」

回答者の中には、米国では若い人がマネージャーになることはそこまで稀なことではないが、日本では「昇進レベルのヒエラルキーが多くあり、それが多くの場合年齢と関係している」と言う。

調査によると、47%の回答者が日本人の同僚と比較して、同等の機会を与えられていないと感じていると回答している。

AdeccoのIshikawa Tomoyuki氏は、調査は政府が高度人材を誘致する際に「日系企業が、外国人労働者がどのような労働条件を好んでいるのか、日系企業に何を期待しているのかを理解する手助けになる」と述べている。


彼はまた、調査が「日本人と外国人労働者の相互理解を深めるとともに、現行の労働条件を再考する」きっかけになることを期待している。

政府は昨年4月、高度人材に対し永住権の規定を緩和し、日本での滞在期間を最低5年から1年に縮小した。



■引用元
https://www.facebook.com/thejapantimes/posts/10155162795058344


SPONSORED LINK 


海外の反応


・フォーカスすべき点は、「差別をがあると感じるにもかかわらず、88%が日本で働き続けたいと回答している。」というところでない?

・何でかって、それでも他のどの場所よりも日本はいいところだからだよ!

・日本人は、自分たちが改善するところを見つけようとする性質があるね。それが彼らの文化だ。88%が日本で働き続けたいとしているのは、すごいことだと思うのに!

・この調査は彼らの日本語能力については何も触れていない。僕が思うに、差別を感じていると思うのは、彼らの中には日本語が堪能である人もいればそうでない人もいて、それが差に繋がっているのではないかと思う。

・僕もまた、日本に帰って仕事をしたいと思っているよ。9年滞在したことがあるんだ。

・日本は高度人材だけを確保するようにするのはやめた方がいいと思う。そうでないと過疎地域や工場、農業などのセクターが廃退してしまう。

・世界のどこに行っても差別はあるから、ここに期待するのはやめようよ。

・うーん、そうだね。調査のどの結果にも驚くことはないよね。その通りだ。

・悪い点は変わってくれることを祈るよ。

・僕の生まれた国は、仕事を探すことにすら苦労する。働けるだけ羨ましい。

・文句があるなら、彼らはいつでも去ることができるはずだよね。

・日本人は残念なことに、世界で最も人種差別が激しい国だと思う。

・たった40%?それも驚きだよね。

・これはどこのセクターで働くかによるんじゃないかな。ボスを差別することはできないし。僕が80年代に日本で働いていた時は、何の差別も感じなかったけど。

・僕は、この88%が日本で働き続けたいと思っているというところに感心したよ!同意見だ!




ひとこと


会議はほんとに無駄

SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK