2589yh9u4509yu509u590w



SPONSORED LINK 



概要


2020年のオリンピックに向け多くのレストランチェーンが禁煙になる一方、居酒屋は飲酒喫煙の顧客離れを懸念

2020年の東京オリンピックやパラリンピックの開催に先立ち、店舗を完全禁煙とするレストランチェーンがますます増えている。

首都圏と東京都は、多くの外国人観光客の誘致が予想される2020年のオリンピックに備え、受動喫煙対策を強化する予定だ。

計画されているより厳しい規制を考慮しているだけでなく、レストラン経営者には非喫煙客を店舗に誘致したい思惑があるという業界関係者もいる。

労働者の職場での間接喫煙曝露のリスクを減らすことで、労働力不足の中で人材確保を狙っているという情報もある。

ファミリーレストランのサイゼリヤは、2019年9月頃に全国の約1,000の店舗から喫煙席を撤去する予定だ。現在、サイゼリヤのレストランのほとんどは、喫煙席と禁煙席が用意されている。

「屋内喫煙を禁止するという社会的傾向に従う」とサイゼリヤの関係者は語った。禁煙席は、アルバイトをしている高校生を含むスタッフの健康を守ることも目的としているという。

日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社は既に1,150店舗のうち96%で全席禁煙としている。同社では現在、3月末までに数字を100%に引き上げる予定だ。

同社の広報担当者は、「快適な環境で顧客に商品を食べてもらいたい」と語った。

日本マクドナルド株式会社は2014年8月に全国の店舗全域を禁煙とした。

同社の代表は、「私たちの店に家族で訪れた多くのお客様がこの動きを歓迎していて、お店により来やすくになったと仰ってくださっています。」と言う。

いくつかの居酒屋事業者が試験的に非喫煙店を導入した。株式会社エー・ピーカンパニー.は、東京エリアでは6店舗を禁煙とし、ワタミ株式会社は神奈川県内の2店舗で全面禁煙を導入した。

しかし、ほとんどの居酒屋事業者は、喫煙を完全に廃止するという難題に直面していると言う。

業界関係者によると、多くの喫煙者は飲酒時に喫煙をやめることができないと言う。



■引用元
https://www.facebook.com/thejapantimes/posts/10155105229948344


SPONSORED LINK 

海外の反応


・これはフェアな動きだと思うよ。家族連れが来やすい場所は禁煙にすべきだし、居酒屋が喫煙客をつなぎとめておきたいなら、喫煙席を設けておけばいいのでは。

・居酒屋は同時に、受動喫煙によって肺がんになるリスクを負いたくない顧客を排除していることにも気づくべきだ。

・全てのレストランで喫煙禁止にしてほしい。

・僕は喫煙者だけど、他の人が食べてるところで吸わなくたって平気だよ。

・これは店の方針に従って決めるべきだ。オーナーが自由に裁量を持つべきであって、他の人がとやかく言うことではない。

・オーストラリアでは、店の中はどこでも禁煙よ。居酒屋でもナイトクラブでも。

・お酒を飲みに行く人は、自分の受動喫煙の健康リスクも考えておかなければいけないと言うことだね・・・

・法律には従っているんだから、彼らのいいようにさせればいいと思うよ。

・いい居酒屋は、僕のように吸わない人のことも考えてくれているよ。

・たばこ業界にいる僕は反喫煙運動には賛成できない。喫煙は個人の自由だから、配慮がある限りその店の方針に任せればいいと思う。

・煙で食事を台無しにされるのはとても嫌だから、これはいい動きだと思う。

・僕は居酒屋の食事がとても気に入ったけど、中にはたばこの煙が入ってきて気分を害した店もあった。なのでこの動きを歓迎するよ。

・禁煙の居酒屋もあるし、喫煙できる店もある。顧客にどの店を選べばいいのか決めさせればいいと思う!

・喫煙なんていいことないんだから、禁煙ブームにのって店で吸えなくなったら逆にいいことなのでは?

・食事はとても美味しかったけどたばこの煙が気になった店があって、そこの店の食事よりも自分の健康をとることにしたよ。少し残念だ。




ひとこと


海外では意外と歩きタバコを見ません


SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK