56j563j5673j57j67mk6esad



SPONSORED LINK 



概要


なぜ日本人は温泉が好きなのか

温泉とはなんだろうか?

温泉とは、Hot Springのことで、人々は大きな浴槽につかる。

しかし、銭湯というものもある。

銭湯は公共のお風呂で、人々は大きな浴槽につかる。

そう、水がどこから来ているのか分からない限り、全く同じように見えるのだ。

温泉は自然の湧き水から来ていて、一方で銭湯は水道水を使うのだ。

しかし、大阪はいつものように違うことをする。

温泉が銭湯になっている場合がある。

若い時、私の同僚の一人が日本人の彼女と日本に初めて行った時の話をしてくれた。

公共の場で異性同士が裸になって浴槽につかるということに驚いた。

ヨーロッパでは、裸になる場があることは確かだ。

しかし、カナダ人としてはこれはおかしいことだ。

今は、温泉は同じ性別で区切られているが、それでも他のたくさんの人の中で、どうしてリラックスできるのだろうか。

日本人はなんでお風呂が好きなのか。

SHOGUNというテレビシリーズを知っているだろうか。

西洋人が日本で風呂に入ることを強制されるが、拒否するシーンだ。

1600年代、イギリス人は風呂に入ると悪い空気で健康を犯すとと考えていた。

この考えは、瘴気と呼ばれている。

この定説はコレラと黒死病(ペスト)が流行っていた期間に広く普及していた。

でも日本人はこれを間違っていると考えていたようだ。

日本人の風呂の歴史は数千年に渡る。

日本は火山の国で、たくさんの温泉が湧き出ていて、人々が入り始めたのではないかと考えられている。

温泉の歴史が書いてある文書には、寺と宗教的な入浴に関連付けられている。

始めは、僧侶のためだけだった。

そのうちに、自然のミネラルが豊富な温泉に、治癒効果があることが分かってきたので、人々に公開されるようになった。

そうすると、その温泉を独り占めする人が1600年代に出てくる。江戸時代だ。

日本では2つの商業的公共浴場が人気だった。

一つは、江戸にある湯屋。

大阪では、蒸し風呂。

1869年、明治時代が始まった。

公共浴場では性別を分けるように法律が制定された。

新しい浴場は全て性別を分けるようになった。

ある浴場では浴槽を二つに区切り、別のところでは日や時間によって変えたり、また別のところでは一つの性別のみにした。

しかし実際は、混浴もまだ存在する。

なぜならこのような浴場では、法律が制定する前に混浴を行っていたからだ。

1970年代に入ると、日本は経済的に豊かになり、家庭にそれぞれお風呂が持てるようになったので、公共浴場はそこまで頻繁に使わなくてもよくなった。

しかしながら、何で公共浴場はまだ人気なんだろうか。

リラックスするために入る

お風呂でリラックスするということが、おそらく日本人がなぜ公共浴場が好きなのかといううことを説明するのに一番簡単な方法だろう。

古いタイプの湯屋とは違い、最近はスパのような公共浴場が人気だ。

スーパー銭湯がいい例だろう。

お風呂とサウナの他に、マッサージなどが受けられる。

大江戸温泉物語は、子供が遊べる場所、カップルが足湯でのんびりできる場所などがあり、浴衣でみんな楽しんでいる。

旅館でも、温泉の他に、卓球やカラオケなどの娯楽が用意されている。

綺麗になるために入る

日本では、清潔は美しさだ。

公共浴場でも、身体を綺麗にしてから入る。

治療のために入

私が初めは信じられなかったことは、温泉の治癒効果だ。

日本には温泉地を研究している科学者がたくさんいる。

どのミネラルや酸が含まれているかによって、筋肉痛だったり、糖尿病やリウマチに効果がある。

私は何かを治すために温泉に入ったわけではないが、肌がつるつるになったのを感じた。

一緒の風呂で絆を深める

日本には、裸の付き合いという言葉がある。

これは一種のスキンシップだ。

西洋で親と子の抱擁などのスキンシップを推奨されるようなものかもしれない。

安いから入浴する

もしかしたら、安さが日本人が入浴する理由かもしれない。

カナダで治癒効果のある温泉施設に行ったら、軽く$50は超えるだろう。

プールタイプの浴場はあるが、日本の銭湯や温泉とは全く違う。

日本では$10以下で温泉が楽しめる。

ちょっと高級な場所でも、その二倍か三倍になるくらいだ。

食べ物もそんなに高くない。

地元のスーパー銭湯で温泉と夕食を楽しんでも、$20以下で楽しめるのだ。

もしくは・・・日本人が温泉を愛しているのは、動物の本能かもしれない。

野生動物(猿)も温泉を楽しんでいる。



■引用元



SPONSORED LINK 

海外の反応


・清潔であることが美しい。このコンセプトが好きだよ。

・ニュージーランドでも温泉に入るよ。中には商業的なのもあるけど、個人や部族で所有しているのもあるよ。

・日本が大好きで、これをみてますます行きたくなった。

・とても勉強になるビデオだったよ。背景が興味深いね。

・16世紀の西洋が野蛮人文化に見えるね(笑)

・日本での温泉体験は、最高だった。食べ物も、都市も、そして景観も、ただ教わったものとは違っていて、そして温泉に入ることで新しいものに見えてきたよ。

・僕の妻は日本人なんだけど、こうして色々勉強すると彼女の背景も分かってきてとても参考になるよ。

・最初は確かに落ち着かなかったけど、また温泉に入りたいと思っているよ。

・温泉はとてもよかった。ドイツや他の場所に似たようなものがなくて、残念だよ。

・欧米人として、ホテルの温泉を誰もいない夜中の3時に使ったよ。

・僕は誰かと裸で温泉に入るのには抵抗があるよ。でも一方でこれは残念でもあって、裸であると言うこと以外は日本の温泉はとてもリラックスできていい場所なんだ。

・ノルウェーでは、裸で入る場所もあったりすると聞いているよ。僕もサウナは裸で入る。

・あら、温泉は肌をつるつるにするの?入ってみたい!

・僕は銭湯も温泉もとても気に入ったよ。できるだけたくさん行ってみた!

・私は、保守的なカナダ人で、日本に行ったときに温泉に連れて行かれたけど乗り気でなかったの。でも、入ってみてよかったわ。今ではものすごく好き!





ひとこと


風呂が好きというより風呂上がりのふにゃ~とする時間が大好きです


SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK