893w5y80998wu09u09h5



SPONSORED LINK 



概要


おでん:シンプルなのに奥深い

もしもあなたがアジア料理店にあまり行ったことがなければ、おでんへの最初の印象はきっと、不思議なものが入っていて、困惑・・・といったところでしょう。私もそうでした。
ですが、おでんは、驚くべきシンプルさ、そして驚くべき美味しさのものなのです。

おでんとはどんなものか・・・あっさり味のシチューやスープの一種、という説明が最適だと思います。おでんは、ふたのあいた金属鍋の中で煮られます。様々な具ー例えば、豆腐、魚のすり身などが、出汁、醤油、酒とみりんで作られたスープの中に入っています。

客は自分の好きな具材を選び、それを器に入れてもらいます。そして、からしや柚子胡椒、もしくは味噌ソースと一緒にいただきます。
人気の冬の料理であるおでんは、食べるとほっこりする、そして栄養たっぷりのメニューです。

おでんの基礎について見ていきましょう。あなたのおでんとの旅がここから始まります!


簡単な歴史・・・
おでんの最初の形ができたのは、室町時代(1336-1573)だと言われています。その時は串に刺さった焼き豆腐に味噌ペーストが載せられていました。これらは田楽として知られています。その田楽とは、お米の収穫の時期に踊る田楽法師(僧侶)に似ているところからその名を付けられました。時が流れ、それを短縮した”でん”に”お”をつけて、”おでん”と呼ばれるようになりました。

江戸時代(1603~1868)、人々が田楽を醤油出汁で煮るようになりました。おでんは肩に木の棒を担ぎ、片方におでん鍋・もう片方に酒を下げた商売人によってや、屋台で売られる軽食として人気を博すようになりました。

おでんがレストランでも売られ始めたのは、江戸後期から明治初期です。この頃から魚のすり身が多く食べられるようになり、具材の種類が増えだしました。ですが、目覚ましい発展を遂げたのは、1923年の関東大震災の時です。復興のために関西から東京へ人々がやって来ました。

彼らは自身のスタイルの出汁を持ってきて具材を煮込み、炊き出しで配りました。第二次世界大戦でより多くの転居者が増え、違った食べ物と調理方法がもたらされました。それによって、おでんは最初の田楽から違ったものとして確立されたのです。


おでんの種類・・・
日本は地域ごとにそれぞれ名物の食べ物があることで有名ですが、おでんもまた同様です。例えば、日本の南にある沖縄では、出汁は豚ベースで、豚足が具として入っています。富士山が県境にある静岡では、スープは深い色の醤油と動物(ほとんどが牛)の出汁でできています。そして、具材には黒はんぺん(鯖のすり身でできたはんぺん)が有名です。名古屋にある店では、地元の食材である赤味噌、青森では生姜味噌ソースと一緒に食べられます。


どこで食べるか・・・
1:屋台
屋台の数は減っていますが、九州にある福岡市やお祭り会場などではまだ見かけられます。今もまだ、一晩中営業している屋台も少ないですがあるので、もしも見かけたら是非挑戦してみて下さい!

2:レストラン
たくさんのおでんレストランは、屋台だった頃の名残を残しています。時々狭い路地で見かけられ、温かい雰囲気の中、カウンターや立ち食いのスペースが提供されています。そこでは、お腹を空かせた客たちがおでんを囲んでいます。おでんは高級レストランにおいて、洗練された料理として登場します。具ごとの値段表が貼られている場所もあります。

3:コンビニエンスストア
9月初め頃、おでん鍋がコンビニエンスストアのカウンター近くに登場します。写真付きメニューが貼られることが多く、何があるかがわかりやすくなっています。セルフサービスの店もあれば、店員さんが取ってくれるお店もあります。どちらでもいい場合もありますよ。わからなければ、店員さんに聞いてみるのがいいでしょう。

4:家で
具材と出汁がセットになったものが日本のスーパーマーケットで売られています。もっと簡単にしたい場合は、すぐに食べられるおでんパックを買うことができます。

5:自販機
秋葉原に置かれているおでんの自販機は有名です。秋葉原は、アニメと電気の町で、旅行者に人気の場所です。


どうやって、そして何を頼むか・・・
おでん鍋の中身は通常見られるようになっているので、注文は至ってシンプルです。笑顔で指差しするだけでOKです。ですが、よく見えなかったり、具材がよくわからない場合が面倒です。さつまあげはがんもどきに似ていますしね。我々のサイトで便利なおでんの具材リストを作っているので参考にしてみてください。

おでんは種類が豊富です。もしも何を注文するかに迷ったら、大根とゆで卵を試してみてください。これらは最も人気のある具材です。こんにゃくは食感の経験として、面白いと思います。きんちゃくは豆腐と餅という、日本らしい食材を両方楽しむことができます。そして、魚のすり身系であるちくわ、さつまあげなどはマシュマロのような食感でしょう。

いくつかのお店では、醤油味の出汁に加えて、味噌ベースの出汁が出されます。これは是非比較のために注文してみてください。
食いしん坊になるわけではありません・・・単におでんの歴史的なルーツを探索しているだけなのです。



■引用元
1


SPONSORED LINK 


海外の反応


・おでん!!私の大好物だよ!




・私が河口湖に行ったとき、おでんを何回か頼んだわ。美味しかったな。




・この美味しい、おでんと呼ばれる食べ物・・・私も大好きよ!日本のご飯はなんでも美味しすぎてアンフェアよ!!




・う~ん、もう少し味にパンチが欲しいなあ。個人的に。




・食べたことあるけど、私が食べたのは微妙だった・・・。




・私、日本のものはたいてい好きよ。もちろん、おでんも!




・う~ん、美味しそう❤日本食、大好き。




・おおおっ、なんて美味しそうな食べ物なんだ!!




・おでん、大好き。美味しいんだよね。




・日本の冬の食べ物だよね~。




・よだれが出ちゃう~(笑)




・おでん、食べたいなあ。お腹が空いてきた!!




・おでんが恋しいよう。




・おでんって、本当に美味しいよねえ・・・(涙)




・へえ、食べてみたい!すっごく美味しそう。


ひとこと


おでんは玉子とじゃがいもが好き


SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK