tynrmu64543q467o



SPONSORED LINK 



概要

横綱・日馬富士の飲酒暴行を親方が認める

大相撲横綱・日馬富士が酒席の場でモンゴル出身のライバルである貴ノ岩に重傷を負わせ入院させたことを日馬富士の親方が認めた。


伊勢ケ浜親方のコメントは公の場でこの事件を認める最初のものであった。

スポ日の報道によると、10月26日、日馬富士は、鳥取巡業後のモンゴル出身力士の集まった宴席で貴ノ岩の態度に腹を立て、ビール瓶で殴ったとされている。

日馬富士はこの問題への対処に対して消極的であったが、後に10回目の優勝をかけた九州場所を休場する手続きを行った。


日馬富士は「貴ノ岩のけがに関して、彼の親方と日本相撲協会、そして私の親方に大変迷惑をかけたことを深くおわびします。」と謝罪。

日本相撲協会は、貴ノ岩が脳しんとうや頭蓋底骨折などの病名で11月5日から9日まで病院に入院していたと発表した。

日本相撲協会の幹部は福岡国際センターで日馬富士と二人と対面した。危機管理委員会はこの事件を調査するが、九州場所の間は処分を下さないとしている。

一方、貴ノ岩の親方である貴乃花は、鳥取県警の事情聴収を済ませたと言っている。

この二人の相撲力士はトップの階級である幕内で活躍している。日馬富士(33)は2001年の初場所がデビューであり、9回の優勝を誇る。

2012年9月に日馬富士は横綱に昇格し、モンゴル出身の力士として朝青龍と白鵬に続く三人目のトップ力士となった。


今年二番目の優勝を狙っているにもかかわらず、福岡では連敗を喫した。

横綱鶴竜は既にけがのため休場しており、13日残る今場所で横綱は稀勢の里と白鵬のみだ。


「日馬富士は先場所で横綱として責任感ある相撲を見せてくれたのに、こういうことで休場を余儀なくされたのは残念だ。盛り上がっている本場所に水を差された。」とNHKアナウンサー杉山邦博氏は述べた。

この事件は、伝統的な競技がまだ暴力やいじめに関するスキャンダルによって汚されたという評判を改善していないことをファンに思い出させ、日本中に衝撃波を送った。


2010年、モンゴル出身の横綱朝青龍は、一月の初場所の途中で東京のナイトクラブの外で男性を襲ったとの申し立ての後引退したが、酔っ払いの喧嘩に対して直接コメントしなかった。 2007年6月、警察は、時津風親方と三人の力士を17歳のビール瓶、木製の棒や、金属バットを使用して死亡させたとして逮捕した。この若い力士は、外傷によるショックで死亡した。




■引用元



SPONSORED LINK 


海外の反応


・これはきっと相撲力士としてのキャリアの終わりだ。残念だ。

・いじめは日本のどの場所でも見られる現象だね。

・言いたくはないけど、これが日馬富士の引退に繋がると思う。

・日馬富士好きだったのに。このニュースは残念だ。

・これが嘘だったらよかった。本当に恥ずかしいことだよ。

・こうやって謝罪して何でも解決すればいいけどね。

・こうやって日本のマスコミは外国人力士の不祥事を報道しているように思えるけど。

・日馬富士は相手の失礼な態度にカッとなっただけでないのかな。

・相撲力士の不祥事はよくあるよね。

・ああ、応援していたのに、これは呪いかな。

・最も尊敬のできる力士だと思っていたのに!

・ショッキングなニュースだ。残念だね。

・これで日馬富士が抜けてしまったら、好きな力士が減ってしまう。

・これは先月の事件だけど、何で今報道されているのかな。

・これは本当に残念なニュースだね。こういう問題が起こらないといいのに。



ひとこと


滅びろ体育会系


SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK