87t87t78y87y8yxcgvhb



SPONSORED LINK 



概要


トヨタのRolls-Royceが半額で ―2018年発売センチュリーの注目Top10

これは新しいトヨタセンチュリー。

トヨタのRolls-Royceのゴーストと言えて、その半額で手に入ります。

1.スタイル

70年代を彷彿させるスタイルです。

大きくてしっかりしていて、主張の強い外観。リムジンのようです。

2.伝統

トヨタセンチュリーは1967年から発売されています。初代は30年続けて生産されました。

1997年に二代目ができました。日本の皇室がこのスペシャルバージョンを公用車として利用しています。

3.動力

オリジナルの車は、日本の車としては唯一V型12気筒エンジンを使っています。

これはハイブリッド式を利用していて、レクサスL608から受け継がれているものです。

400馬力を誇る車です。

4.インテリア

センチュリーは、少しオールドファッションな運転席になっています。

計器はデジタルスクリーンで、中央のスクリーン等はボタンで操作できます。いい意味でオールドファッションです。

5.ウール

センチュリーはウールのシートでできています。

日本では快適な座り心地でが好まれていて、ドアの壁もウールで覆われています。

6.快適さ

特別なタイヤを装備し、エンジンは振動を抑えるようにできていて、心地よいドライブを保証しています。

7.スペース

Sクラスとしては長く、ほぼRolls-Royceと同じ大きさです。

後部座席はゆったりとしていて、助手席をたたんで足を延ばすこともできます。VIPとそのアシスタント用です。

8.ラグジュアリー

後部座席には電動マッサージもあります。後部座席からすべてLCDパネルでコントロールできます。物を書ける机、DVDライブラリ、スピーカーはプレミアムサウンドシステムです。

9.プライバシー

カーテンを閉めてプライバシーを保つことができます。LEDヘッドライト、そしてセキュリティシステムも導入されています。

10.限定性

年にたった6000台のみ生産されます。値段は換算して£`100,000です。特別な工場で生産され、一台一台手で作られます。紋章はハンドクラフトです。



■引用元



SPONSORED LINK 


海外の反応


・とても面白い形で古いスタイルが受け継がれているね。僕は好きだな。

・1967年からほぼ同じスタイルなままだけど、最新の技術も導入されているね。

・僕はずっと、昔のエンジンが搭載されているセンチュリーが欲しかった。これは夢の車だよね。

・センチュリーはとてもユニークな車だ。見せびらかすためにあるのではなく、快適でリラックスできて、安心できる車を追及している。

・センチュリーは独特だから、Rolls RoyceやBentleyのような車と比較できるものではないと思う。

・Lincolnに似てるよね?

・革のシートでないのがいいわ!

・Rolls RoyceやBentleyよりも、シリアスに見えるよね。これが来たら、ジェームスボンドが出てきそう。

・なんでセンチュリーって呼ばれるのか今は分かる気がする。外観が一世紀前(センチュリー)みたいだよね。

・ウールのシートが皮よりも快適なのはよくわかる。特に夏とか。

・日本のRolls Royce? 馬鹿を言わないで。これはヨーロッパの車のようにラグジュアリーや傲慢さを追求しているのではないよ。日本の美学を追求した車だ。

・これはとても美しい車だけど、個人的にはオリジナルの方が好きだな。

・100%、このセンチュリーの質を保証するよ。Rolls RoyceやBentleyよりもずっといいはずだ。

・この少し古いラグジュアリーのセンスが気に入ったわ。私もこんなのに乗ってみたい。

・Rolls Royceよりもカッコいいよ!ウールのシートもとてもいい!



ひとこと


のってみてーーーーーーーー!!!!!!


SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK