898y89989y8uyxf



SPONSORED LINK 



概要


日本における様々なルール


日本のことを不思議で、変わった、理解できない国だと思っている人々がいます。日本の人々の行動は一体、どこから来ているのでしょうか?

いったん、それが全てルールに基づいているとわかってしまえば、日本とその人々はそこまで理解しがたくはありません。それを知れば、日本での時間はとっても簡単なものになりますよ。

日本には、明記されているルールとそうでないルールがあります。でも心配しなくて大丈夫、これから説明していきます。



歩道でのルール

先ずは簡単なものから。歩道で歩くのは左右どちらでしょうか。答えは、車と同じです。左が走行車線、右が追い越し車線です。世界の35%の国、特に大英帝国に関連する国では同様です。


歩く時は、右ではなく左を歩きましょう。このルールは歩く時以外にも応用されます。例えば、エスカレーター。立ち止まって左側に乗りましょうただ、大阪は違います。彼らは、違ったことを好むので、逆側に乗ります。階段も同様です。左側を通りましょう。


交差点では、人それぞれですね。大事なことは、自信を持って進むことです!



神社でのルール

次は、神社での動きについてです。神社は鳥居があるところです。鳥居は、聖なる場所と俗世間の境界です。鳥居の中に足を踏み入れると、それはあなたが神の地に入るということです。ここでの作法は、入る前に一礼。また、中心は神様の通り道なので、端を歩きましょう。鳥居の周りを歩くとどうなるのでしょうか?・・・不確かですが、何らかの抜け穴なのかもしれません。


もしも明治神宮へ行って、写真やビデオを撮る場合は三脚を使ってはいけません。


また、神社にある美しい水のある場所(手水舎)ではどうしたらいいのでしょうか?

ここでは、禊を行うことができ、心と体を清めることができます。これは元々、海や川で裸で行っていたものですが、今では手と口を洗うだけで十分になったのです。


先ずは左手、そして右手を洗います。それから左手を使って口をゆすぎます。残ったお水で柄杓をゆすぎます。これをひとすくいのお水で行うのです!

では、神社でお参りをする時はどうするのでしょうか。最初にお賽銭を投げます。次に、挨拶として鐘を鳴らします。二礼二拍手をして、手を合わせ、お祈りのために礼をします。



お寺でのルール

仏教のお寺になると、ルールは全く違います。神社ほど厳しくはありません。ただ、ここでは拍手はしません。なぜかはわかりませんが、とにかくしないのです。


神社とお寺を見分けるにはどうしたらいいでしょうか?神社は必ず鳥居がありますが、お寺にはありません。ただ、お寺にも鳥居がある場合があります。例えば浅草寺のように同じ敷地内に神社があることがあるのです。


お寺では、自身をお香の煙で清めることができます。煙を体中に浴びることはいいことなので・・・きっと吸い込んでしまうのも、いいことなんでしょうね!??

だからこそ、ポルトガル人が1543年に煙草を伝えた時、日本人がそれを吸ったんだと思います!



煙草のルール

他の先進国とは違い、室内での喫煙が日本ではいまだによくあることなのです。そして、東京の至る所に外の喫煙所が設置されていますよ!


ですが、歩行喫煙は禁止されており、路上などにその標識が表示されています。外で喫煙をする場合には、喫煙所でしましょう。室内であれば、それぞれの場所のルールに従いましょう。



自転車のルール

話を歩道に戻します。歩道は歩行者のものなので、自転車はだめです。車道にある自転車レーンを走りましょう。と思ったら、車は人力ではないので車道を走りますが、自転車は人力なので、車道も歩道も走れるようです。


いくつかの歩道の中には、自転車レーンを作っているものもあります。全然ルールを守らず自転車レーンを歩く歩行者もたくさんいますが・・・。横断歩道には、さらに分かりやすい自転車レーンが設けられています。でも、あまり誰も気にしていなさそうです。


ですが、人々は駐輪ルールにはちゃんと従うようです。駐輪禁止の場所には、誰も駐輪していません。・・・たまにルールに従わずに駐輪されている自転車がありますが・・・その自転車は回収されてしまいます!



三角コーンのルール

日本人は路上に置かれる三角コーンが好きです。コーンが置かれている場所には、自転車も入ろうとしないのです。

三角コーンは自転車以外でも、至る所で使われます。コーンが置かれるというのは、注意、という意味があるのです。立ち入り禁止の場所や、自販機を使う人・使わない人を分けるため、また工事現場の周りにも置かれます。夜になるとライトアップもされます!

コーンが置かれていると、日本人はそこには近寄らないのです。



行列のルール

もう一つ、簡単なルールを。行列があったら、そこに並びましょう。特に、近くに食べ物屋さんがある場合は。きっとそこは美味しいはずですから!?



電車のルール

電車を待つ時に列に並ぶのはいい考えです。電車が駅に着いたら、降りる乗客を先に行かせてから乗ります。

電車における携帯電話のルールです。優先席付近では携帯電話は使いません。これは暗黙のルールですが、それ以外のエリアでは他の人間を見るのを避けるためにみんなが携帯電話を使わなくてはなりません!?(みんな携帯をじっと見ています)



土地利用のルール

面白いことに、ビルに対しての土地利用法にはたくさんのルールがありません。なので、とても小さな建物の隣に巨大なビルが建つ、ということがあり得るのです。


様々な用途利用が許されている土地がたくさんあり、神社や小さな商店、学校、オフィスビル、会社、高層ビルなどが幸せに共存しているのです。


また、どんなサイズの建物でも建てられますから、細くて高いビルも、小さな建物も建てられます。細い路地に入っていくと建物がずらり、ということもありますよ。

デザインの基準もありませんから、結構クリエイティブなデザインのビルにもお目にかかることができます。



公園のルール

ビル同士の間は狭く、多くの人々がビルの上の方の階に住んでいますから、騒音の鳴るような趣味をすることは難しいです。ですが、ありがたいことに、公園なんかでそれをすることができます。


いくつかの公園では制限がありますが、割と寛容な公園もあります。巨大な代々木公園も寛容な方ですが・・・サッカーは禁止だそうです。なぜでしょう!?でも、ギターを弾いたり、ダンスの練習をしたり、演技の練習をしたり、ジャグリングをしたり・・・公園では色々なことが楽しめます。


でも、もちろん”花火禁止””犬のフンの始末をする”などのいくつかのルールには従う必要があります。また、鳩に餌をやらない、というルールも。なぜなら、鳩は洗濯物にフンをしてしまいますからね。ですが、鳩が自身で食べ物を取る場合は、問題ありません。


ゴミを持ち帰る、というのもいいルールです。たいてい、誰もがこのルールに従っています。


僕のお気に入りのルールは、包括的なものです。”他の人の迷惑にならない”ーこれは、日本の中でも黄金律だと思います。



食の安全におけるルール

いくつかの公園はたき火が禁止ですが、屋台などでは外で火を使うことが許されています。

土地区画法のように、食の安全についての法律もまた、アメリカやカナダに比べて、そこまで煩わしさがありません。席数が少ない小さな店舗や1つの種類の食べ物に特化したお店は、屋台や道に隣接した場所での営業が許されているのです。



ランニングのルール

ランニングは日本でも人気のスポーツです。東京にある皇居では、反時計回りに走るというルールがあります。が、それに逆らう人もいますね・・・。また、足を露出しない、という暗黙のルールもあります。



日本におけるルール

ルールは、僕がとても楽しんでいる、日本での生活の一面です。

これは、便利、清潔、そして安全な国であるためなのものです。


最後に日本における究極のルールの1つをお教えしましょう。それは、”もしもみんながしているのなら、やってもたぶん大丈夫”ということです。



■引用元



SPONSORED LINK 


海外の反応


・日本には3つ種類のルールがあると思う。破れないルール、破れるルール、そして破るべきルール!たいてい暗黙のルールが真のルールで、破れないんだよね。





・とても役立つ情報だった!!





・こういうことを知りたかったんだ!ありがとう。





・面白い国!いつか日本へ行ってみたいなあ~。





・郷に入らば、郷に従えってね!それって、どこにでも通じるよね。





・日本に旅行してみたい!すっごく素敵な場所っぽいんだもん。





・すっごい変な感じなんだけど、イギリスと日本って、似てると思う。一般ルールと社会的ルールがすっごく似てるんだ。





・↑ 確かに。イギリスに4年間住んだことがあるけど、ちょっと日本っぽいなって感じたよ。でも、一番大きな違いは、個人主義と集団主義どちらに重きを置くかってことじゃないかな。イギリスでは自分の夢を追っかけるだろうけど、日本では自分の属しているグループのためにすべてがあるんだと思う。でも、ルールに従うこと、働き方、みんなの前での争いを避ける、っていうのはどちらの社会でも大事なことだよね。





・ヨーロッパにもルールがあるけど、日本みたいに厳しくないわ。





・日本の中身を見たって感じで、素晴らしい内容だった。





・日本って、美しい場所だな。訪れたいなって、思った。





・違う文化の日常の出来事・姿を見られる、知ることができるのっていいよね。





・日本のことが羨ましい!自分の国のことが少し嫌になってしまった(汗)。





・アメリカが日本みたいにもっと平和だったらなあ・・・。





・もうすぐ日本に引っ越すんだけど、このビデオを見たら、さらにわくわくしてきた!!





・日本の人々が公共ルールに従う様子は素晴らしいね。





・歩くのが左側なの!??まじで!??信じられない!!





・ルール大好き!アメリカでも、もっとたくさんの人がルールに従ってくれたらいいのに。自由と野蛮な行いはイコールではないもの。





・”便利、綺麗で安全”。日本に行った時、私もそう感じたよ。





・ルールって、素晴らしい!!





・日本って、まるでファンタジーみたいに美しい。知的で、礼儀正しい人々がいて、伝統と現代的なものがいい感じに混ざっていて、たくさんの自然があって、犯罪もあまりなくて、とても安全な国・・・日本に引っ越すか、定期的に訪れることができたらなあ。



ひとこと


大阪の人怒りそう


SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK