79t7t78t87t87tzdxfghjh



SPONSORED LINK 



概要


かなり生々しい:ロブスターの寄せ鍋 ―シーフードと野菜の鍋

今回は寿司シェフのテラダ ヒロユキ氏に鍋料理の寄せ鍋の作り方を見せてもらおう。

材料は、ロブスターと鯛、青梗菜、白菜、春菊、だし昆布、シイタケ、エノキ、ネギ、豆腐、しらたき、つみれ。

今回は魚の出汁を使うが、水を使ってもよい。

まずはまだ生きているロブスターの頭を切って、半分に開く。少し小さめに切り分け、内臓を取り出し流水で洗う。

鯛は鱗を取って、頭を外し捌く。内臓を取ってから、中をもう一度洗う。

頭からエラをとって頭も洗う。身は、下ろしたら骨を専用の骨抜きで丁寧に取り除く。

食べやすい大きさに切り分け、頭も半分に切って、魚の準備は終わり。

野菜やキノコ等も切り、ロブスターと魚も大きなお皿に載せて盛り付ける。

ネギは白い部分は鍋の具に使い、緑の部分をたれに使う。

シイタケは十字模様をつける。

準備は終わり。

魚の出汁を鍋に入れる。昆布を入れて、温める。

まずはロブスターと出汁の出る魚の頭や骨の部分を入れてから、野菜やつみれ、豆腐などを入れる。

沸騰させ、灰汁が出たら取り除く。

全てが煮えたら、春菊を最後に入れ、煮えたらポン酢に入れていただく。

魚もロブスターも野菜も美味しい!

帆立など、他のシーフードを入れても美味しいだろう。



■引用元



SPONSORED LINK 


海外の反応


・生々しいと言うか、かなり美味しそうだよね!

・魚の頭を切り落とす時とか、まるでポークチョップみたいだ・・!

・シイタケの飾りつけがとても面白かった!

・どうやって作られるのか分かるのは面白いね。

・食べてみたい!今すぐ私をその場に連れて行って!

・めっちゃ熱そうだ・・・撮ってるカメラが曇りそうだね。

・僕は今これを食べれないことに憤りを感じている!

・このシリーズを見るのは至難の業だ・・・見た後に食べたくなりすぎて我慢できない!

・ロブスターの血は赤いと思っていた・・・!

・クリスマスシーズンにぴったりな美味しそうな鍋だね!

・魚とロブスターを切ってるナイフがすごい威力だね。

・うわーー、ロブスターを生きたまま切ってるのがショックだーー!

・包丁さばきがカッコいいね。尊敬だ。

・何の野菜か分からないのが多かったから、勉強になったよ。

・職人技をみるのはとても爽快だ。出来上がった鍋はとても美味しそうだね。



ひとこと


新鮮に見えるかグロく見えるか、それは慣れ


SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK