094w5uh09uw9h0uw90



SPONSORED LINK 



概要


花魁道中 江戸時代の衣装を着たパレード

昔、最も位の高い遊女(高級娼婦)である花魁は、15㎝の高さの下駄を履き、彼女たちのお客をエスコートした。

イベントは伝統的工芸品月間国民会議東京大会(Craft Crossings in Tokyo)にて。

遊女の中でも最も位の高い花魁は江戸時代の女性の憧れであった。


髪型は豪華さを演出。特に高下駄は豪華さの象徴。片方で2キロ近くある。

様々な古典、和歌、茶道、琴などの芸事、政治や歴史などの教養が必要とされ、中には外来語を話せた花魁もいた。かなりの教育費をかけられているので、お客もお金と教養がないと会うことはできなかった。


まな板帯と呼ばれる大きな帯も花魁の衣装の特徴。




■引用元



SPONSORED LINK 


海外の反応


・わあ!すごく美しい!

・こんな高いヒールの靴を履いているのを見ると、ハラハラしてしまう!

・高い下駄を履いた若い女性と、それをサポートする男性の図がとても素晴らしいね。

・これはクレイジーなほど高い靴だ!びっくり!

・もちろん、この花魁は文字通り「高いところに立っている」ね。

・パレードは見ていてとても美しいね!

・なんでこの女性が速く歩けないのか分かるね!足元を見てごらん。

・超素敵!みんな綺麗な花魁を見れるね。

・傑出した美しさだね!

・引きずって歩いているように見える・・・歩きづらいだろうね。

・ここで本物のパレードが見たかったわ。

・素晴らしいパフォーマンスだね。

・このスピードで、どれくらいの時間歩いてどこかに行かなきゃいけないんだろう?

・すごい!衣装もきれいだわ。

・こんなきれいなパレードを見れてとても嬉しいよ。



ひとこと


下半身の筋肉強化されそう

SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK