w09u590u09w4h9009uh



SPONSORED LINK 



概要


鍋焼きうどん:簡単に作れるうどん料理


寿司職人である寺田浩之さんが、温かい鍋焼きうどんを作っていきます。

鍋焼きうどんは、冬の時期の日本でとてもよく食べられています。


準備するもの:冷凍うどん(アジア食材店で買えます)、茹でてあるチェリーストーンクラム、天ぷら用のエビ、海苔、卵、ネギ、椎茸、だし昆布、醤油、みりん、塩、ほんだし(顆粒)、ホタテだし(顆粒)



作り方1:天ぷら

先ずはエビの殻をむいて、天ぷらを作ります。殻をむき、背の部分に切り込みを入れ、背ワタを取り除きます。そして、エビの腹側に切り込みを入れて、真っすぐになるように伸ばしていきます。


天ぷら粉に冷水を加えて混ぜていきます。油を300~350°Fまで熱し、エビを天ぷら粉を溶かした液につけてから油に入れていきます。触った時に、からっとしていたら出来上がり。ペーパータオルの上に置きます。次は、焼き海苔を天ぷら粉につけて、同様に揚げていきます。

この天ぷらは、うどんの上に載せることになります。



作り方2:うどん

鍋にすべての材料を入れていきます。だし昆布、貝を数個入れていきます。それから水を加えます。そして火を点け、沸騰するまで待ちます。

待っている間に、ネギを切ります。白い部分には切り込みを入れます。

椎茸の頭の部分にばってんの切り込みを入れます。また、かまぼこを切っていきます。


沸騰したら、冷凍うどんを入れます。お湯に入れるとすぐに食べられるようになりますよ。

そして、醤油、みりんを入れます。醤油を入れすぎると茶色になってしまうので、その代わりに塩を入れます。椎茸をいれることで、さらに味に深みが出ます。ネギも入れます。お好みで塩を足しましょう。


今回使った土鍋はアジアマーケットで17ドルでした。


しばらく煮込んだ後、卵を入れて、蓋をします。1分ほど待ちましょう。


エビの天ぷら、海苔の天ぷらを載せたらできあがりです。

お好みで好きな野菜や鶏の天ぷらなどを付け加えても!今回は七味をかけていただきます。



■引用元



SPONSORED LINK 


海外の反応


・うどん、美味しそう!!





・作り方がシンプルにわかって、よかった!





・エビのさばき方がうまい!すごいなあ。





・見てたら、お腹がすいてきた・・・。





・料理の作り方を学べて、嬉しい!





・すっごく美味しそう!!家で作りたい!





・鍋焼きうどんが世界で一番好きな食べ物だよ。





・説明も分かりやすくて、よかった!美味しそう。





・とても日本ぽくて、とても美味しい一皿だよね。





・素晴らしい!!!





・いいなあ、美味しそう・・・私も食べたい!





・あああ、私も作ってみたくなった!天ぷらといえば・・・アイスクリームの天ぷらを食べてみたい!





・うどん大好き。毎日でも食べられるよ。





・信じられない、めちゃくちゃ美味しそうじゃないか!!!なんだ、この食べ物は!!





・芸術的な食べ物だね。



ひとこと


猫舌殺し


SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK