uyfuyuyg7887756s457r687



SPONSORED LINK 



概要


日本人ハーフの幅広い経験を捉えるミッション 192の写真

日本人の父とベルギー人の母を持つ、写真家テツロー・ミヤザキは多言語多文化の環境で育った。

「妹と私はブリュッセルでオランダ・フランス語のバイリンガルとして育ち、父は私たちに日本語で、母は私たちにオランダ語で話し、二人はフランス語でコミュニケーションを取っていました。」


彼は39歳で、夏休みは日本で過ごし、土曜の学校では父親の文化と接する機会を持っていた。

これらの文化的立場が、彼を ‘Hafu2Hafu’ という、二文化の日本人のポートレートを集めるプロジェクトへと駆り立てた。


「日本人のハーフでアムステルダムに住んでいる写真家として、私は個人的なプロジェクトを通して自分自身を人々に会ってカメラを手に取るように仕向けたのです。」

彼は、オランダ人ハーフとして話し始めた。

「これらのインタビューを通して、私が最後に聞きたいことは、「他の日本人ハーフに対して何を聞きたいか」ということです。」


彼は、幼い時にサッカーの試合をした時のことを思い出した。皆それぞれ自分の国を代表すものを選んだのに対し、「君はベルギーを選べないよ!だって日本人でしょ。」と言われたのだ。彼は今、これをルーツが混ざっていない人に彼のプロジェクトへの繋がりを説明する際の例として使っている。]


「私のベルギー人とオランダ人の友人のほとんどは、自分たちのサッカーチームへの忠誠に何の疑問も抱いていませんでした。しかしながら、ルーツの混ざった人にとっては、いつも正しい答えを考えなければならない問題です。大きなことではないかもしれませんが、私たちは常に自分の選択について、守って議論することに多くの時間を費やさなければいけないことに気づいているのです。」

オランダ人ハーフの仕事のあと、ミヤザキは野心的な計画を思いついた。片方の親と、その他の国の親を持つハーフの人を写真に撮ろうというものだ。


「主権国家は193あるので、192のコンビネーションがあるということです。日本人ハーフがどのように異なるのか、そして日本人ハーフという側面が私たちのアイデンティティにどのように影響するのでしょうか。」


ミヤザキは、彼らの個人的な感情を聞き出すと、彼らにはそれぞれ特有の話がある一方、交通したテーマが浮かび上がってきたと言う。


「一つは、何に属するかという感覚についてです。私が衝撃を受けたことは、ほとんどのハーフの人が感情移入する能力に高いということです。二つの言語、言語でないコミュニケーション、文化の背景、そして時には宗教の違いを解釈しなければいけないということは、多くを必要とするのでしょう。」

日本で育った人へのインタビューは、時として二文化を背景に持つ人々がこの単一民族社会で遭遇する態度と相反することがある。


「日本で育った人も、外国で育った人も、日本人に帰属したいという気持ちを他よりも強く持っています。しかし、これは日本で育つとより‘傷つく’ものとなります。日本の文化や言語をよく理解していても、日本人は彼らを日本人としてみなさないことがよくあります。」


「他の違うとしては、もう一方の親がどこの出身であるかです。それによって、日本で育とうが他の国だろうが、とても異なった経験をしています。」

日本人の二文化背景をもつ子供を持つ外国人の親の中には、「ハーフ」とラベル付けされる含意を嫌い、「ダブル」だと主張します。しかしながら、ミヤザキは二文化背景をもつ大人はこの視点を持っていないと言う。


「中にはハーフと呼ばれることを嫌う人もいますが、ほとんどはそれを受け入れています。嫌悪はハーフと呼ばれるのを嫌う親から来ているということも驚きでした。」

192の写真と同時にミヤザキは‘Hafu2Hafu’が、世界中のハーフの人が声を上げ、ハーフの人同士、彼らの家族や友人との会話を促進するものであってほしいと願っている。

「私は多文化の背景を持っていない日本人もこの疑問に目を向け、ハーフの人と繋がり、彼らのパーソナリティを知ってほしいと思っています。」



■引用元



SPONSORED LINK 


海外の反応


・すごくいいアイディアだね。僕の上の息子は僕に似ていて、下の息子は日本人の妻に似ているよ。

・これはユニークなアイディアだね。

・美しい話だわ。こうやって理解が進むといいわね。

・これを前から知っていればよかった!私の母は日本人よ。

・多文化への理解が進むきっかけになるといいね。

・僕の子供たちはハーフでなくてダブルだ。

・こうやって行動できるのはカッコいいね。

・ハーフとダブルについての意見は面白いね。個人的にはダブルの方がいいとは思うけど。

・誰もハーフではないと思うけど、二文化で育った人たちの写真を撮るとうプロジェクトは素晴らしいね。

・僕は日本人と北欧のルーツを持っていることを誇りに思っているけれど、誰もがハーフではなく、アイデンティティは文化に影響されるのではなく、そもそも自分たちのキャラクターから成っていると思う。

・私はポーランド人と日本人のハーフで、周りにハーフをそんなに知らないからこのプロジェクトはとても興味深いわ。

・僕はフランスと日本のハーフで、小さい頃はどちらにいても部外者として扱われて苦しんだけど、今は気にしない。僕は自分自身で、自由だ。

・どうやら友達の両親のコンビネーションはまだ撮られていないみたい。友達に紹介してみよう!

・うーん、分からなくはないけど、何で日本人はこのアイディアにそんなに固執するんだろう。やっぱり単一民族国家だからかな。

・多くのハーフの人たちが、自分たちの背景をしっかり主張できない感情を抱いていると思う。これはとてもいい取り組みだ。




ひとこと


イケメンじゃないハーフはマジで辛いってハーフ芸人が言ってたような

SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK