w540h0h9wjjsriosnrionos




SPONSORED LINK 



概要


日本人学生が髪の黒染めを強要した学校に対して提訴

日本の10代の学生が、学校から髪を黒く染めないなら授業に参加させないとされたとして、大阪府を訴えた。


この18歳の学生は元々茶色い髪をしており、髪を黒くするよう繰り返し強要され、精神的苦痛を被ったとして220万円の損害賠償を求めた。

彼女は繰り返し行った髪染めの影響で頭皮がかぶれたと訴えている。

彼女の母親は懐風館高校に娘が元々茶色の髪をしていることを述べ、全生徒が黒髪でなければならないという校則を破っていないことを伝えていた。


しかしながら、教師はこの生徒に黒髪に染めるよう指導し、染めないなら授業に参加させないとした。さらに、茶色くなってくるとまた染めるようにさせたと日本のメディアは伝えている。


教師は彼女の母親に、金髪の外国人留学生にも染めるようにさせていると伝えたと報道されている。

その生徒は髪染めの影響で痛みとかゆみに悩まされ、昨年9月から学校に来ていない。

大阪府側は請求棄却を求めた。

この裁判により、髪の色やメイクやアクセサリーの禁止、生徒のスカートの丈を定める日本の学校の厳しい服装規定が注目を集めている。


東京の高校に対する今年の調査では、生まれつき明るい色の髪をしている学生のほぼ60%がその証拠を求められたとしている。朝日新聞の調査によると170の学校のうち90が彼らの幼少期の写真を持ってくるか、中学校に髪色を染めていないことを証明するよう生徒に求めたとしている。

懐風館の校長は裁判に関するコメントは控えたが、学校は生徒に髪を染めることを禁止していることを認めた。彼は茶色の髪を黒く染めることはこの規則に違反するかについては言及しなかった。



■引用元



SPONSORED LINK 


海外の反応


・なんてクレイジーな校則なの!ピンクやグリーンやレインボーカラーに染めてはいけないっていうのは分かるけど、それでもこの年代の子たちには関係のない話だわ。

・日本の教育はいじめで有名だわ。このかわいそうな生徒には、成績や学校生活にこんな影を落とされるべきではなかったわ。

・髪を染めてはいけないから、彼女は茶色い髪をしてはいけなかった・・・校則自体に問題があるようね。

・髪色に関しては、服装規定というよりかは民族のダイバーシティに反する恐怖になりかねない。これはどう考えてもおかしい!

・これは別次元の狂気だ。僕は制服には反対派だけど、それでもアクセサリーやスカートの丈はまだ理解できる。でもメイクや髪色になると、行き過ぎだと思う。

・みんなこれを人種差別と言っているけど、日本は日本人しかいない国で、みんなが同じような特徴なんだ。だから、日本の社会にはこれをおかしいと思う考えが欠けている。これこそが問題だ。

・こんなことをするから日本は人種差別で閉鎖的で他のものを受け付けない国だと思われるんだ。

・私はイギリスの学校に通っていたけど、そこの校則もそんなに変わりがなかったわ。スカートの丈はかなり厳しく制限されてた。


↑分かるけど、これは生まれつき茶色の髪を黒くするように強要したという、別次元の狂気だよ。

・髪は黒くなきゃいけなくて、しかも髪は染めてはいけないの?矛盾している。

・日本に五年住んでたけど、本当に真っ黒な髪の人ってそういないわよ。これはおかしい問題よね。

・日本の政府が、生まれつき茶色の髪を持つ人が髪を染めなければいけないという規則が馬鹿げていると理解するだけの能力があることを祈るよ。

・これは本当にがっかりする話だ。日本は、出る杭は打たれるという文化だから、これをおかしいとは思わないのだろうか。

・なんで全員が黒髪でなければいけないの?なんて馬鹿げたルールなんだ。それがそんなに重要なことか?

・外国人留学生でさえも髪を染めるなんて、それって行き過ぎだよ!しかも黒髪であることと髪を染めてはいけないことが矛盾している!

・これは日本のいじめ問題の典型だ。自身の純粋さ、正当さを誇張するために奇形として生みだされた残酷さだね。




ひとこと


高校時代の同学年にも生まれつき茶色い人がいましたが先生にいじられてましたね。強要されることはありませんでしたが。

今では当時より暗めの茶色になっています


SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK