68t78t78t78t87



SPONSORED LINK 



概要


日本の僧侶が仏教テクノ寺院を作る


近年、テクノが精神的なものの一端を担っていることは気付かれつつあります。

テクノ・メディテーションからクラブが愛情を込めて”教会”と呼ばれることにおいて、そこにはたくさんの相容れなさが存在します。


分けて考えられがちな2つの事柄ですが、少なくとも仏教のDJ僧侶・朝倉行宣の努力のおかげで1つになることが実証されました。


福井市の照恩寺で働く49歳の僧侶は、”テクノ法要”を始めました。目を見張るような見た目と、禅の美しさ、アップテンポのIDM風のエレクトリックな音楽がマインドフルネスの境地へ導きます。




■引用元



SPONSORED LINK 


海外の反応


・仏教の僧がテクノを唱えるのか・・・!すごいな・・・!!





・う~ん、どちらもまったく同じ働きをするもんね。愛のために空間を作るっていう!





・仏教とテクノが両立するかはよくわかんないなあ。どうなんだろう!??





・すごくかっこいい!





・いやいや、仏教は尊敬の念の元に成り立っている。行動の中にも、話しの中にも、マインドフルネスで溢れている。テクノって、正反対って感じがするけど。





・アイディアがいいね❤神はテクノの中にもいる~!!





・南無妙法蓮華経にビートを感じる!





・未来に向けてのいいアイディアかも!??





・来年、日本に行こう!!





・人材募集してないかな!??ここで働きたい!





・ここでパーティしたい!っていうか、メディテーション!!





・音楽って、やっぱり最高!!





・お祈りの時間だーーー!!!





・↑ かっこいいよね!!昔、僧侶とパーティしたことあるんだけど、すっごい最高だった!!





・すっげええええ!!!素晴らしい!





・魂を感じる!





・おれたち向けの宗教じゃねーか!うぇーーーい!!



ひとこと


こういうのなら寺行きたくなりますね。お寺に派手さを求めるタイやミャンマーでもウケそう


SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK