w4589uh09wu4h90u



SPONSORED LINK 



概要


ジャパノロジープラス 学校の給食

給食は子供たちの食事に重要だ。栄養は良く計算されていて、みんな大好きだ。

これは教育という点でも重要だ。

今回は給食についてをお届けする。なぜ給食はそんなに注目を集めてきたのだろうか。

小学校の給食を見てみる。

給食は子供たちに健康的な食事を与え、栄養士が献立を考え、味も良い。

給食の背景を見てみよう。

まず、気を引いたのは子供たちのマスク。

これは菌を食べ物に入れないためだ。

皆が揃うと、「いただきます」をして食べ始める。

給食の準備を見てみよう。

給食は月4000円、つまり一食200円で賄われる。

学校には栄養士がいて、一食の栄養を考えるのだ。

「同じ食材が並ばないようにしています。ご飯は必要ですが、飽きないように工夫します。」

衛生は良く管理されていて、資格を持った調理師のみが給食を作れる。

まず、調理師は手を洗う。爪や肘までしっかりとだ。


食材には熱をよくかける。85度を1分以上と決まっていて、温度と時間を記録しなければいけない。

30分前に栄養士は校長にまでサンプルを運んで、校長が味を確かめる。

これは全ての学校で同じだ。

校長は言う。「30年前に、砂糖と塩を間違えたパンが出たことがあった。そのため、最終チェックとして試食をすることにしている。子供たちには季節の食材を感じてほしい。ただの食べ物でなく、楽しんでほしいと思っている。」

子供たちが給食の食材を用意することもある。子供たちに何が入っているかを学ばせるためだ。

給食ができたら、給食当番がエプロンを付けて配膳する。給食では箸が使われ、食事のエチケットを学ぶ場でもある。

子供たちに給食について聞いてみよう。

「入ってる野菜が多かったり、味が全然違う。」「片付けができるようになった。」

食事が終わると、各自は食器を戻して、当番は牛乳パックを洗いリサイクルへ。

給食はライフレッスンでもある。これが日本の教育だ。

給食のエキスパート、中西さんに話を聞いてみた。

彼女は学校を訪れ、栄養データ等をを集めている。

「給食では、ただ食べるだけでなく、給食当番があり、それぞれに役割があります。片付けも含まれていますし、給食を通して食事を楽しむことも覚えられます。」

「栄養士の役割は大事です。法律でも役割が決められています。それぞれの学校には栄養士がいて、管理しています。」

1889年に給食が現れた。この当時は弁当であった。

戦争が始まると給食が止まってしまったが、戦争が終わると、米国の援助で給食が始まり、子供たちが学校に来るためのモチベーションとなった。

1952年、米国の食糧援助が終わった。日本中の両親たちは給食を止めないよう運動を起こし、教師の団体も加わり運動は大きくなった。

そして、給食に関する法律が制定され、食習慣を改善するため、給食システムが確立した。

1960年代、経済成長につき欧米の食事がレストラン等で人気となったため、給食も欧米式になった。

しかし、1970年代になると米食が復活し、週に3日はご飯に。従来の日本食が強調された。

1950年代の給食

クジラのフライ肉とパン

今では日本人も滅多に食べることがないが、当時は食べるものがなく、クジラ肉はよく出された。スキムミルクも出されている。

1960年代

パンだけではバラエティが少ないので、小麦から作られたソフト麺も出された。カレーと麺を一緒にして食べる。味は悪くない。

1970年代

もっと日本食らしい。戦後はこの時代までずっとパンだったが、ここでご飯が現れた。欧米化が進んで、コメ離れが進んだため、給食で復活することになったためだ。本物の牛乳も登場する。日本食にはカルシウムが少ないため、牛乳が出されている。

プラスワン

給食のレストランがある。訪れてみよう。

内装は学校のアイテム、ランドセルや帽子が飾ってある。。

3つのメニューが用意されている。

ソフトめんとミートソース。

揚げパンとカレー、冷凍みかん。これは人気メニューだ。

わかめご飯、肉団子スープ、マカロニサラダ。

お客に古き良き思い出をよみがえらせる。

試食してみた。

揚げパンときなこ:これはドーナツみたいだけどもっと軽くていい。

冷凍みかん:冬に凍らせて、夏に食べる。これは美味しい!子供たちが好きなのも分かる。

バナナミルク:ミルクにフレーバーを溶かして飲む。すごくおいしい!

オーナーは、「お客さんがありがとうと言ってくれてうれしい。」と語る。

栄養だけでない。アレルギーも給食チェックに必要だ。

毎朝栄養士が用意した食材のアレルギーを調べ、校長がチェックする。

食事を作る際にも注意が必要。例えば、卵アレルギーの場合は、卵以外の食事を作ってから卵の入る食事を作る。

教師に深刻なアレルギー症状の対処法の講習もある。給食を安全に安心して食べるために努力をしている。

アレルギーにしても、その生徒が他の物は食べれるようにしているし、アレルゲンを知る教育にもなるようにしている。

日本の給食システムはスムーズだ。これは将来的に維持していけるのだろうか。

中西さんは言う。「調理師の数が減っているため、ロボットの導入も議論されています。でも、全部は無理だと思うし、食事には愛が必要です。給食が機械だけで準備されることはないと望みたいですね。」


「昔は、給食の調理師は公務員だったため、給料が安定していました。今は会社から派遣されてきているため低賃金で、やりたい人がなかなかいません。給料が上がったら、やりたい人も増えてくるのではないかと思います。」




■引用元
  


SPONSORED LINK 


海外の反応


・日本の学校は生徒にこんなに栄養のあるものを食べさせているなんてすごいね!

・これが日本がとてもきれいなのかっていう理由だと思う。子供のころから生活への教育を受け、責任を学んでいるね。

・とても衛生的でよく管理されているね。

・これは、僕の価値観を完全に覆したよ。驚きだね!

・何で日本は何でもこんなに素晴らしいんだろう。北アメリカでもマナーと食のガイドラインを教えるべきだ。

・日本だけだね!どこの国も日本とは比べ物にならない。

・日本のライフスタイルが素晴らしいものだということに何の疑問はないね。若いうちにこういう教育をしておけば、大人になってもそれができる。

・アメリカよりも大分いいね。欧米諸国でもこういう給食があれば、子供たちはもっと幸せだよ。

・米国の子供たちも、日本に倣ってどうやって食事を用意して、片付けるのか学ぶべきだ。

・米国の給食よりももっと健康的で新鮮だ。すばらしいね!

・給食の量はとても多いと思うよ。僕のところはもっと少なかった。

・僕が食べてた給食はチーズバーガーとかサンドイッチとかだった。これはもっと美味しそうで健康的だね。

・だから日本人の平均寿命は長いんだね。

・アメリカの給食は本当にまずい。こんなランチが食べたかったよ。

・食事にも、お互いにも敬意を払っているね。日本だけだ。とても尊敬のできる心がけだ!



ひとこと


10年以上前のことですが日本のある場所で給食のおばさんと納入業者が結託して空注文出して宙に浮いたお金を二人で山分けしてると聞いたことがあります。今はどうなっているのやら

あと聞いたのは給食のおばさんは納入業者と恋愛関係になりやすい。余った食材持って帰って食費ゼロくらいかな


SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK