095eh09uh90u90ue09




SPONSORED LINK 



概要


かなり生々しい:生きたウナギ 蒲焼

ウナギを水槽から出して水の入った袋に入れて持ち運ぶ。

寿司シェフのテラダ ヒロユキ氏にウナギの調理を見せてもらおう。

ウナギをまずまな板に載せる。なんと暴れて逃げ出してしまった。

これをまな板に戻して、まずは頭を切り(完全には切り落とさない)、氷水に入れて血を出す。

ウナギを出して、ぬめりをとるために塩をまんべんなくかける。

皮をしごいてぬめりを取り、洗う。

また塩をかけて、同じことを繰り返す。

半分取れかかった頭を軸にして、釘をさす。

背側から切って、開く。

まだ動いている。筋肉が緊張した状態だ。

尾まで切ったら、頭に戻ってさらに完全に開いた状態に切っていく。

完全に開いたら、背骨を取っていく。

血を拭き取る。

頭から切り離して、三等分に切って出来上がりだ。

これを今回はガスの上で焼く。

塩と胡椒で白焼き。とても弱火で。

そのあと、たれを塗ってさらに焼く。

出来上がりだ。

かなり頑丈なウナギだったので、皮はやはり固いが味はおいしい。




■引用元



SPONSORED LINK 


海外の反応


・興味深いね。ウナギは大好きでよく食べるけど、どうやって調理されているのか知らなかったから。

・うわー、頭を切った時思わず倒れそうになった!

・傷に塩を塗ったみたい・・・!

・これはショッキングだ!

・ウナギの逃げっぷりがすごいね。

・掴めないで落とすって、どれだけ滑りやすいのかな。

・もう一匹のウナギが、最初のウナギに何が起こったのか見るとすぐに逃げ出した。頭脳があって分かっているみたいだね。

・釘を刺すってびっくりだ。

・ウナギの逃げ方に笑ってしまった・・・!

・大分イメージと違ってたけど、どう調理されるのか分かって面白かったよ。

・ごめん、、ちょっと刺激が強すぎた。

・淡水魚の生きたウナギを米国で手に入れられるの?びっくりだ。

・従来の方法は、ガスでなくて炭火で焼くんじゃないかな。

・動物虐待だっていう人がいるけど、そうやって僕たちは生きているんだからね。

・ちょっと見ていてウナギに悲しくなったけど、でもやっぱり食べるのは好き。




ひとこと


食べてみて美味しけりゃ過程がどうでもよくなるのは万国共通


SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK