83u89wuhuw0u09u09u



SPONSORED LINK 



概要


日本は銃による死亡をほとんど排除 ーその方法とは

日本は1億2700万人の人口を持つ国だが銃による死亡が10件を超えることは滅多にない。

文化もその一因だが、その銃規制が主な理由だ。


日本での少ない銃在庫にアクセスするための試験を受ける志願者は、長いリストに載せられる。

銃規制については大きな発砲事件があるたびに議論される。最近では10月1日に起きたラスベガスの発砲事件で、容疑者はホテルの部屋から野外コンサートに向けて発砲し、58人が死亡し数百人が怪我をした。


一体、米国はこのようなことが起きるのを防ぐためにどのようにすればいいのだろうか。

米国と全く同じ国はないわけだが、いくつかの国は銃規制の成功例を挙げている。日本はその一つで、1億2700万の人口を持ちながら銃による死亡は年間10を超えることが滅多にない。


「銃が導入されて以来、日本は常に厳しい銃規制を守ってきた」と英国の擁護団体であるAction on Armed Violenceの幹部Iain OvertonはBBCに語った。 「銃法を制定した最初の国であり、銃が実際に民間社会に関与しないという基盤を築いたと思う。」


規制に関する規制

日本の銃による死亡の抑制は、その歴史と密接に関連している。第二次世界大戦後、平和主義が日本の哲学として浸透した。警察も1946年に米軍が銃を製造した後、銃を携帯し始めた。 1958年の時点で、日本の法律には「銃や刀を所持してはならない」と書かれている。


政府はそれ以来法律を緩めてはきたが、日本が銃の禁止という立場から法律を制定したという事実は重要である。 (第2条が銃を所有することを許可している米国に対して、これが日本との違いの主な要因の1つだ。)


日本で銃を所持したい場合は講習に通い、筆記試験に合格し、射撃範囲試験で少なくとも95%の精度を達成する必要がある。その後、病院で精神の健康検査を受け、政府による犯罪歴の調査や友人や家族へのインタビューというバックグラウンドチェックをパスしなければいけない。


ショットガンとエアライフルのみを購入することができ、拳銃は買えない。そして3年ごとに講習と試験を受けなければならない。


日本はまた、流通中の銃の数が少なければ死亡者も少なくなるという考えを受け入れている。各都道府県は最大3つの銃販売店を持つことができる。新しい弾倉は空の銃を交換することでのみ購入できる。銃の所有者が死亡した場合、親族はその銃器を明け渡さなければならない。


信頼の文化

この結果、市民も警察もほとんど銃を振り回すことはできない。

職務を離れている警官は銃器を携帯することは許されず、容疑者との対面には武術や棍棒などの組み合わせが必要だ。日本での致命傷とは、一般的に刺殺だ。日本では銃の死亡事故は年間を通してほとんど見られない。


日本の銃規制は権威の尊重と相まって、米国よりも民間人と警察の関係をよく調和している。それは鶏と卵のようなものだ。警察が人々に半致命的な力を使用することを選んだ際にも彼らが撃たれる恐れはあまりない。これはまた、人々は自分自身を武装する必要性をあまり感じないということだ。


一方、米国には、武器や装甲車を使用する軍用化された警察が増えている。また、人々(そして人々と機関の間)の間の、広範な信頼はより小さい。これらの要因が結びついて、常に恐怖の文化が刃を向けているように見えるのだ。


日本のアプローチは、アメリカの銃文化に直面すると受け入れには厳しいが、米国の顕著な特徴となっている無文別な暴力を統率するための出発点を提供することができるかもしれない。



■引用元



SPONSORED LINK 


海外の反応


・日本人は小さい頃からとてもよく躾けられていて、家の恥になることはしない。これは日本だからよく機能するのかもしれない。

・日本は米国のような2条を持っていないんだ。このレベルに行くには相当な時間と完全な転換が必要だ。

・日本人はその長いリストに並んで待つだけの忍耐力がある。そして同時に、自由を持つ私たちとも違う。いろんな点で違うんだ。

・日本は島国だから、一度規制したら持ち込みにくいけど、他の国では完全に国境を隔てることは難しい。

・これは聞いている分に真実にしては良すぎるよ。米国人に同じことを期待するのは酷な話だ。

・日本とアメリカはいろんな点で違い過ぎる。銃規制だけが答えではないと思う。

・既に広く普及しているものを禁止するのはとても大変だと思うよ。

・他の国から学ぶことは常にあるはずだね。

・日本がどうやって来たのではなくて、米国の憲法と米国人の銃依存が問題だ。

・僕は銃廃止論を強く信じているから、この記事に賛同するよ。銃規制の先進国だと思う

・米国の警察が恐れられるのは、その過剰な力ゆえだ。軍隊化を止めるべき。

・悲しいことに、この方法をコピーしたところで人々の行動とマインドをコピーすることはできない。日本人はとてもよく自己規制ができる人々だ。それができない国ではこれは実現しない。

・イギリスも銃規制があって民間人が持てる銃の数は少ないけれども、犯罪による死亡事件は米国とそんなに変わらない。銃がないからと言って、犯罪による死亡が少なくなるとは限らない。

・スイスはほとんど誰もが銃を持っているけど、殺人事件は少ない。文化はかなり影響すると思う。

・そうだ、私たちは日本から学ぶべきだ!



ひとこと


昔の田舎の人はよく銃を持ってたものですが今ではすっかり見なくなりましたね
玄関先に鴨が置いてあるとテンションが上がったものです


SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK