80w40buwoirboijio



SPONSORED LINK 



概要


アジア人観光客が急増している大阪


ここ数年思いもよらぬ観光客ブームに大阪はてんやわんやしています。商業が盛んで賑やかでフレンドリーな大阪や関西のイメージがクールな東京と違って東北アジアの人々に人気が出てきています。


このブームは経済に大きな影響を与え、デューティーフリーのデパートは2016年に比べて8月までの時点ですでに60%以上も前年比を超えています。

大阪では失業率が4%まで大幅に下がり、多くの会社が16%も売り上げを伸ばしています。これは東京や全国どこに比べても高い数字です。


日本全国で観光業が盛んになっていますが、ほとんどの功績は大阪がもたらしています。およそ1000万人の外国人観光客が2016年には大阪を訪れています。過去5年のデータを比べ、全国平均が188%上昇のところ大阪は363%とおよそ2倍差が出ています。他のデータによると2017年6月の時点ですでに530万人が大阪を訪れています。このアジア人観光客ブームはLCCの大阪直行フライトの増加が背景にあります。


大阪の中では南側にある心斎橋エリアが特に人気です。心斎橋の大丸は今年の3月から8月の間で110億円をデューティーフリーで売り上げ、日本全体のデューティーフリー売り上げの28%を占めています。


「この観光客ブームは人口減少により伸び悩んでいたショップやレストランに大きな成長のチャンスを与えてくれています。」と日本銀行の江藤取締役は言います。


大阪は昔から商業の中心として栄え、江戸時代多くのビジネスが大阪から生まれました。この商業魂が中国人にとってとても魅力的なのだと上海出身の経済学者リュウさんが教えてくれました。

「中国人観光客はただ買うだけでなく、購入までにどんな経験ができるかを重視します。なので大阪がとても好まれるのです。」


大阪心斎橋のショッピングエリアはとてもエンターテインメントにあふれています。食べ歩きはもちろん、お店や屋台の人とおしゃべりをしたり、目の前で調理するところが見れるなど、他の地域とは違った味があります。


マカオから来た67歳の観光客は既に7-8回大阪を訪れているそうです。大阪は食べ物、文化、買い物といろんな顔を持ち、東京ほど忙しくないのでリラックスできるのが魅力だそうです。


大阪は現在2025年の世界万博の開催地への立候補と日本で初めてカジノ建設を計画しています。この実現によりさらに大阪がアジア人観光客でにぎわいそうです。



■引用元



SPONSORED LINK 


海外の反応


・観光客がお金を使って経済を回してくれるのはすごくいいことだね。でも観光客のマナーの問題とか、地元にとっては改善しなきゃいけないことも多いはず。





・大阪は関西の中心地だから東京にはいきたくない人にとって絶好の都市だと思う。それに大阪の人たちはみんな親切で面白いから行きたくなる理由はわかる。





・2年前に難波の商店街を歩いたけどすごくよかった。今はあそこも中国人観光客でいっぱいなんだろうな。





・大阪でリラックスできる?大阪の梅田エリアは東京と同じくらい忙しい街だと思うけど。もっと都会でリラックスしたいなら私は福岡をお勧めするな。





・僕の日本で一番のお気に入りだよ。2014年に行ったときは大阪独特のヘアスタイルがあったけど今もあるのかな。





・一番初めに大阪に行ったときはすごく感激したけど、今は観光客がいっぱい過ぎて魅力が半減してて悲しい。





・大阪に行くたびにこの光景を見ているよ。ホテルはほぼ満室だし、道を歩けは観光客が値切りをしてる。





・心斎橋、難波エリアは夜に行ったらもっと面白い。





・大阪でのショッピングは他の都市と違って私は好きだな。





・大阪大好きだから観光客が多くても絶対また行きたい。





・前に行ったのがもう20年位前だから、今の大阪がどうなっているかそろそろ行ってみたいな。





・僕の知っている人が日本に旅行に行くとほぼ全員大阪に行っているからね。そりゃ人気の街なんだと思うよ。





・日本のすべてが大好きだけど、納豆だけは受け付けられない。





・大阪の観光業の成長はまだまだ止まらなさそうだね。





・2月に大阪に行くよ。道頓堀やUSJとか行きたいところいっぱい。




ひとこと


空港から街が近いのは強い!東京不便過ぎ


SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK