86t87gxdyuchuijvghhvjh



SPONSORED LINK 



概要


日本に緑でなくて青信号がある理由

私たちのほとんどはダッシュボードを見れるようになるより前に学ぶだろうー赤なら止まり、緑なら進める。簡単だ。しかし、緑が青を意味する文化に住んでいるとどうなるだろうか?

日本をドライブして回れば、おそらくこの国の神秘的な青信号の一つにぶつかるだろう。この島国のどこにでも、明らかに青緑色、ターコイズ、アクアカラーである「進」信号がある。 「この信号は壊れているのだろうか?」と思うかもしれない。 Atlas Obscura氏が指摘したように、答えは電信にはなく、日本語にある。

何百年も前、日本語には黒、白、赤、青の4つの基本色だけが含まれていた。何か緑のものを表現したかったら、 "青"という言葉を使う。このシステムは紀元1000年の終わりごろまで十分に機能した。この頃、 "緑"(元々 "芽"を意味する)という言葉が記述されるようになった。それでも、緑は青の影にあった。この言葉の突然の切替は日本で長く続いていたのだ。

今日でもまだ、青色とされた緑色のものを見つけられる。果物屋が青りんごを売っているが、それは実は緑だと落胆させるものかもしれない。同様に、緑色の竹は青竹と呼ばれ、アメリカでは「緑色」と表現することができる経験の浅い従業員のことを「青二才」と呼ぶ 。

当初、日本の信号は緑色だったので緑色だった。それにもかかわらず、国の公式の交通文書は、緑信号を緑ではなく青と呼んでいた。国際交通法はすべての「進」信号を緑色のライトで表現しなければならないが、日本人の言語学者は、明らかに緑であるのに青という言葉を使い続ける政府の決定に反対した。


政府は妥協することに決めた。「1973年、政府は交通標識が緑色に最も青い色合いを採用することを閣議決定した。厳密には緑色だが、正当に青という命名ができる程度に目に見える青になった。」とAllan Richarz氏はAtlas Obscuraに述べている。

それで、日本は青信号を使用しているように見えるかもしれないが、政府はそれが実際には緑の青い影で、国際的な規制を満たすのに十分に緑色であり、かつ青と呼べるだけ青色であることを保証している。官僚が何も解決しなかったとは決して言わないように。(そして、これに言及している間にも運転マナーを磨くこと。)



■引用元



SPONSORED LINK 


海外の反応


・これは僕にとっていいかもしれない。色盲だから、夜はどれが光っているのかよく見るために、スピードを落とさなきゃいけないんだ。

・僕の国にも90年代は青に見える信号があったと記憶してるけど、違うかな?

・色盲の人は緑がよく見えないことが多いから、このルールは逆にいいんじゃないかな。

・日本に行ったけど、中にはもっと青色に近い色をしている信号もあったよ。

・こんな理由があったんだ。天気予報とかの関係なのかと思ってた(Weather Channelにこの記事が載っているので)。

・僕は緑より青が好きだから、ここでも青信号にすることに賛成!

・まあどっちにしろ、ちゃんと信号は守って歩くなり運転しよう。

・色盲の人が日本で運転したら、混乱しないかしら?

・この考え方は面白いね。為になった。

・青、つまり冷静、行ってよしってことかな。

・緑を表す言葉がなかったなんて面白いね。

・書類を変えるんじゃなくて、信号を青にするんだね(笑)

・東京に行った時の信号は明るい緑に見えたよ。でも子供たちは青と呼んでいて、混乱した!

・政府が単に公式文書に古来より使っている単語を使い間違えただけ?

 

・アメリカでも日の強いところは、時々緑がよく見えないから、これに倣って青っぽくするのもいいと思う。



ひとこと


小学校でも議論になる


SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK