87t78t768ttcdgygyuvh



SPONSORED LINK 



概要



孤独死清掃業で働く日本人女性


東京都板橋区、交通量が多い道路に面したガレージで、みゆさんは今日の仕事を終えました。寒い2月の夜、ガレージの隣には掃除用具、元居住者の遺品がグリーンのトローリーと「ToDo-Company」とみゆさんが所属する会社名の入った段ボールがたくさん置かれていました。この遺品たちはリサイクルまたは販売されるそうです。


みゆさんは当時24歳でToDo-Companyという遺品清掃業の会社で働いていました。依頼の多くは孤独死の方の遺品整理です。


高齢化が進む日本では老人の一人暮らしが増え、それに伴い孤独死の数も増えています。みゆさんは10人いる従業員の中で唯一の女性、20代です。


「私は主に孤独死の方のお宅の清掃をしています。」と入社2年目のみゆさんは答えてくれました。彼女が清掃する家は平均で死後1-2か月発見されなかった方のお宅が多く、最長8か月発見されなかったお宅もあったそうです。ほかにも病院で亡くなった独り暮らしの方、殺人、自殺があった部屋の掃除もするそうです。遺体が移動したあとに彼女たちは部屋の隅々まで掃除をし、遺品を整理します。



安らかにお眠りください


みゆさんによると毎日朝のミーティングから1日が始まります。ミーティングでは今日の役割分担が伝えられ、大体6人体制で現場に向かい、3時過ぎに終了します。1件の清掃は30~50万円に設定されているそうです。


みゆさんは清掃だけでなく、トラックの運転、遺族とお話したりと、すべて初めから終わりまでこなすそうです。


みゆさんはお宅に入る前に祈りを捧げるそうです。それは亡くなった方の魂がなにか後悔があるかもしれない、そんな思いからくる行動だそうです。彼女はいつも「安らかにお眠りください」と祈っているそうです。


働き始めてまず初めにタフな仕事だと思ったそうです。グロテスクなものを見る可能性もあります。遺体はなくとも髪の毛や遺体の一部などが残っている場合があるからです。また体力も必要です。彼女の中で最も難しいのは遺族とお話することだそうです。


孤独死のお宅は生活感が残っていて、殺人や自殺があったお宅は重い空気が流れているそうです。


夏になると匂いで遺体が早く見つかるのでより忙しくなります。昨年は90件も依頼があったようです。


みゆさんが過去にあった案件の写真を見せてくれました。マットの上に残った人型、白骨化した猫、使い終わったお箸がそのまま残ったシンクの写真などがありました。トイレで亡くなった方のお宅を掃除するときは、敬意をこめて花束をトイレに供えるそうです。


「掃除している間、そんな人が住んでいたのか、どんな生活を送っていたのかをよく想像します。家族が故人のことをどう思っていたかも考えたりします。コインや切手などクーポン、ビニール袋など集めている人が多くいます。また家族からの依頼で写真や何か特別なものを探したりします。」


清掃が終わるとお花を供え、お線香を焚き祈りを捧げます。清掃によってお宅がリセットされ、故人にお別れをいうのだそうです。ご家族が参加される場合もあります。

「遺族から遺品の受け取りを拒否されるととても悲しくなります。遺品の中には思い出が詰まったものもあるはずなので、遺族にできる限り引き取ってほしいです。」


みゆさんは依頼がどんどん増えているといいます。実際に現在約4000社の遺品整理業者があります。

「年々人とのつながりが薄くなり、その結果孤独死が増えているんだと思います。」



見える家族の絆

はじめみゆさんの母親や恋人はこの仕事に反対していました。しかしみゆさんは私は何も悪いことはしていないという考えを貫き、理解を得たといいます。彼女はまだ他の女性スタッフにあったことがないといいます。そのためか女性である彼女が現場に行くと驚かれるそうです。


「初めてお宅を訪れた時、家に入る前になにかおかしいと思いました。」室内にはぼやけた人型が床に残っており、孤独死があったのだと実感したといいます。しかし関係者は何も起こっていないといい、孤独死という事実を隠そうとしていました。この経験から孤独死を隠す遺族もいると学んだそうです。


「ご家族の一人が亡くなったのにまったく興味を示さない人をたくさん見てきました。遺品には見向きもしないのに、お金が見つかるとそれだけ全部持っていくんです。孤独死はお年寄りだけでなく、誰にでも私にもあり得ることなんです。」


あるケースでは20代の女性がペットと孤独死をしていたそうです。

「犬は玄関で死んでいて、口を開けてこちらを見て、明らかに助けを求めている表情でした。近所の人によると犬は狂ったように鳴いていたそうです。犬には何が起きているか分かったいたのでしょう。

彼女のお父さんの話も心が痛みました。お父さんは娘さんをとても厳しく育てたことを後悔していました。でも私は何もできず、自分の力不足を実感しました。」


孤独死の多くのケースで、家族や社会とのつながりが薄く誰にも助けを求められなかった故人が多いとみゆさんは言います。孤独死はひとりで寂しく人生の最後を迎えます。みゆさんの仕事は家族の絆を明らかにしています。


「死んでしまったらその人に対してしてあげられることが何もなく、失ってその人の大切さに気付くんです。その後悔の前に家族や社会としっかりコミュニケーションをとってほしいです。」


■引用元



SPONSORED LINK 


海外の反応


・彼女は普通の人が顔をそむけるような事実にしっかり向き合っていてすごいと思う。





・孤独死ほど寂しいものはないね。いいサービスをしていると思うけど、孤独死の数が減ることを僕は望むな。





・日本では死後も死者の記憶は残るって考えがあるんだよね。だからどんな時も敬意をもって対応するんだと思う。お供えでお水やお米を仏壇に置いたりするのもそれが理由。





・みゆさんは故人にも遺族にも幸せをもたらしていると思う。





・ドイツで同じような仕事をしているカップルの記事を読んだことがあるよ。故人を尊重するのは私たちが得た文化革命の価値だと思う。





・興味深い内容だけど、時々ちょっとそこまで知りたくないこともあった。ひとの繋がりが年々薄くなっているのはどこでも同じだね。





・孤独死を防ぐために自分の子供がいたほうがいいって思う。





・アメリカでも同じようなサービスがあるよ。でも悲しいことにへそくりを探そうとする人がいるんだ。





・もし自分が孤独死になりそうだったら、死ぬ前に自分ですべてを整理してから旅立ちたいな。





・孤独な人々が繋がれるようなアプリとかサービスがあったらいいのにね。





・日本で孤独死が増えているということが興味深い。





・犬の話が一番心が痛んだ。動物は言葉が話せないから残酷だよね。





・この世で一番心が病みそうな仕事だなって思う。





・どうやって孤独死って見極めるんだろう。





・すごく美しい心を持った女性だね。こういう人がまだ世の中に居るって知れてよかった。



・彼女は普通の人が顔をそむけるような事実にしっかり向き合っていてすごいと思う。





・孤独死ほど寂しいものはないね。いいサービスをしていると思うけど、孤独死の数が減ることを僕は望むな。





・日本では死後も死者の記憶は残るって考えがあるんだよね。だからどんな時も敬意をもって対応するんだと思う。お供えでお水やお米を仏壇に置いたりするのもそれが理由。





・みゆさんは故人にも遺族にも幸せをもたらしていると思う。





・ドイツで同じような仕事をしているカップルの記事を読んだことがあるよ。故人を尊重するのは私たちが得た文化革命の価値だと思う。





・興味深い内容だけど、時々ちょっとそこまで知りたくないこともあった。ひとの繋がりが年々薄くなっているのはどこでも同じだね。





・孤独死を防ぐために自分の子供がいたほうがいいって思う。





・アメリカでも同じようなサービスがあるよ。でも悲しいことにへそくりを探そうとする人がいるんだ。





・もし自分が孤独死になりそうだったら、死ぬ前に自分ですべてを整理してから旅立ちたいな。





・孤独な人々が繋がれるようなアプリとかサービスがあったらいいのにね。





・日本で孤独死が増えているということが興味深い。





・犬の話が一番心が痛んだ。動物は言葉が話せないから残酷だよね。





・この世で一番心が病みそうな仕事だなって思う。





・どうやって孤独死って見極めるんだろう。





・すごく美しい心を持った女性だね。こういう人がまだ世の中に居るって知れてよかった。



ひとこと


漫画で見たとおりで内容でした。デススウィーパーだったかな


SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK