68t87t78t78t87t87



SPONSORED LINK 



概要


巨大ロボット対決:アメリカVS日本


大きな拳を突き出した赤いロボットが突進して、もう一つの巨大ロボットをパンチで倒す。

鳥の顔を持つロボットが腕に付けたチェーンソーで相手のロボットを切りつけるー


アメリカと日本が、巨大ロボットのタイマン対決を行いました。


アメリカのロボットの名前は、アイアン・グローリー。4.5mの身長で重さ6トン。武器は、キャノンとミサイルランチャーです。対する日本のロボットの名前はクラタス。身長約4m、6.5トンの体重です。武器は一撃の拳と、関節のある手。そしてサブマシンガンです。


戦いは3ラウンド。9月に人のいない廃工場で行われました。その時の映像は今週、ゲーマー向けライブストリーミングとして人気のプラットフォームであるTwitchで放映。


1ラウンドはアメリカが敗北しましたが、激しい戦いの末、彼らは最終的に勝利を収めました。


それぞれのロボットを作った会社は、その製作に約2年間を費やしてきました。

アメリカはメガボッツ、日本は水道橋重工という会社です。




■引用元



SPONSORED LINK 


海外の反応


・日本は何をしてるんだ・・・?君たちにはガンダムがいるじゃないか・・・!!





・これはなかなか激しいな・・・!





・こういうロボットを発明する価値はあるな。すごいなあ。





・ロボット戦争が現実化する日も近いな。





・これは、やばい!!!!すごい戦いだ!





・昔描いていた未来がここに!!





・こういうロボットがそのうち戦争で使われそう・・・。





・どっちのロボットもかっこいいね。





・これは、新しい次元に行ってるな。





・リアルトランスフォーマーだね。





・う~~~ん、才能とお金の無駄使いのような気がするわ・・・。





・すげえええ。大迫力。





・ハルクバスターが出来る日も近いな(笑)





・リアルガンプラ!!!!かっこいい❤❤❤




・こういう機械にお金を使うよりも、途上国に道路を作ったり、水を綺麗にしたり、薬を送ったりするほうが有意義なように思ってしまった・・・。





・パシフィック・リムが現実に起きるかもって、みんな考え始めてると思うよ。





・いつか、こんなロボットたちが、家や町を壊しちゃうんじゃないか!??なーんて・・・。



ひとこと


もっと派手なの見たいです


SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK